2019/2/16~3/31 水戸の梅まつり

茨城県のイベント情報


2019/2/16~3/31 水戸の梅まつり4.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年2月16日 ~ 2019年3月31日

水戸の偕楽園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本三名園(金沢兼六園、岡山後楽園、水戸偕楽園)のひとつに数えられる梅の名所、日本遺産にも認定されている、日本三名園の「偕楽園」では約100品種3,000本の梅が、早い春の訪れをお届けします。
偕楽園は、1842年(天保13年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(なりあきこう)が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設したものです。
梅まつり期間中の日曜日は観梅デーとして、野点茶会や水戸の梅大使・水戸黄門一行との写真撮影サービス、水戸黄門祭り太鼓演奏などが行われます。
梅の花香る水戸へ、ぜひお越しください!

ライトアップ「光の散歩道」梅が一番きれいな頃にライトアップがあります。
お昼のやさしい梅がライトアップすると少し妖しい感じに変わります。
竹林もライトアップされ、月と一緒に見れたり、幻想的な空間です!
漆黒の闇に梅花や竹が浮かび上がる風景を、ぜひご覧ください。
ライトアップ期間:2月23日(土)~3月21日(木・祝)日没~21:00

梅まつり開場時間:2019/2/16~3/31 6:00~19:00(点灯は18時頃から、※ライトアップ期間閉園時間は21時(偕楽園)
また、梅まつり中のイベントは下記のとおりです。
1. 着物で!観梅着物Day
着物を着て散策しましょう。
当日、会場で着物をレンタルできます。
結城紬の着心地体験もあります。
3月3日(日)10時~15時
場所:見晴広場
レンタル料金:3800円~*男女とも着付け込み

2. 全国梅酒まつり
「日本全国梅酒140種以上飲み比べ」をすることができます。
3月1・2・3(金・土・日)10時~16時 ※3日は15:00まで
時間制限:30分
会場:常盤神社、東門を出て向かい側になります。
チケット前売り:700円(セブンチケットで)当日:800円

3. 夜・梅・祭(よるうめまつり)
友だちやカップル、家族でぜひ出かけたい、おすすめのロマンチックなイベントです。
3月2日(土)弘道館で、偕楽園では3月9日(土)に開催されますが、それぞれに個性が違います。
プロジェクション・マッピング:約10分。繰り返し上映されます。
キャンドルアート:赤やオレンジのキャンドルアートが美しく並べられます。
梅の花の形をしたものもあって明るく幻想的。
ナイト・ウォーク:表門からガイド付きの偕楽園ツアー。
屋台もたくさん:吐玉泉下広場で夜梅屋台村、20時30分まで。
花火も打ち上げ:猩猩梅林で20時40分から。

偕楽園では、梅の季節を過ぎても、春には桜、ツツジ、梅雨には紫陽花、秋の萩など四季折々の花々や緑、広大な自然の風景にこころ癒されます。
【交通】JR常磐線水戸駅下車、水戸駅北口バス乗り場から偕楽園方面バスで約20分。
    ※梅まつり期間中の土・日・祝日、JR常磐線下り線に「偕楽園臨時駅」が開設される予定です(上り線はご利用いただけません)。
    弘道館まではJR水戸駅北口より徒歩約8分
【住所】茨城県水戸市常磐町1-3-3
【入場料】無料

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume.html

目的ここは行っとけ,シニア向け,健康になる,大自然,女性好み,家族向け,日本の冬を感じる場所,桜花見,紅葉,超メジャー
最寄り空港/駅水戸駅 (約2.2km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

陰から陽へ 左に椿、右に桜を構えた好文亭表門から 徳川斉昭公が望んだ「陰と陽の相反する物の調和」を巡った「偕楽園」

100品種3000本の梅が綺麗でした

京都男山から移植した「孟宗竹林」湧水の「吐玉泉」の陰を抜けて、陽の世界は線路を挟み広大な敷地に、これから見られる桜が広がっています
たえ白鳥の住む千波湖は750本の桜が見える丘

そして日本最大国指定天然記念物の桜と好文亭
桜が咲いたとこや好文亭の中も見てみたいなぁ

東門近くには梅スイーツもある美晴亭があり
出て左には常磐神社と右には偕楽園駅

150種が飲める梅酒祭りには行けず

来年マイちょこ片手に行くべ!
4/1〜15は水戸の桜まつりは偕楽園はもちろん市内が桜色に

追記

春には行けず秋に行きました

偕楽園へ

三千本の梅の名所が広日本最大国指定天然記念物の桜と好文亭
白鳥が飛来する千波湖は750本の桜に囲まれています

前に来た時に二層三階建ての好文亭 に行けなかったけど今回は歴史人物と同じ景色を3階 楽寿楼 から眺める事ができて嬉しかった!

