2021年3月下旬~4月上旬 井の頭恩賜公園の桜

東京都のイベント情報


2021年3月下旬~4月上旬 井の頭恩賜公園の桜3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年3月20日 ~ 2021年4月10日

東京都武蔵野市御殿山1-18-31井の頭恩賜公園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、
 1 禁止する行為
  [1]酒類を伴う宴会行為
  [2] 広場・園地でシート等を広げての飲食
  [3] 野外卓の飲食などによる長時間利用
 2 宴会等を防止する立入禁止措置等
  [1] 野外ステージ周辺
  [2] 井の頭池右岸・左岸
 3 園内を散策しながら桜を観賞いただく場合も、マスクの着用や混雑する時間、場所を避けるなど、感染予防への取組をお願いいたします。
---------------------------------------------
井の頭恩賜公園(井の頭公園)は、1917年開園した伝統ある都立公園です。
この公園は、大正2年に日本最初の郊外公園として決定され、計画的に整備された公園です。

吉祥寺という大繁華街のすぐそばにありながら静寂が広がる、武蔵野・三鷹市民に愛されて来た憩いの場です。
東京ドームの約9倍という広大な土地に咲く桜は見事で、絶好のデートスポットにもなっています。
園内は井の頭池とその周辺、雑木林と自然文化園のある御殿山、そして運動施設のある西園と、西園の南東にある第二公園があります。

井の頭恩賜公園は、実は都内でも有数の桜の名所としても名高く、さくらの名所100選にも選ばれています。
西園にはシダレザクラ、ソメイヨシノ、八重桜など多品種が次々に咲くため、3月上旬から4月下旬まで楽しむことができます。
公園全体で約500本のサクラがあり、池の周囲には約250本のソメイヨシノとヤマザクラが雄大に枝を広げて春の公園を彩ります。
見頃は3月下旬~4月上旬で、池の水面に映る満開のソメイヨシノ、ヤマザクラは息をのむほどの美しさです。
池の水に映えるサクラ、そして花吹雪が水面に散り敷く様は見事で、ボートからの眺めもよいです。
(池周りの一部)ライトアップありです。

公園は駅から近く、すぐ隣に「三鷹の森ジブリ美術館」もありますので、老若男女問わずに賑わいます。
昨年の期間中の人出は66万人となります。

桜が散ると緑に衣替えします。濃い木陰の中、池を巡っての散策やジョギングは気分のよいものです。
また、秋には黄色から赤まで種々の色に染め分けられた葉が美しい風景を見せてくれます。

入場料:無料
住所:東京都武蔵野市御殿山1-18-31
アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的アクセス良好,カップル向け,大自然,家族向け,暇なら寄ったら?,桜花見,観光名所
最寄り空港/駅吉祥寺駅 (約0.7km) Google Transit

口コミ

5.06 か月前

朝はやかったので人あまりいなかったのでのんびり出来ました

4.06 か月前

学校も始まった事もあり人が少なかったので
ゆっくり楽しめました🎵

5.01 か月前

幼稚園の遠足で行ってから
何十~~年‼️

神田川沿いを歩き井の頭公園へ。
4年前に開園100年だそうです。
いつ来ても空気を思いっきり吸い込みたくなるような清々しく気持ちの良い公園です。
公園といえば桜🌸ですが、井の頭にも池の周囲はもちろん遊歩道隅々に春を待ちわびている木々、巨木があります。
日本さくら名所100選に選定されていますからそれはそれは見事‼️です。
池の奥にはお茶の水があり今はポンプで汲み上げているそうですがその一滴が井の頭池から
神田川へそして隅田川に合流して東京湾へと流れる大河の一滴となるんですね。案内板を読み初めて分かりました❗弁財天もあり池にかけられた橋、ボートなどそこにあるだけて癒されるオアシスです。家族連れ、恋人と友と楽しい時が過ごせます。
もちろん夫とも仲よくウォーキング。往復20キロの小旅行となりました。

4.06 か月前

朝は体操をやられている方が多く居られろ又犬のさんぼがおおい

4.04 か月前

大正6年に開園した井の頭恩賜公園は、2017年に開園100周年を迎えました。開園当時は、郊外に位置する公園とされていましたが、現在では、住宅地に隣接する貴重な緑の空間として親しまれています。園内は、井の頭池周辺、雑木林のある御殿山、運動施設のある西園、第二公園と4区域に分かれています。また、井の頭池周辺は低地、御殿山周辺は高台になっており、変化に富んだ景観が楽しめます。

井の頭恩賜公園には、都会の公園でありながら、植栽された樹木のほかにも季節ごとに様々な草木が自生し、多様な環境を持っているため、多様な生き物が暮らしています。公園は、そんな生き物たちを身近に観察でき、自然の仕組みが学べる貴重な場所です。

春は井の頭池の周辺に、約200本のソメイヨシノ・ヤマザクラが咲き誇ります。ボートに乗って、また散策しての花見は最高です。(総本数約400本)
夏はクヌギ・シラカシなどが生い茂る木陰の散策路が涼しく、秋はイロハモミジ・イチョウ・ケヤキなど池面に映るすばらしい紅葉を見ることができます。
冬は公園内のクロマツに添えた雪吊りや、雪景色を楽しめます。