2019/3/21~4/3 六義園 枝垂れ桜と大名庭園のライトアップ

東京都のイベント情報


2019/3/21~4/3 六義園 枝垂れ桜と大名庭園のライトアップ3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年3月21日 ~ 2019年4月3日

文京区本駒込6-16-3 六義園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

六義園(りくぎえん)には国の特別名勝に指定されており、高さ約15m、幅は約20mに及ぶシンボルともいえる「しだれ桜」があります。
この「しだれ桜」を期間限定の夜間ライトアップを日没から開催します。
やわらかい春の日差しに包まれた姿とも違った夜間の荘厳な姿も楽しむことが出来ます。
滝のように流れ落ちる花の様子が圧巻です。
開園時間を21時まで延長し、しだれ桜はもちろんのこと、松の迫力ある枝振りや石組をライトアップし、幽玄で幻想的な景色で皆様をお迎えします。
3月下旬になると庭園正門近くのシダレザクラが満開になり、桜の本数約40本(ソメイヨシノ、シダレザクラ)もあります。
例年期間中訪れてくる観光客は約20万人です。

期間  平成31年3月21日(木・祝)~4月3日(水)9時~21時(最終入園は20時30分まで)
名称:六義園 「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」ライトアップは日没~21:00
入園料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下・都内在住・在学の中学生は無料
※16:30以降については、来場者の安全確保のため、立ち入り制限される区域があります

最寄り駅
・JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」 徒歩7分
・都営地下鉄三田線「千石駅」徒歩10分
※ライトアップ期間中は駒込駅から徒歩2分の「染井門」が開門します。

https://www.tokyo-park.or.jp/english/park/detail_08.html#rikugien

目的季節の花,桜花見,私は芸術が好きだ,観光
最寄り空港/駅駒込駅 (約0.4km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

小石川後楽園と並ぶ、大名庭園。

徳川綱吉から譲られた土地に作られた庭園。当時およそ7年かけて造られたものを、およそ200年を経て、明治時代にはいり、三菱財閥の岩崎家に買い取られたそうです。このあたりの歴史については、園内の立て看板に詳細に記載されてます。

正門と、染井門がありますが、駒込駅からは断然染井門が近い。
そこを敢えて、正門まで歩いてゆくと、道々に駒込の味わい深い店が立ち並んでいるのでそれも散策として楽しいです。

正門に入ると、園内の歴史をいろいろと記述した看板がサービスセンターにあります。ここで下調べしてから回るのも良いでしょう。

(オススメポイント)
1.渡月橋(藤代峠)
何といっても一番の絶景でした。2枚の大岩の下に半円の岩があり、それが池面に映ることであたかも満月のうえを渡っているようです。
11月下旬には紅葉も綺麗で、抜群のスポットといえます。

2.ツツジ茶屋
ツツジの樹を柱にした茶屋(休憩所)で屋根がわらぶきとなってます。明治時代に岩崎家が造ってから戦災を奇跡的に逃れたそうです。ツツジの樹の繊細で綺麗な柱が慎ましさを感じさせ、周りの風景とも相まって綺麗にみえます。
夜の部では立ち入り禁止ゾーンらしく、昼に行くことをお奨めします。

3.山陰橋
この辺りには水辺と、モミジが良いコントラストで見えてきます。白鳥やカモが生息しており、よい写真スポットです。

4.しだれ桜
正門すぐにあります。秋冬に訪れてもその雄大さは伝わってきます。
六義園には春も来たいと思わせる枝ぶりです。

5.0過去 1 週間以内

季節の味わいが心を和ませてくれます。
散歩もよし、日向ぼっこもよし、友人との未来談義もよし…。

渡月橋に立ち、陽が落ちていく様子を身体で感じる。
その淡い感じが私は大好きです。

四季折々の楽しみかたあり、モデルとなった和歌山の和歌の浦に思いを馳せるもよし…。
今は梅の香りですね。

5.01 週間前

紅葉のシーズンに初めて行きました。
マスコミに取り上げられ、話半分の気分ででかけました、ななんと都会でこの自然そして紅葉。尾瀬までのバスの車窓からの紅葉にはかないませんが充分見応えあります。
日没のライトアップはなんとも幻想的で最高!

4.01 か月前

枝垂桜はお見事。一度は見る価値があります。庭園としても良く手入れされています。
一方で、桜があちらこちらで満開。という風景ではないので、一度行けばとりあえず満足できそうな感じでもあります。

4.01 か月前

小さい頃から、好きでよく行っていた庭園です。
緑も多く大きな池もあり落ち着きます。
ただ、有名になり過ぎちゃったのか桜の時期などは
人が多過ぎて入れなかったりするようですね。