2020年4月中旬~5月上旬 春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~

東京都のイベント情報


2020年4月中旬~5月上旬 春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~2.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年4月11日 ~ 2020年5月10日

文京区本駒込6-16-3六義園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の更なる感染拡大防止のため、
5月7日以降も当面の間臨時休園となりました。
****************************************************************************************************************************************************


国の特別名勝に指定されている文京区にある六義園では4月は雄大なしだれ桜が有名ですが、中旬以後はつつじが咲き乱れます。

このツツジの見ごろに合わせ、「春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~」と題し、ツツジの特別ガイドやパネル展示など、ツツジの歴史に楽しく触れることのできる催しを開催し、多くの行楽客で賑わいます。
江戸時代を代表する大名庭園(回遊式築山泉水庭園)を彩るように、美しいツツジが咲き誇ります。

江戸時代に起こったツツジの園芸ブームの中心地だった六義園には、古品種のつづじが数多く残っています。
六義園が造られた江戸時代がルーツの古品種を含め、30種千株のツツジが咲き誇り、見ごろは連休ごろまで続く見込み。春の穏やかな陽気の中、鮮やかな赤や紫色に彩られた六義園にご来園ください。
園内には御茶屋(和カフェ)もあり、風光明媚な庭園を眺めながら春の一時をお楽しみください。
入場料:300円
交通:JR山手線 駒込駅,徒歩約7分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

目的アクセス良好,パレード,季節の花,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅駒込駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

ライトアップや枝垂れ桜が有名ですが、ここに行くならその時期を外すべき。
普段のひっそりとした雰囲気を味わうとここが都心だと忘れるほどの
景観と落ち着きのある場所です。
滅多に見かけませんがここをカップルで訪れる20代30代は知能が高そうに見えます。

4.02 か月前

枝垂れ桜がキレイです。でも桜の木は数本しか無いので たくさんの桜の木を見たい人には ちょっとさみしい感じかもしれません。庭園散歩するには良いと思います。旧古河庭園との園結びチケットで両方の庭園に入る事ができます。

4.01 か月前

枝垂れ桜🌸が素敵です。

以下、ポイントです。
※六義園は、徳川5代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。
※「六義園」の名称は、紀貫之が『古今和歌集』の序文に書いた「六義」(むくさ)という和歌の六つの基調を表す語に由来する。
※明治の初年には三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が六義園を購入した。

5.02 か月前

歴史と四季を感じることができる日本庭園。
地元の方や海外の方も多く訪れていました。
園内に茶屋や売店もあるのでお茶や軽食が取れます。
また、年間パスポート1200円であるので、頻繁に訪れたい方にオススメします。
大きなしだれ桜が有名です!

5.03 か月前

いつ行っても、どんな天気でも、どこを切り取っても本当に美しい庭園です。池のほとりの茶屋でお抹茶をいただきつつ、のんびり湖面を眺めるのは、なかなかに幸せです。瀧見茶屋から小さな滝を眺めるのもまた格別で、こちらも時間が過ぎるのを忘れる美しさ。
花の頃や紅葉の頃も良いですが、新緑の季節が、美しい緑が湖面に映えてお勧めです。
広すぎず、狭すぎず、手入れが行き届いたお気に入りの庭園です。