東門近くには梅スイーツもある美晴亭があり

千波湖 も美しく散策日和

偕楽園
茨城県水戸市常磐町1-3-3 入園料無料
開演時間 6:00〜19:00 (2/20〜9/30) 7:00〜18:00 (10/1〜2/19)

好文亭
開園時間 9:00〜 5:00 (2/20〜9/30) 9:00〜16:30(10/1〜2/19)
休亭日 12/9〜12/31 観覧料 大人¥200-小中学先¥100-

3.0過去 1 週間以内

偕楽園と云えば水戸光國の隠居場で有名だと思います。梅の花の時期は、素晴らしい処です。一度出かけて下さい‼️観光協会に確認して入らしてくださいませ‼️

4.02 か月前

茨城県水戸市にある日本庭園『偕楽園』に行ってきました。
実は、偕楽園には前にも1度来た事があります。
梅まつりの時期だったので、人が多かった記憶が!
これからの季節だと、もみじ谷ライトアップが、11月初旬から偕楽園拡張部のもみじ谷で行われるので、みなさん要チェックですよ。
9代藩主徳川斉昭公が桜山周辺に秋に色づくカエデやドウダンを植えたという記録があるそうです。
偕楽園の正門に相当する門で、松材が多く使用され松煙色(黒色)となっているため、黒門ともいわれている『好文亭表門』
偕楽園は、水戸徳川藩第9代藩主徳川斉昭(烈公1800~1860)が自ら造園構想を練り、創設したもので、特に好文亭については斉昭がその位置や建設意匠を定めたと言われています。

個人的には、パワーの感じられるスポットなので、みなさんにも行ってもらいたいなぁ~

吐玉泉(とぎょくせん)

このあたりは昔から湧水の多かったところで、斉昭は偕楽園造成に当たり地形の高度差を利用して集水し、造園上の景観を考慮した白色の井筒を据えた湧水泉を設置したそうです。

この水は眼病に効くといわれ、好文亭の茶室何陋庵の茶の湯にも供されました。泉石は常陸太田市真弓山の大理石で、寒水石ともいいます。
現在の泉石は四代目で、昭和62年(1987年)12月に更新したもの。

外人の方々もたくさん見学に来ていました。眼下に広がる千波湖を望む景観は絶景の一言!
また、偕楽園の眼下に拡張した新しい公園は、梅を中心とした田鶴鳴(たづなき)、猩々(しょうじょう)、窈窕(ようちょう)の各梅林、芝生広場の四季の原、水鳥たちが遊ぶ月池などが点在し、広大な風景をゆったりと楽しめるそうですよ。

4.0過去 1 週間以内

★天保13年に、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、孟子の「与民偕楽」民と共に楽しむという趣旨で偕楽園と命名した。
★この趣旨を大事にして、入園無料を貫いています。それでも金沢の兼六園・岡山の後楽園とで、日本三大名園と呼ばれる。
☆好文亭は、梅の別名「好文木」から名付ける。
☆吐玉泉の湧き水で、好文亭のお茶会や野立てに使われました。
☆東西梅林には、100品種3000本の梅が植えられ「水戸の観梅」は有名です。
☆萩まつり・杉林・竹林もある多彩な公園です。
☆千波湖の千本桜も一望出来て、近辺には桜山・紅葉谷・護国神社のアジサイと多彩な公園です。
☆詩人の正岡子規も「余は未だ此の如き艶麗幽遠なる公園を見たる事あらず」と嘆じた。

2.01 か月前

梅の時期は素晴らしいのでしょうが。
紅葉も綺麗とネットで見たので出かけましたが残念な旅でした。近くのもみじ谷は綺麗でしたが偕楽園内にはほとんど見るべき紅葉は見当たりませんでした。
日本三名園というので期待度がかなりでしたが梅林としては良いのでしょうが庭園としてはがっかりでした。
高松の栗林公園の方が庭園らしいと思います。