3/3~3/4 深大寺 だるま市

東京都のイベント情報


3/3~3/4 深大寺 だるま市3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年3月3日 ~ 2020年3月4日

東京都調布市深大寺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

東京都調布市、深大寺(じんだいじ)。

深大寺最大の行事深大寺だるま市、正式名「厄除元三大師大祭」が毎年に、紅白の梅の見ごろを迎える3月3・4日に執行されます。
一般の参加者が厄除け(悪いもの)と願いをこめた「だるま」に僧侶によって目を入れて貰う行事が行われます。
入れてもらえる眼が、また独特です。
通常の「目」とは違い、深大寺のご僧侶より、梵(ぼん)字という、インドのサンスクリット語を表す独特の文字で、左目に「阿(あ)」、右目に「吽(うん)」の文字をそれぞれ入れます。
「阿(あ)」は事の始まり、新たな願いのために。
「吽(うん)」は事の終わり、願いの成就や感謝をあらわしています。
住職や寺を支える人々による「雅楽」や「木遣り」などの絢爛豪華な行鉄も見ものです。
深大寺だるま市の最高潮は「お練り行列」と「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」です。
3日、4日両日とも14時より開始されます。
朗々たる謡い衆、神楽衆を先頭にして、高僧が境内を練り歩く様子は、まるで平安時代にタイムスリップしたかのようです。
境内を真っ赤に染め上げる300店以上の露店が、競い合うようにだるまを売りに出しています。
深大寺だるま市でだるまを購入したら、是非ともご僧侶に開眼をお願いしてください、きっとご利益も倍増します。
ほかに温かい食べ物、飲み物の店も豊富にあります、参道から境内までを食べ歩きながら楽しめます。

10万人以上の人々が、境内に押し寄せるように詰めかけるこのお祭りは、江戸時代より脈々と続く由緒ある伝統行事です。
深大寺のだるま市は、群馬高崎、富士とともに「日本の三大だるま市」の1つに数えられるほど知名度の高いお祭りです。

日程:2020年3月3日(火)~3月4日(水)
時間:両日とも9時~19時
だるま開眼受付時間:9時~17時
護摩祈願:10時、11時、12時、13時、14時、15時15分、16時
(各回とも受付は15分前まで)

アクセス:
①京王線調布駅北口からバスに乗り換え、「深大寺」行き(乗車時間約15分)、終点「深大寺」下車  深大寺まで徒歩1分
 「吉祥寺駅」行き(乗車時間約10分)或いは「三鷹駅」行き(乗車時間約10分)、「深大寺入口」下車  深大寺まで徒歩8分
②京王線つつじヶ丘駅北口からバスに乗り換え、「深大寺」行き(乗車時間約15分)、終点「深大寺」下車  深大寺まで徒歩1分
③JR吉祥寺駅南口よりバスに乗り換え、「深大寺」行き(乗車時間約30分)、「深大寺」下車   深大寺まで徒歩3分
 「調布駅北口」行き(乗車時間約30分)、「深大寺入口」下車  深大寺まで徒歩8分
④JR三鷹駅南口よりバスに乗り換え、「深大寺」行き(乗車時間約25分)、終点「深大寺」下車  深大寺まで徒歩3分
 「調布駅北口」行き(乗車時間約25分)「深大寺入口」下車  深大寺まで徒歩8分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】
写真提供:© (公財)東京観光財団

https://www.jindaiji.or.jp/event/darumaichi.php

目的お祭り大好き,シニア向け,伝統民俗,体験,家族向け,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所,買い物,食べ歩き
最寄り空港/駅調布駅 (約1.8km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

東参道でバスを降りると、深い緑と“不動の滝”から流れるせせらぎに招かれて、心ときめきます。
武蔵野の面影残す豊かな自然に囲まれ、縁結びのパワースポットと言われるだけに参拝者はあとを絶ちません。その中に中学生らしき男の子たちが参拝していて、どんな大願を拝んでいるのだろうと、微笑ましくなりました。
深大寺は開創1300年、関東屈指の古寺。湧き水豊かなこの地に、水神を祀ったのが起源とされています。
東日本最古の国宝仏「釈迦如来像」が釈迦堂に安置されて、一見の価値アリです。
弁天池には、春の陽光を浴びて鯉が悠々と泳いでいました。
参道には、茶屋や土産物屋が点在して、一軒一軒味わいが異なり、この辺りを歩くのも楽しみです。
早春のいち日、のどかなひとときを過ごしました。

5.01 か月前

奈良時代に起源を持つ古刹です。
緑の豊かな立地で門前街には深大寺そばを提供するお店が並んで賑わっています。特に毎年3月に行われるだるま市が有名。境内の裏には神代植物公園もあり半日くらいは散策を楽しむことができます。最寄り駅から徒歩では行くことができませんが、京王線の調布駅かつつじが丘駅、もしくは中央線吉祥寺駅と三鷹駅から路線バスが出ています。深大寺行きに乗車すると門前街の前に到着するので便利です。

3.01 か月前

東京都下の寺院では浅草寺に次ぐ歴史を有する古刹です。しかしながら江戸時代末期の火災で山門を除く伽藍のことごとくを焼失したため建築物に見るべきものはありません。国宝の白鷗仏は釈迦堂と名付けられた収蔵庫に収められていますが、ガラス越しの拝観なうえ脇侍はよその寺院の収蔵品のレプリカです。白鷗仏そのものも中宮寺の菩薩半跏像、向源寺の十一面観音立像のごとく、これだけのためにわざわざ参拝するほどの魅力に欠けています。首都圏にお住いの方であれば、日帰りでさくっと参拝して帰りに名物の蕎麦でもいただけばそこそこの満足は得られるのでしょうが、新幹線ないしは飛行機の距離であればがっかりするかもしれません。
公共交通機関でのアクセスは調布駅からのバスが便利です。同じ京王沿線には高尾山、高幡不動などの名所があり、調布から深大寺近くを通ってJRの吉祥寺に至るバスもあります。井之頭弁財天はすぐ近くです。それらとあわせての参拝するのがお勧めです。

5.02 か月前

偶然に祭りの日で賑わいのある時でした。深緑の多い地の中にある天台宗のお寺です。お参りをして御朱印をゲット😊😃散策も楽しく綺麗な空気を満喫👌深大寺蕎麦のお店があります!極めつけはゲゲゲの鬼太郎のお店で土産や休憩ができます!鬼太郎.ねずみ男.ねこ娘などと記念📷をどうぞ😆👍➰

5.02 か月前

調布駅からバスで20分ほど。創建から1300年以上のかなり歴史あるお寺。門前町にはお蕎麦屋さんなどが沢山あり、10分ほどの距離には温泉もあります。なかなか雰囲気のいい所です。毎年3/3、3/4は深大寺だるま市が開かれかなりの人で賑わいます。このだるま市は日本三大だるま市に数えられるとか。
境内含め周辺を散策したら2、3時間は過ごせますよ。

因みに自宅の超近所w