2019/3/21~4/3 六義園 枝垂れ桜と大名庭園のライトアップ

東京都のイベント情報


2019/3/21~4/3 六義園 枝垂れ桜と大名庭園のライトアップ3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年3月21日 ~ 2019年4月3日

文京区本駒込6-16-3 六義園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

六義園(りくぎえん)には国の特別名勝に指定されており、高さ約15m、幅は約20mに及ぶシンボルともいえる「しだれ桜」があります。
この「しだれ桜」を期間限定の夜間ライトアップを日没から開催します。
やわらかい春の日差しに包まれた姿とも違った夜間の荘厳な姿も楽しむことが出来ます。
滝のように流れ落ちる花の様子が圧巻です。
開園時間を21時まで延長し、しだれ桜はもちろんのこと、松の迫力ある枝振りや石組をライトアップし、幽玄で幻想的な景色で皆様をお迎えします。
3月下旬になると庭園正門近くのシダレザクラが満開になり、桜の本数約40本(ソメイヨシノ、シダレザクラ)もあります。
例年期間中訪れてくる観光客は約20万人です。

期間  平成31年3月21日(木・祝)~4月3日(水)9時~21時(最終入園は20時30分まで)
名称:六義園 「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」ライトアップは日没~21:00
入園料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下・都内在住・在学の中学生は無料
※16:30以降については、来場者の安全確保のため、立ち入り制限される区域があります

最寄り駅
・JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」 徒歩7分
・都営地下鉄三田線「千石駅」徒歩10分
※ライトアップ期間中は駒込駅から徒歩2分の「染井門」が開門します。

https://www.tokyo-park.or.jp/english/park/detail_08.html#rikugien

目的季節の花,桜花見,私は芸術が好きだ,観光
最寄り空港/駅駒込駅 (約0.4km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

六義園は、秋は紅葉、春は花見、とても楽しめる公園です。入場料はかかるものもお安いのでぜひオススメですここのしだれ桜は有名です。春には絶対見た方がいいです。ただし期間限定なので、事前に開演時間を確かめた方が良いです。
秋の紅葉の時も同じように期間限定なので、開演時間を確かめてお楽しみください。
ライトアップが今年はカラーのライトだったので、桜がよりピンクに見えたりしました。
今回夕方から夜にかけて観ました。夕焼け空夜空に向かう薄暗い風景が桜にマッチして良い写真が撮れました。ぜひ季節の変化や夕方の景色の変化などを楽しみながら、六義園を散歩してはいかがでしょうか、とっても楽しいと思いますよ。

5.01 週間前

垂れ桜が満開の季節に間に合わなかったが、それでも桜は味わえる、ピンクの椿が多くの箇所でそれぞれの輝きを増している。雨の時にも植物の息づかいが感じられる。職場かそはになったので出社前によることができ、一回300円の入場料ではなく、年間1200円のパスを購入した。これからくるツツジの季節が楽しみだ

2.02 週間前

躑躅(ツツジ)としだれ桜で有名な歴史ある公園です。しだれ桜のライトアップ時間になると人混みもピークになり、庭園前の道路の先までかなり長い行列ができ何時間も並ぶことになります。晴れた春の朝に静かに散歩するのであればなんとかゆっくりお花を楽しめますが、あまりに人が多すぎてその他の時間は全くおススメできません。
人混みの中有名な桜を見るより、田舎の広い公園で満開の桜をゆっくり楽しむ方が自分にはあっているようです。

4.03 週間前

桜の季節はライトアップして、夜も楽しめるようになっています。個人的には桜は青空に映えると思っているので、昼間に見てみたいです。
正門近くの大垂れ桜のほか、少し歩きますが、奥にも立派な垂れ桜があり、こちらはライトの色が変わるので、雰囲気も変わります。
正門近くに百円返金コインロッカーがあるので、正門から忘れずに帰れるのであれば、利用すると手ぶらで散策が楽しめます。

4.01 週間前

2019/3/31 19:30頃、夜桜を見に行きました。
色の変わるライトでライトアップされ、夜桜がとても幻想的でした。

人は多かったですが、入場は非常にスムーズに行えました。
並ぶことなくチケットが購入できたのが良かったです。

園内は綺麗に整備されており、照明も明るすぎず暗すぎず、丁度いい感じでした。

飲食のできる場所や物販スペースもあり、楽しめる場所でした。

デートにはピッタリの場所だと思います。
彼女ができたら行きたいです…