2018/11/3 浅草寺 白鷺の舞

東京都のイベント情報


2018/11/3 浅草寺 白鷺の舞3.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年11月3日 ~ 2018年11月3日

浅草寺 東京都台東区浅草2-3-1

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

浅草寺の寺舞のひとつ「白鷺の舞」。
見事に白い鷺の装束をまとい舞う、美しく優雅な行事です。
浅草寺では、春と秋の年2回「白鷺の舞」が行われます。
江戸から東京になって百年目の記念に奉納された踊りで、浅草寺の春と秋を飾る行事になりました。
神仏の言い伝えに基づき、厄災を追い払う白い鷺の美しく舞い降りる姿を表現しています。
随従する総勢約40人「武者(武士)」や「楽人(がくにん=楽団)」、地元の子供達による「守護童子(しゅごうどうじ)」、白鷺の衣装を着た踊り子8人が、優雅な笛、太鼓の調べにあわせて白い羽を広げ、舞い踊りながら一巡します。

開催場所:浅草 浅草寺(台東区浅草2-3-1)
2018年11月3日 土曜日
開催期間 2018年11月3日  11:30、14:30(予定)
1回目:[伝法院を午前11:00出発→仲見世→浅草寺本堂]午前11時30分より本堂前西側広場にて奉演
2回目:[伝法院を午後2:00出発→オレンジ通り→雷門通り→雷門→仲見世→浅草寺本堂]午後2時40分より本堂前西側広場にて奉演

交通アクセス
地下鉄銀座線・地下鉄都営浅草線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス「浅草駅」下車

http://taitonavi.jp/enjoy_detail.html?no=101

目的アクセス良好,神社・寺,観光,買い物
最寄り空港/駅浅草駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

先日伺った時は奉納おおわらじが新しく綺麗になっていました。浅草寺迄の参道は相変わらずの賑わいで、観光地と言う感じですが、一歩横にそれると静かに見学出来ます。浅草寺内の本堂天井画は、行ったら必ず見た方が良いと思います❗
それと、夜の浅草寺もスゴく良い感じでした。

5.01 か月前

浅草寺は、東京都台東区にある都内最古と言われる寺です。国内有数の観光スポットで、内外からの参拝者と観光客が多数訪れ、雷門から仲見世通り、境内に至るまで、様々な国の言葉が飛び交い、連日にぎわっています。

浅草寺山門の雷門は右左に風神雷神像が立ち、門の中央上から「雷門」と書かれた赤い大提灯が吊り下げられています。この雷門周辺は、雷門をバックにスマホ撮影をする観光客がごった返し、人力車の車夫たちがその観光客たちを呼び込む声が辺りに響いて本当ににぎやかです。

仲見世通りのにぎわいは、週末などはまっすぐに歩くこともままならないほど。そんなときには、一旦仲見世の裏側の通りを楽しむこともおススメします。

参拝のあとはホッピー通りへどうぞ。煮込み通りとも呼ばれるこの通りには昼から飲める大衆酒場が軒を連ねています。

浅草寺の雷門は最寄りの東京メトロ 銀座線浅草駅1番出口から徒歩数十秒の場所です。 銀座線は渋谷から浅草までをつなぐ路線で、渋谷-浅草間には、青山・原宿に行ける表参道駅、銀座駅、日本橋駅、アキハバラの末広町駅などがその間にあります。
表参道駅から明治神宮までは歩くことも可能な距離ですので、浅草寺を参拝したあとに銀座線に乗って表参道駅で下り、原宿散歩で明治神宮を訪れ、そのあとファッショナブルな表参道をブラリ。夜はポップな渋谷あるいはハイセンスな銀座を楽しむなんてことも簡単です。
こんな交通アクセスのよさが浅草寺参拝客(観光客)増大の一因になっているように思います。

5.01 週間前

国内/国外を問わず、常に観光客で賑わうお寺であり、国の重要文化財でもあります。
東京都内最古の寺で、第二次世界大戦の空襲の影響も受けていない。
境内には雷門、仲見世通り、本堂、五重塔、浅草神社などがあります。
5月中旬に行われる三社祭はとても有名です。
夜のライトアップも綺麗で是非見てほしいです。

5.0過去 1 週間以内

東京は浅草のランドマークとして知らぬ人はいない有名なお寺。 千年以上前から人々の信仰を集めるその歴史が存在感そのもの。雷門から仲見世を抜けて境内へ至る通りを歩くだけでも「浅草に来たんだなあ」と思わせる雰囲気に包まれます。週末や祝祭日の日中は、国籍も多様な人々がつくだ煮のように溢れかえっております。「浅草に来たのだからとにかく立ち寄ってみよう」という訳で、それはありがたいお話。夜は仲見世も閉まって人通りもまばらになりますが、その時の日中とは違う妙に静かな様子が私は好きです。

5.01 か月前

子供の頃と変わらないという安心感(笑)
ライトアップもされるようになり老若男女愛されるスポットだと思います。
本来ならお参りする場所ですが観光客の方が多いですね。
せっかくだからお参りしてから観光した方がいいと思います。
お参りの仕方の表示もあるし、あえて神職に聞くというのもいい思い出になると思います。