2021/4/17~5/5 亀戸天神社の藤

東京都のイベント情報


2021/4/17~5/5 亀戸天神社の藤3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年4月17日 ~ 2021年5月5日

東京都江東区亀戸3-6-1 亀戸天神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

今年は、感染予防対策のため藤まつり・学業講祭について催し物は実施されないが、その分ゆっくりと美しい藤の花を鑑賞できる。

期間中の茶会・お囃子など神賑行事につきましては、時節柄控えさせて戴きますのでご了承下さい。
※温暖化の影響で開花が早まることが予想されます。
※ 本年のライトアップは中止とさせていただきます。
---------------------------------------------------------

4月の下旬から一斉に咲き始める、藤の花。
東京随一の“藤”の名所である亀戸天神で“藤まつり”が開催されます。

薄紫の可憐な花が幾つもの房となり、藤棚から風に揺れる様はとても美しく、「東京一」の藤の名所”と呼び声高いのもうなずけます。

古くか江戸時代から「亀戸の五尺藤」「亀戸の藤浪」などと呼ばれています。
藤の開花時期になると、15棚100株の藤が華麗に花を咲かせる光景は多くの人々を魅了します。
藤棚の下には心字池が静かに広がり、朱色の太鼓橋を背景に水面に映る紫のコントラストも亀戸天神社ならでは。
この美しい藤の花は、江戸の名所として五代将軍綱吉公、八代吉宗公が訪れたという記録があり、また多くの浮世絵などの題材にもなっているという、由緒ある藤でもあるのです。
夜間は藤棚がライトアップされ、昼間の藤とはまた違った「顔」が見られます。
また、亀戸駅から亀戸天神社へ徒歩で向かう途中の、下町情緒あふれるまち歩きも合わせて楽しむことができます。

境内には屋台100店舗なども並び、名物のくず餅、いつものおまつりグルメからご当地の魚介の焼き物など盛りだくさん。
亀戸天神社は、学問の神様である菅原道真公をお祀りする九州太宰府天満宮に対して、東の宰府としての役割「東宰府天満宮」「亀戸宰府天満宮」としての350年の歴史があって、学術に関する祈りをささげるのも良いかもしれません。

入園料:無料
開催期間:2021年4月17日~5月5日  6:00~17:00 ※境内には24時間は入れます
ライトアップ:夕刻~22:00(2020年なし)
開催場所:東京都江東区亀戸3-6-1 亀戸天神社
交通:JR総武線「亀戸駅」・「錦糸町駅」もしくは地下鉄半蔵門線「錦糸町駅」・「押上駅」から徒歩15分

子どもの日「出世鯉の放流」:’神事の後に、小さな鯉を一匹ずつ池につながる滑り台のようなものを伝わせて、心字池に放します。
今まで大事に近くで育てていた子どもを大きく広い世界へ「いってらっしゃい」と見送る親心のような暖かい気持ちになる行事です。
開催時期:5月5日 9:00~ (なし)
初穂料:500円

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的アクセス良好,インスタ映え,グルメ,パワースポット,女性好み,季節の花,家族向け,神社・寺,観光名所,食べ歩き
最寄り空港/駅亀戸駅 (約0.9km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

亀戸駅から徒歩15分ほど。

正式名称は、亀戸天神社(かめいどてんじんじゃ)

*亀戸天神とか亀戸天満宮は通称です。

九州太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」と呼ばれているように、
福岡の太宰府天満宮と同様、
菅原道真を祀り、学問の神として親しまれている。

ご祭神は、
天満大自在天神(菅原道真)
天菩日命(菅原家の祖神)

東京十社に数えられている。

春は梅花に藤の花、秋は菊花—四季折々の彩りは、まさに“花の天神様”というにふさわしい。

撮影日は、4月23日で「藤の花」が見頃でした。

3.02 か月前

JR ・ 総武線・亀戸駅・北口・徒歩15分
JR ・ 総武線・半蔵門線・錦糸町駅北口/  徒歩🚶15分
都バス
亀戸天神前下車すぐ

天満大神(菅原道真公/スガワラミチザネ
天菩日命(菅原家の祖神)相殿に祀る

菅原道真公をお祀る社
下町の天神さまとも呼ばれて、多くの方々に親しまれており
ご本社の九州太宰府天満宮に対して東の宰府として、東宰府天満宮・亀戸宰府天満宮と称されており
明治6年に東京府社となり、、"亀戸神社"と号し
昭和11年に現在の亀戸天神社と正称いたしました。

江戸の大半を焼き尽くした明暦大火の被害による復興開発事業の土地とさだめ、天神様を篤く信仰していた将軍家綱はその鎮守の神様としてお祀りするように現在の社地を寄進されました。
寛文二年10月25日に太宰府の社にならい、
社殿・回廊・心字池・太鼓橋などを営み、
約350年後の今日まで東国天満宮の宗社として崇敬されてまいりました。

江戸時代から、亀戸の五尺藤・亀戸の藤浪として広く親しまれている。
15棚100株の藤の盛りの華麗な美しさが、朱の太鼓橋と心字池の水面とのコントラストによって一段と際立ち、見事さを誇っている。
期間中ライトアップ(日没から0時まで)

5.08 か月前

以前、近くに住んでいたので懐かしい場所です。

3.03 週間前

天満大神の菅原道真、天菩日命は菅家の祖神を奉祀する神社で錦糸町駅から徒歩12分くらい。営業は通年8時から17時までになる。年中無休。春の藤の景観が有名であり、1月の鷽替え神事が有名。鎌倉時代に菅原道真は正直の神様と言われていた名残で1年間ついて来たウソを誠に帰ると言う事から鷽替え神事が行われるが、時代とともに神様としての菅原道真は、室町時代は連歌の神様、戦国時代はお茶の神様、江戸時代は手習いの神様となり、今は、学問の神様になっている。

5.01 か月前

「海ならず たたへる水の 底までも きよきこころは 月ぞ照らさむ」菅公御歌
菅原道真公で知られている亀戸天神社は季節には素晴らしい藤棚も楽しめます。敷地内は朱色の橋がいくつか架かっており、その下には優雅な錦鯉がたくさん泳ぎ、暖かい日には亀が甲羅干しを岩の上でしていたりと訪れる人を和やかな気持ちにしてくれます。また、ここからはスカイツリーも一緒に眺めることが出来、近くには船橋屋という葛餅の名店もあるのでお参りも兼ねたプチ観光が出来ます。
初詣にはおみくじをしますが、烏帽子を被ったお公家様の形をしたおみくじが個人的には好きです。