2019/2/6~3/31 河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

東京都のイベント情報


2019/2/6~3/31 河鍋暁斎 その手に描けぬものなし3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年2月6日 ~ 2019年3月31日

東京都港区赤坂9-7-4東京ミッドタウン ガレリア3階サントリー美術館

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

河鍋暁斎(かわなべきょうさい:1831~89)は天保2年(1831)、下総国古河(現・茨城県古河市)に生まれた。
2歳のときに家族とともに江戸に出て、7歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始める。その後、駿河台狩野派の前村洞和(まえむらとうわ:?~1841)や、洞和の師・狩野洞白陳信(かのうとうはくのりのぶ:?~1851)に入門し、独立後は「狂斎」と号し、戯画などで人気を博した。
そして、明治3年(1870)40歳のとき、書画会で描いた作品が貴顕を嘲弄したなどとして投獄され、以後、号を「暁斎」と改めた。

国芳の弟子らしくユーモアに溢れ、狩野派らしい実力を兼ね備えた浮世絵師。
本展では、暁斎の画業を代表する名品とともに、参照した古画などを展示します。
「狩野派絵師」としての活動と「古画学習」を軸に、独自の道を切り拓いた暁斎の足跡をたどります。

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし
会期:2019年2月6日~3月31日
会場 :サントリー美術館
住所:東京都港区赤坂9-7-4(東京ミッドタウン ガレリア3F)
開館時間:10:00~18:00(金土および2019年2月10日、3月20日〜20:00)
休館日:火 ※2019年3月26日は18時まで開館
観覧料:一般 1300円 / 大学・高校生 1000円 / 中学生以下無料
アクセス :地下鉄六本木駅8出口直結

目的アクセス良好,シュール&クール,日本についての知識プロ向け,私は芸術が好きだ,観光
最寄り空港/駅六本木駅 (約0.4km) Google Transit

口コミ

4.02 週間前

外も建物内も吹き抜けがあり開放感のある空間にブランドショップやカフェなどの複合施設になっています。
建物の造りや店舗はセンスがよく、ゆっくりショッピングを楽しみ疲れたらお食事やカフェといった贅沢な時間をすごせます。
サントリー美術館で絵画などや富士フイルムで写真展を見ることもできるのでアート好きな人にもおすすめです😁

4.02 週間前

開業から10年ほどたっても面白く、客層が良い。そしてやはり街というか散歩の出来るゆとりと公園、アートが良い。開業時より飲食がチープな感じになってきているがユニオンスクエアなどアイコンになっている飲食が健在で独特ユニーク。ショップもギフトやステーショナリー、インテリアを中心に上質なライフスタイルとクラフト系の提案という開業当初からの軸がぶれていない。
ヒルズや日比谷ミッドタウンと違って普段使いや観光的な使い方向けではないから平日はもとより土日でも落ち着いている。

5.01 週間前

のんびりできるエリアも確保されており、良い空間だと思います。平日はミッドタウンのカードがあれば1時間駐車場無料、ちいさいながら本屋、スーパー、ユニクロ、郵便局ほか飲食店やアパレルもあり快適に過ごせるように工夫されている場所だと思います。ミッドタウンに住みたくなるほどです。

5.03 週間前

毎年、桜の開花時期はmidtown blossomというイベントを開催しています。庭園内に特設ラウンジがあり花見しながらお食事が楽しめます。膝掛け用ブランケットも用意されています。
駐車場は警備員が常駐していて車椅子利用者であることを伝えると専用スペースへ誘導してもらえます。庭園内に一部段差があります。

1.01 か月前

バスは「東京ミッドタウン西」交差点から乗降場に入れます。だいぶ奥まで進むと左側に縦列で停められるバス3台分くらいの乗降場あり。予約などは不要。
乗降場のすぐ脇に照明器具があるので注意。
出口は、真っ直ぐと右折があり、真っ直ぐは信号が2つあるのと道幅が狭いので混む為、六本木通りに出るなら右折がおススメ。