4/14~5/6 春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~

東京都のイベント情報

4/14~5/6 春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~2.6

このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年4月14日 ~ 2018年5月6日

文京区本駒込6-16-3六義園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

国の特別名勝に指定されている文京区にある六義園では4月は雄大なしだれ桜が有名ですが、中旬以後はつつじが咲き乱れます。

2018/4/14~5/6「春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~」と題し、ツツジの特別ガイドやパネル展示など、ツツジの歴史に楽しく触れることのできる催しを開催し、多くの行楽客で賑わいます。江戸時代を代表する大名庭園(回遊式築山泉水庭園)を彩るように、美しいツツジが咲き誇ります。

江戸時代に起こったツツジの園芸ブームの中心地だった六義園には、古品種のつづじが数多く残っています。
六義園が造られた江戸時代がルーツの古品種を含め、30種千株のツツジが咲き誇り、見ごろは連休ごろまで続く見込み。春の穏やかな陽気の中、鮮やかな赤や紫色に彩られた六義園にご来園ください。
園内には御茶屋(和カフェ)もあり、風光明媚な庭園を眺めながら春の一時をお楽しみください。
入場料:300円

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

目的世界遺産,神社・寺,観光
最寄り空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約20.8km) Google Transit

口コミ

5.03 週間前

1695年に、五代将軍徳川綱吉の側用人柳沢吉保が綱吉から賜った地に下屋敷を造り、そこに造成した庭園である。
御殿を六義館、庭園を六義園と称した。
『詩経』の六義(りくぎ)から園名が名付けられている。
江戸初期に完成した桂離宮の庭園の様式を採用した回遊式築山泉水庭園である。
元禄時代の明るいおおらかな気風を反映した江戸大名庭園の代表的なものである。
だそうです✨

4.01 週間前

いつ行っても素晴らしい😃庭師さんの努力のたまものですね。春には枝垂桜で超有名な庭園ですが、他にも歴史を感じる大木が何本もあります。庭園の奥には、どうだんつつじ❓とは思えない年代物のどうだんつつじの林があります。
秋には紅葉狩りができ、夜ライトアップされとてもきれいですよ。

5.03 か月前

写真は先日満開のツツジを狙って撮影してきたときのものです。
ツツジの名所としても大変有名で都内の感性な住宅地の中に
突然現れる大変立派な庭園です。
非常に手入れの行き届いた庭園で、更に作りが非常に立派で見やすい
場所でカメラのフレーミングをし易い、写真や動画を撮影するには
非常にいい場所だと思います。
このときは入りませんでしたが、茶店で抹茶と和菓子を味わうことが出来ます。順路の最後の方にあるお店では土産物を買えたり、うどんの定食を味わうことも出来ます。
約4年ぶりくらいに来ましたが、非常にカメラの構図を決めやすく
歩いていて楽しい庭園でした。
枝垂れ桜の有名な庭園としても知られています。秋の紅葉もライトアップで楽しめたと思います。

4.01 か月前

六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳澤吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。春の枝垂れ桜と秋こ紅葉が綺麗です。その時期は入場に時間がすこしかかります。

5.01 か月前

都会のオアシス‼都内にある日本庭園のなかでも良い感じです。中洲には入れなかったですが、庭園内は雰囲気の良いあずまやや起伏のある外周路などを散策出来ます。
私は70代の叔母を連れて行きましたが、
あずまやで休憩しながら小一時間程で周りました。紫陽花の開花時期でもあったので楽しめました。紅葉の時期も格別とのこです。