2018年4月14日(土) 第16回浅草観音うら(裏)一葉桜まつり「江戸吉原おいらん道中」

東京都のイベント情報


2018年4月14日(土) 第16回浅草観音うら(裏)一葉桜まつり「江戸吉原おいらん道中」4.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年4月14日 ~ 2018年4月14日

一葉桜・小松橋通り(浅草5丁目) 柳通り(浅草4丁目)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

江戸開府400年を記念し、浅草観音うら地域の沿道に一葉桜(八重桜の一種)を植樹したことをスタートした「浅草観音うら・一葉桜まつり」では、美しく咲く一葉桜の並木通りで、小学生によるパレード、街角ステージショー、地元町会女性部による模擬店、フリーマーケットなどが開催され、大変賑わいます。

奥浅草と言われる吉原地区では、桜の季節にお祭りの目玉は毎年4月第2土曜日に「江戸吉原おいらん道中」が行われます。
このパレードは江戸時代の遊郭の文化の一つである、無形財産「おいらん行列」を再現しました。江戸情緒を現代に伝える華やかな催しとなっています。
歌舞伎などでもおなじみで最高位の技巧を凝らした着物、髪型、調度品なども見ものです。
※おいらんとは・・最上級ランクのコールガールとされますが、その実態は文化・芸術などに通じた、最も尊敬されるセレブレティであり、エンターテナー性とアクトレス性を兼ね備えた、美と芸術と文化の象徴です※
約30㎏の衣装に身をつつんだ太夫(たゆう=おいらん)が、吉原伝統の外八文字を描きながら一葉桜が咲き誇る一葉桜小松橋通り往復800mの道のりを、振袖新造(ふりそでしんぞう)、禿(かむろ)などのお付を引き連れて練り歩きます。

開催日程:平成30年4月14日(土曜日) ※雨天時は翌15日(日曜日)に順延
開催時間:10時 ~ 16時
開催場所:一葉桜・小松橋通り(浅草5丁目) 柳通り(浅草4丁目)
料金:無料
夜桜ライトアップ:なし

一葉桜・小松橋通りへは、
・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩10分
・東武スカイツリーライン 浅草駅 徒歩10分
・都営地下鉄浅草線 浅草駅 徒歩12分
・つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩5分
・東京メトロ日比谷線 入谷駅 徒歩10分
・都営バス 浅草4丁目・浅草警察署前 すぐ

目的シュール&クール,日本が初めて向け,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光,食べ歩き,2回目の日本に最適
最寄り空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約18.7km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

念のために申し上げますと「あさくさでら」ではなく「せんそうじ」です。
東京大空襲で焼け野原となり、戦後に鉄筋コンクリートの堂宇をチタンの瓦で覆ったサイボーグ寺院として生まれ変わりました。境内と周辺はテーマパークのごとき様相で、古刹に相応しい厳かな雰囲気などありません。数少ない近世以前の遺構のである伝法院は通常非公開で、同じく二天門は勝手口のごとき扱いです。国宝の法華経は東京国立博物館に寄託されているのでここにはありません。飛鳥時代の作とされる本尊は、絶対秘仏なので絶対に拝観できません。
ろくなお寺ではないと思いますが、お参りするとすごく楽しいのです。

門前町の賑わいは日本一と言って差し支えないほどですし、周辺には多くの名店があります。皆さん明るく楽しくお参りしていますので、難しいことは考えずに明るく楽しくお参りするのが吉です。
堂宇も鉄筋コンクリート造としては出色の出来映えで違和感はさほどありません。伝法院と二天門は国の重要文化財で、伝法院もちょくちょく公開されています(日程は浅草寺のホームページでご確認ください)。二天門の方にある浅草神社は拝殿、幣殿、本殿の三棟が国の重要文化財です。実は文化財もいろいろとあるのです。
ちなみに浅草神社は「せんそうじんじゃ」でなく「あさくさじんじゃ」です。ややこしいですね。「せんそうじんじゃ」は憲法原理主義者で妄想平和主義者な人たちが好んで使う「やすくにじんじゃ」に対する蔑称です。念のため。
浅草のあたりにはかつての遊郭である吉原のソープランド街があり、小塚原刑場跡があり、江戸時代から木賃宿が軒を連ねていた山谷があります。裏の江戸、裏の東京とでもいうべきディープな名所が点在しています。浅草寺は日本でも有数の観光地ですが、実はありきたりの観光地でないところと隣り合っているのです。
近在の名店、名所へのアクセスの良さもふまえて★四つの評価です。

