2018/4/7~5/6 東京タワー春の風物詩!333匹の「鯉のぼり」と巨大「さんまのぼり」

東京都のイベント情報


2018/4/7~5/6 東京タワー春の風物詩!333匹の「鯉のぼり」と巨大「さんまのぼり」3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年4月7日 ~ 2017年5月6日

東京タワー

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

5月5日に端午の節句が日本中で行われます。
中国の故事を起点とした、鯉が滝を登るさまを模した、鯉幟(こいのぼり)が日本中で飾られます。


東京タワーの春の風物詩の鯉のぼりイベントが、今年も開催されます。タワーの高さ333メートルにちなんだ333匹のカラフルな鯉のぼりと、全長約6メートルの巨大さんまのぼりが、1階正面玄関前に空高くあがります。岩手県大船渡市へ、東日本大震災復興のエールを込め「さんまのぼり」も一緒に空に泳ぎます。

17時から23時の間は、10台のLEDサーチライトにより、鯉のぼりがライトアップされます。鯉のぼりを吊っているワイヤーもレインボーカラーに輝き、昼とは一味違う表情を楽しめます。東京タワーをバックに、壮観な眺めを楽しんでみてはどうでしょう。

https://www.tokyotower.co.jp/event/attraction-event/

目的お祭り大好き,アクセス良好,シュール&クール,子供サイコ―,家族向け,観光,遊ぶ
最寄り空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約12.7km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

東京のシンボル。
国内からも国外からも沢山の人々がきて、ぽわぁーんっと見上げて見惚れます。

朝・昼・晩・深夜に、色んな表情を魅せてくれます。
その美しい曲線で、周りのビル群を圧倒し、どこから撮っても、どこから観ても、絵になります。
美しい、素晴らしい。

東側の芝公園や増上寺から見上げるのが良いかもです。夕焼けを背景にも出来ますし、増上寺との対比も、またよし。

スカイツリーも便利でよいですが、駅から歩いて向かう途中に見え隠れする東京タワーも素晴らしいですよ!ぜひ!

5.0過去 1 週間以内

東京スカイツリーができた後も、大都会東京のシンボルであることは変わりない。いろいろなメディアで何度も目にしてきたはずの人でも、初めて現物を目の前にすれば、誰でもある種の感慨を覚えるはず。少し離れた場所からは、林立する超高層ビルの隙間に、辛うじて赤と白の姿を見つけられることも。
優美な造詣が美しく、特にライトアップされた夜景は見る人の目を惹きつける。今さらわざわざ行かない関東に住む人が語る、『東京タワーが目に入ると、また明日も頑張ろうって気になる』という言葉が印象的。天候と座席次第では、最終便が羽田を発つときに見られる。
中のお土産物売り場が、完全にアジアのインバウンド観光客メインになってしまっているのは何とも味気ない。残念なのは、蝋人形館があった頃に訪れることができなかったこと。大槻ケンヂのエッセイに出てくる、フランク・ザッパを見たかった!

4.0過去 1 週間以内

東京タワーはそのものを楽しむというより、外から眺めるのがイイ感じですかね?以前は蝋人形の館?があり、閉館するというのでその前に行きました。その時はお土産も謎のものが沢山り、見ていて楽しかったですが、今はわかりやすいものに変わりました。
今、館のあった所はアニメの何かになっていた気がします。
外国人や若者向けかな?といった印象です。

5.0過去 1 週間以内

あいにくの空模様でしたが、今月末(2018年9月30日)で水族館が終わってしまうということで、初めておじゃましてみました。行く前にクチコミをチェックして…水槽が並んでいて、その水槽に淡水魚が泳いでいるということで。水槽との距離も近くゆっくりと見て回れてとても良かったです!私的にはとても楽しめました。長い時間、水族館で過ごしました。魚たちの大きさに圧倒されっぱなしで(笑)あんなに大きな魚を近くで見れるのはここが初めてかも⁉️

5.03 週間前

東京タワーは、東京都港区芝公園にある「総合電波塔」の愛称である。正式名称は日本電波塔。1958年12月23日竣工。東京のシンボル・観光名所として知られる。内藤多仲らによって設計された。高さは333m、塔脚の間隔は88.0m。総工費約30億円、1年半に延べ219,335人の人員を要して完成した。トラス構造の電波塔である。