2018/11/3 浅草寺 白鷺の舞

東京都のイベント情報


2018/11/3 浅草寺 白鷺の舞3.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年11月3日 ~ 2018年11月3日

浅草寺 東京都台東区浅草2-3-1

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

浅草寺の寺舞のひとつ「白鷺の舞」。
見事に白い鷺の装束をまとい舞う、美しく優雅な行事です。
浅草寺では、春と秋の年2回「白鷺の舞」が行われます。
江戸から東京になって百年目の記念に奉納された踊りで、浅草寺の春と秋を飾る行事になりました。
神仏の言い伝えに基づき、厄災を追い払う白い鷺の美しく舞い降りる姿を表現しています。
随従する総勢約40人「武者(武士)」や「楽人(がくにん=楽団)」、地元の子供達による「守護童子(しゅごうどうじ)」、白鷺の衣装を着た踊り子8人が、優雅な笛、太鼓の調べにあわせて白い羽を広げ、舞い踊りながら一巡します。

開催場所:浅草 浅草寺(台東区浅草2-3-1)
2018年11月3日 土曜日
開催期間 2018年11月3日  11:30、14:30(予定)
1回目:[伝法院を午前11:00出発→仲見世→浅草寺本堂]午前11時30分より本堂前西側広場にて奉演
2回目:[伝法院を午後2:00出発→オレンジ通り→雷門通り→雷門→仲見世→浅草寺本堂]午後2時40分より本堂前西側広場にて奉演

交通アクセス
地下鉄銀座線・地下鉄都営浅草線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス「浅草駅」下車

http://taitonavi.jp/enjoy_detail.html?no=101

目的アクセス良好,神社・寺,観光,買い物
最寄り空港/駅浅草駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

とにかくいつ行っても混んでいますが、食べ歩いたりぷらぷらしたり凄く楽しいです。
私の一番のオススメは仲見世の舟和の焼き芋羊羮です。バターで焼いた焼きたてが店の横で食べられます。
人力車もオススメです!!値段は1人1500円~ですが夜に乗ると景色もいいですし浅草の知らなかった話や探していたお店もみつかったりと楽しいです。

5.0過去 1 週間以内

表参道雷門 松下幸之助さん赤い大提灯 仲見世から宝蔵門 魔除け巨大わらじ 正面本堂お参りし今年初めのおみくじ 一番ビックリです。日頃の功徳の心掛けお陰様 感謝です。お参り終え本堂出れば 五重塔とスカイツリーが目の前両脇に 過去と現代の歴史対象建造物に時代の変化が 取り残されているのは私自身
そして本堂横の影向堂にて御朱印授かり心清らかな一日になりました。

4.01 週間前

浅草名所七福神めぐり♪
大黒天 浅草寺

七福神も残すところあと 2つ。
矢先稲荷神社からは 徒歩10分ですが、歩き疲れて ヘトヘトなので、
すぐ近くにある 東西めぐりん26番バス停 松が谷から バスに乗って。

賑わっている雷門、お正月らしい飾り付けで 華やかな仲見世通り。

表参道は人が集まり強いエネルギーが通っている場所。のんびり お土産を見たり、買い物したりして 楽しく参拝すると運気上昇間違いなし。

宝蔵門、五重塔、手水舎、観音堂、裏観音、影向堂、その他。見どころ&パワースポット満載。

今回、目に止まったのは、宝蔵門に掲げられている真新しい大わらじ!!
このわらじは、村山市楯岡荒町の町内会がおよそ10年に一度奉納していて、平成30年10月21日に奉納された8代目!!
掲げられている大わらじは、片方長さ4.5メートル、幅1.5メートル、重さ500キログラム。
これは、浅草寺宝蔵門の仁王様の力を表し、「このような大きなわらじを履くものがこの寺を守っているのか」と驚いて魔が去っていくと言われている。
うんうん びっくりするくらい 大きなわらじなので、まじまじと見てしまった。

さて、
七福神の黒大黒様をお参りし、御朱印もいただき、七福神めぐり最後となるお隣りにある浅草神社へ。

5.02 週間前

子供の頃、家族でよく行きました。
今は、たまにしか行かないので
外国人が多く、スカイツリーも間近に見えて
変わったなぁと思うけど、子供の頃怖かった風雷神も、立派な境内もそのままで懐かしい。
仲見世も色々あって、見てるだけで楽しく
食べ物は、花月堂のがメロンパンが行列が出来てました。定番の舟和の芋羊羹も人気があります。

5.02 週間前

国内/国外を問わず、常に観光客で賑わうお寺であり、国の重要文化財でもあります。
東京都内最古の寺で、第二次世界大戦の空襲の影響も受けていない。
境内には雷門、仲見世通り、本堂、五重塔、浅草神社などがあります。
5月中旬に行われる三社祭はとても有名です。
夜のライトアップも綺麗で是非見てほしいです。