4.03 週間前

東京に行けば、一度は訪れる浅草寺、仲見世。
仲見世の焼きたてのおせんべいを食べて満足。
焼きたて新鮮なおせんべいは美味しい😋

心身を清めてきました。
あまり知られていない?のかもしれませんが、浅草寺のおみくじは凶が多いです。
今回も凶。
先に不運をやり過ごして年越しには幸運で迎えることが出来るかな?と自分なりの解釈です😅
日本ならでのお土産がたくさんあるので、外国の方には魅力的なのかもしれまさんね。

ただ、人力車の客引きにはドン引きします。
田舎者の観光客と察するや否や、10分は話してきます。
歩いてこちらは移動しているのにですよ😅
なかなか相手も引きません。
断るのが苦手な方は目を合わさないように注意してください。

1.01 か月前

世界的な観光名所の古刹になりすぎて、お寺そのもののありがたみが全然なくなってしまった。一応はお香の煙を頭にかけるけど。観音様アミューズメントパークだと思えばいいのか。並行世界の江戸に迷い込んだようだ。

雷門から仲見世通りはもはや立ち止まることも許されない混雑ぶり。某ネズミランドよりは浅草寺に来た回数多いけど、だんだん疲れてきた…(´-`)。年配者にはあまり優しくない。
早朝に参拝するのが心穏やかで一番いいだろうなあと思った。ふはー。ホント混み過ぎ!浅草寺も戦争寺となったもんだと鳩が言う。

外国人旅行者、修学旅行生、はとバスツアー団体さんで境内は埋まるので毎日がお祭り。いろんな言語が飛び交うお寺だ。終戦後に天台宗から鞍替えしたのは何故なんか?は、知りたいところ。

☆ 仲見世通りの裏通りに隠れた名店あり。ここいら辺で食べて、演芸場か花やしきに行くと下町に来た満足度は高まる。ここまでは観光客も徐々に少なくなるから、おでんでワンカップ飲んでるオッサンも安心だろう。
歌舞伎や落語襲名披露のお練りがあるけど行く気分にならない。テレビで十分。

浅草寺は遠巻きに見て心の中で参拝を済ませる方が自分には合っているな。かつては好きな寺だっただけに東京見物の楽しみだった。今回はかなりdisってネーションしてみた。東京五輪で更に観光客が増えるだろうので、暫くは足を向けないことにする。

5.0過去 1 週間以内

◆貫禄の浅草寺(^_^)

仕事の合間に通り抜けました。圧倒的な迫力を感じ、門前町の活気も堪能できました。家賃問題もあったようですが、元々浅草寺でタダ同然に商売してきたのですから、妥当な解決ということでしょう。儲け過ぎはいけません!!

◆近くに来たらパワーをもらいに再訪したいと思います。夜もライトアップされているので、素晴らしい写真をインスタグラムにアップできるのではないでしょうか(^_^)b。

5.04 週間前

「東京の名所。周辺も含めた街全体が魅力満載」

 浅草寺は小学校の頃に遠足で来ただけです。実に30年ぶりぐらいの訪問です。当時の印象は、雷門と煙を頭にかぶるところと仲見世通りくらいです。
 外国人旅行者をテレビで見かけると、浅草寺がよく取り上げられていますが、所詮京都や奈良にはかなわない、その程度の物だと思っていました。
 しかし実際はとんでもなく進化していました。浅草寺だけで言えば、自分が今まで行った高幡不動や寒川神社とかとそこまでの大きな違いはなかったかもしれません。そういうことではなく、浅草寺を中心に、この周辺の街並み一体が素晴らしい観光地になっていたということです。
 すぐ近くにある花やしき、外国人観光客を乗せた人力車、老舗の食事処、スカイツリー。上野公園だってすぐ行けます。まさかこんな状態になっていようとは想像だにしませんでした。下町情緒、江戸情緒を堪能できました。
 特に食事に関しては非常に興味をそそられるお店が数多くあり、ここで食べなかったことを強く後悔しています。いずれ必ず食べに来ます。
 外国人観光客は非常に多く、お国柄も世界中から来ているような印象でした。でも失礼な人には会いませんでした。
 神社仏閣は京都や奈良が全てだと考えられている方は、一度行かれてみることをお勧めします。