2019/3/23~4/30 高遠さくら祭り 高遠城址公園

長野県のイベント情報


2019/3/23~4/30 高遠さくら祭り 高遠城址公園4.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年3月23日 ~ 2019年4月30日

長野県伊那市高遠町東高遠 高遠城址公園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

かつて馬の姿が桜の花に埋もれて隠れたという高遠藩の桜の馬場。
明治8年、荒れたままになっていた高遠城址を何とかしようと、旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが公園の桜の始まりです。
高遠の桜は、タカトオコヒガンザクラで、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みのある花を咲かせます。
園内には約1,500本もの桜があり、古くから「天下第一の桜」と称され、全国的に有名で「さくら名所100選」にも選ばれています。
樹林は「県の天然記念物」です。
満開時には公園全体が薄紅色に染まり、白いソメイヨシノとは一味違った桜を楽しめます。
見頃は4月上旬~中旬、城址公園がピンクに染まる花のシーズンには、約20万人の観光客が訪れます。

【期間】2019年3月23日公園開き~4月30日
【開園時間】8:00~17:00、最盛期は6:00~22:00(最終入場21:30)
【ライトアップ】4月5日(金) ~ 散り終わりまで、日没(およそ午後6時くらい) ~ 午後10時
【有料期間】開花宣言の翌日~桜の散り終わりまで
【入場料】大人(高校生以上)500円、小中学生250円 ※ 当日中は何回でも再入園可能
【アクセス】公共交通機関:JR飯田線 伊那市駅又は伊那北駅下車 バス25分→徒歩15分 車:中央自動車道 伊那ICから 15km 30分(諏訪ICから 31km 50分)

https://takato-inacity.jp/h31/takatoh_sakuramaturi_no_goannnai

目的ここは行っとけ,女性好み,家族向け,桜花見,食べ歩き
最寄り空港/駅伊那市駅 (約9.3km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

長野県・伊那を代表する全国的に有名な桜の名所。

高遠町は江戸時代から高遠藩の城下町として栄えた。今でも街の随所にその面影を残している。
ここが桜で有名になったのは明治以降。現在も残る高遠閣(休憩所)が完成し、城址公園として整備された。

ここの桜は他に類を見ない、ソメイヨシノより赤みを帯びた「タカトオコヒガンザクラ」という希少種。小ぶりながらも密度が高く、ライトアップされた夜桜も美しい。
カメラに撮っても映える色調のため、特に南アルプスの残雪との組み合わせは写真愛好家から定評である。

桜シーズンは毎年4月上旬〜5月上旬。かなりの混雑のため、駐車場の位置は伊那市のホームページを参照すること。近年は開花が早い年も多く、2019年のGWは既に葉桜となっていた。

近隣には歴史博物館、美術館等があり、時間に余裕があれば立ち寄りたいスポットだ。

5.01 週間前

桜の名所です。満開の時は、山全体がピンク色になって、遠くからでもとても綺麗に見えます。
中は桜を初めとしていろんな木が植えられていて一周回ると2時間ぐらいはかかります。
駐車場が少ないので早めに行くのがいいと思います。

4.0過去 1 週間以内

100名城に選ばれています。
現存する建物はほとんどありませんが、深い空堀など地形を活かした縄張りが印象的です。
桜の名所として有名です。

3.02 週間前

グランドゲート?側の駐車場から上がりました。石畳を歩いて行くと橋(桜雲橋)があり入ると本丸です。園内は広く桜の木が沢山あって、お花見のシーズンはとても良いだろうなと思いました。梅雨時期の17時も過ぎた頃でしたので、虫も多くジメジメしていましたが、雲さえなければ景色も良い場所だと思います。
南ゲートを抜け少し下ったところに美術館や歴史博物館がありました。

5.03 か月前

行った時は5~6分咲きなのと混雑を避けて朝7時頃に着いたので公園に隣接する駐車場にすんなり停める事が出来た。市内に多数駐車場はあるが、遠いので早朝に着くのが、
お勧め。寒いので防寒の用意は必須です。
桜はヒガンザクラが先数百本との事でかなり綺麗で良かった。高台にあるので市街地を見下ろす形での桜は絶景でした。