3/27~3/28 千躰荒神(せんたいこうじん)春の大祭

東京都のイベント情報


3/27~3/28 千躰荒神(せんたいこうじん)春の大祭2.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年3月27日 ~ 2021年3月28日

海雲寺 東京都品川区南品川3-5-21

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本は古代宗教のようにたくさんの神様がいて、そのうち竈(かまど)つまり台所の守護神である「荒神(こうじん)」の祭りが旧東海道品川宿にある海雲寺にて行われます。
お参りすれば衣食住に不自由しないと、古くから庶民の間で信仰されてきました。
この行事は水と炎の神を祭ることで、家族の安全や繁栄を祈り、厄災(悪いもの)を追い払います。
神様なのに怖い顔をしているのはそのためです。
千躰荒神祭では、荒神堂の中で一日中護摩が炊かれ、当日は「家内安全(家族や一族を守る)」のお守りの授与や、境内から青物横丁駅まで、露店が軒を連ね大勢の参拝者で賑わいます。
お釜の形をした「釜おこし」が名物です。

昔ながらの露店を見て回れば、庶民の生活に根付いた縁日の風景を楽しめます。
古き良き東京の生活の息吹を感じましょう。

海雲寺:東京都品川区南品川3-5-21
交通:青物横丁駅 東口すぐ

毎年春(3月27日〜28日)と秋(11月27日〜28日)には大祭が催され、参拝客でごった返します。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.sentaikoujin.com/

目的お祭り大好き,アクセス良好,パワースポット,伝統民俗,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所,2回目の日本に最適
最寄り空港/駅青物横丁駅 (約0.1km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

のぼりのおかげで中に入ってみたら凄かった。天井画や鶏の絵に打ちのめされる。

4.07 か月前

京急青物横丁駅下りてすぐの場所に鎮座されます。年2回の大祭以外は閑散としていますが台所の竈門神、火防の霊験を司る三宝荒神をお祀りしている寺院です。トイレの神様烏枢沙摩明王堂も境内にありこちらも珍しい神様です。烏枢沙摩明王札を祀ったトイレに入る時は咳払い一回のあとに入るようにと言われます。
烏枢沙摩明王様は眼が見えない神様なので咳払いでこれから入ります!と存在を知らせてから用足しをすると良いそうです。トイレを清潔に保つこともお祀りする条件になりますので効果絶大ですね。

3.07 か月前

通りは人が多いが中に入ったら誰も居ないコロナを忘れてマスクを外したい 気分

5.011 か月前

海雲寺は大田区に長く住む我が家では、昔昔から、火除け、泥棒除け、トイレの御札を毎年頂いて来た、有難い仏様でございます。品川の青物横丁駅すぐで、旧東海道沿いにあります。江戸時代の旅人が往来していた光景が、目の前に浮かぶような霊験あらたかな空気を毎年1は月半ば過ぎ、毎回訪れるたびに感じます。昔は、御札を求め、多くの信者がお参りしていたそうです。とても有名で評判の、御札だったわけです。道に面して、山門があり、古い、黒っぽい大きな本堂。父が足が悪くなってから、私がバトンリレーを致しましたが、今年で3度目。とても良い場所だなあと、感じるように成りました。空気も、風も、光も、邪気がありません。とても風通しの良いところです。高倉健さんの仰っていた、良い風が吹く所ですね。これからも、毎年の押し迫った頃、1年の無事にこちらを訪問できますことが、楽しみでございます。当然毎年御朱印を頂きます。

3.01 年前

江戸三十三観音のお寺です。
品川宿の途中にあります。