4月30日~5月6日 府中 くらやみ祭り2018

東京都のイベント情報

4月30日~5月6日 府中 くらやみ祭り20184.5

このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年4月30日 ~ 2018年5月6日

府中 大國魂神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

府中市の中心に位置する大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)の祭りです。日本の奇祭としても知れているくらやみ祭りは東京都の無形文化財にも指定されています。
本来の神社の行事は深夜に行われることが多く、そのためクライマックスの御輿も以前は深夜に行われていました。
参加者と見学者の安全にも配慮して日暮れ後となりましたが、その勇壮な姿は昔と変わりません。
日本の神様はそれぞれの役割で6つに分かれており、そのうち多摩地区のを武蔵六社と言います、大国霊神社はその中心になる神社です。
神様ののるみこしは全部で8基出ますが、7基の神輿がもみ合うように出て行く姿はとても勇壮です。
日本有数の大きさを誇る大太鼓、山車の巡業などもすばらしいです。
クライマックスは5月5日夕方から行われる神輿渡御ですが、期間中に奉納の舞などの祭りに関わる行事、植木市(フリーマーケット)など、見所もたくさんです。大國魂神社のくらやみ祭りには一週間で70万近くもの人が訪れます。
※新宿から京王線府中駅まで、駅から徒歩5分

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,シュール&クール,世界遺産,友達に自慢できる,家族向け,日本が初めて向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光,超メジャー,2回目の日本に最適
最寄り空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約30.6km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

平成三十年五月一日参拝、この日は祈晴祭があり見に来ました、お祭りの数日間に雨が降らないようにするためらしいです、拝殿の内側で静かに行われてました、神職と巫女以外には氏子代表者の数名でした、自分は拝殿の外から見てて他にも数名見学してました、外まで静けさが響いてました、まさに晴れた日で気持ちの良い日でした、ありがとうございます、莞爾。

そして平成三十年三月三十一日に筍を奉納できました!

平成二十九年四月二十七日木曜日、この日は午前五時頃は雨が降っていた、なので竹の山から筍を掘るのを休もうかと思ったが、午前七時には雨は上がり曇り空になったから、掘りに行くとドッサリ採れた、どこの神社に奉納するかGoogle map の神社を検索したら、喜多見の氷川神社、伊豆美神社、國領神社、布多天神社に目星を付けた、なぜならまだ行ったことはないから参拝して筍を奉納しようと思った、東京の靖国神社の方角の神社は各所に奉納し終えていた、東京五社も大國魂神社に奉納すれば全てに筍を奉納したことになる、当初は大國魂神社は予定になかったが、喜多見の氷川神社と伊豆美神社は境内に竹があったので奉納をやめた、すると筍が六本あまり残った、それは大國魂神社の六宮と合うので奉納することにした、というか大國魂神社の神霊に今日は仕組まれ招かれていたのかもしれないと思えるほど、上手く出来た流れだった。駐車場は正面のパーキングではなく、西側交差点から入ると神社の境内の駐車場に止めることが出来るからお得かもね、境内社にお稲荷さま、水神さま、松尾神社、巽神社、神の白い馬、東照宮、住吉三神社、海軍碑、あめのうずめの社などがあり、もちろん大國魂神社は存在感ありすぎるほど格好良くて、予定になかったと言うけど「お前そんなに筍を各所に奉納してるなら」大國魂神社の神霊が「ここにも届けなよ」と招いたのかなと思いますね、莞爾。

5.02 か月前

当社の創建は景行天皇41年と伝えられ、源頼朝が妻の安産祈願をし、また源頼義と義家が奥州戦に向かう際に戦勝を祈願したなどの伝承がある。境内は多くの社殿からなるほか、重要文化財の木造狛犬を初めとした文化財を多数伝えている。府中本町駅近くの市街地中心部に位置するにも関わらず木々に囲まれており、参道の馬場大門のケヤキ並木は国の天然記念物に指定されている。
例大祭は、東京都指定無形民俗文化財に指定されている「くらやみ祭」であり、関東三大奇祭の一つに数えられている。東京競馬場は何度も行っているのに近くにこんな由緒正しい神社があるとは・・・。

5.01 か月前

悠久の歴史を感じさせる巨木が至るところに点在し、他にはない時間の流れと静寂が、府中の街中に異空間をつくっています。本殿の前に「鶴石」「亀石」があります。探してみましょう。JR府中本町駅から、大國魂神社のこんもりとした森が見えます。歩いて10分くらいです。御朱印も素敵です。

5.04 か月前

官幣小社に相応しい規模で良く掃除が行き届いており、とても綺麗に整備されていました。特に境内の鼓楼が印象的です。

古代、国司は任国内の全ての神社を一宮から順に巡拝していた。この長い巡礼を簡単に行えるよう、各国の国府近くに国内の神を合祀した総社を設け、まとめて祭祀を行うようになった。当社はそのうちの武蔵国の総社にあたる。

当社は府中市中心部に鎮座し、「府中」の市名はかつて武蔵国の国府があったことに由来する。当社の境内地がかつての武蔵国の国府跡にあたり、境内地と市道を挟んで東側の市有地は「武蔵国府跡(武蔵国衙跡地区)」として国の史跡に指定されている。東側市有地は「武蔵国衙跡地区」として整備されており、柱跡が表示されて展示室が設けられている(「武蔵国府跡」も参照)と共に博物館「ふるさと府中歴史館」が設置されている。また、当社は府中宿の中心部近くにあり、大鳥居から武蔵国分寺や武蔵国分尼寺までの道が整備されていた。

当社の創建は景行天皇41年と伝えられ、源頼朝が妻の安産祈願をし、また源頼義と義家が奥州戦に向かう際に戦勝を祈願したなどの伝承がある。

境内は多くの社殿からなるほか、重要文化財の木造狛犬を初めとした文化財を多数伝えている。府中本町駅近くの市街地中心部に位置するにも関わらず木々に囲まれており、参道の馬場大門のケヤキ並木は国の天然記念物に指定されている。

例大祭は、東京都指定無形民俗文化財に指定されている「くらやみ祭」であり、関東三大奇祭の一つに数えられている。

4.04 週間前

境内の宝物殿には例大祭に渡御する御輿のほか、大太鼓や御神宝類を展示しています。『木造狛犬 (玉眼 漆箔)』は、かつて拝殿と本殿の間にあった中門の両袖に相対し神社を守護したもので、捨材の寄木造りで、金箔が施され、鎌倉初期の彫刻家・運慶の作とも伝えられ、国の重要文化財に指定されています。また、正面から北におよそ600mのびるケヤキ並木は『馬場大門のケヤキ並木』として国の天然記念物に指定されています。