4/19~4/20 天下の奇祭・古川祭

岐阜県のイベント情報


4/19~4/20 天下の奇祭・古川祭4.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年4月19日 ~ 2021年4月20日

飛騨市古川市街地(JR飛騨古川駅すぐ)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

令和3年の「古川祭」は、新型コロナウイルス感染の拡大状況を考慮し、皆様の健康と安全を守ることを第一と考え、誠に残念ながら、気多若宮神社において役員のみによる神事を行い、他の祭事(御神輿巡行、屋台曳行、起し太鼓執行)は中止とさせていただくこととなりました。
-----------------------------------------------------------------------------

全国の33件「山・鉾・屋台行事」のひとつとして「ユネスコ無形文化遺産」に登録がされ、全国に名を馳せる古川祭は、町内にある気多若宮神社の例祭で国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事です。
この祭は、神社での神事、古式ゆかしい「御神輿行列」が中心となって、"動"の「起し太鼓」と"静"の「屋台行列」が二大祭事として加わり、三つの行事群により4月19日、20日の2日間に渡って盛大な時代絵巻が繰り広げられます。

古川祭の最大の見所の「起し太鼓」。
起こし太鼓は日本三大裸祭りの1つです。
数百人のさらし姿の裸男たちがかけ声とともに櫓をかついで、飛騨古川の町並みを巡行します。
この起し太鼓は、もともと祭が始まることを知らせるために太鼓を叩いて町内をまわったことから始まったとされています。
目覚まし太鼓ともいわれるこの風習は、各地であったといわれておりますが時代の変化とともに起し太鼓へと変化していきました。
この大太鼓の上で太鼓を叩く主役ともいわれる「太鼓打ち」は、この氏子たちの憧れでもあります。
この大役は、一生に一度しかできない特別なものなので、思いを込めて叩く太鼓の重厚な音は、体の奥底に響きます。

豪華絢爛な屋台行列は、各屋台ごとに装飾の見所があります。
それぞれに飛騨の匠の技が光る装飾が施され、飛騨古川の町並みを曳行する姿は圧巻です。
9台の屋台のうち、青龍台と麒麟台はからくりを披露します。
青龍台のからくりは、福禄寿の肩にかけた梯子を唐子が登り亀が鶴に変わる、大津絵「外法の梯子剃り」を題材とした巧妙な糸からくり、亀が鶴に変わるところは必見です。
麒麟台のからくりは、かわいい唐子人形が謡曲「石橋」に合わせて花籠を捧げ、獅子舞をかぶって舞うと、五色の紙片が美しく飛び散る優美なからくりです。
白虎台は子供歌舞伎が行われ、子供たちが「橋弁慶」を一生懸命に演舞する姿は多くのお客さんを魅了します。

随所に飛騨の匠の技が施された屋台の曳行、子供歌舞伎、からくり、御神輿行列など、古川祭は見どころがたくさんあるんです。

観光スポット「瀬戸川と白壁土蔵街」は色とりどりの鯉が約1,000匹泳ぐ飛騨古川を代表する観光スポットです。
メイン会場となるまつり広場から徒歩すぐにあります。
また、大ヒット映画「君の名は」に一部イメージとして登場した場所をめぐるモデルコースもありますのでそちらもぜひ参考にしてください。

開催日:毎年4月19日~20日
開催地:気多若宮神社(岐阜県飛騨市古川町上気多1297)
    まつり広場(古川町壱の町15-15)
    飛騨市古川町市街地
交通アクセス (1)飛騨古川駅から徒歩で5分でまつり広場に、15分で気多若宮神社に到着
       (2)東海北陸自動車道飛騨清見ICから車で30分
       (3)北陸自動車道富山ICから車で90分

写真提供:飛騨市観光協会

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

https://www.hida-kankou.jp/event/15/article/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,スリル満点,一生の記憶に残る,友達に自慢できる,男性好み,観光名所,超メジャー,2回目の日本に最適
最寄り空港/駅飛騨古川駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

古川の歴史がよくわかり、それを守っておられる地域の人々の思いを知ることが出来ました。新しく建てられたばかりで綺麗です丁寧に説明をしていただけました。

5.01 週間前

ここへ来てとてもいい体験ができました。とても感動するまつりですね。

5.02 か月前

動と静の祭りのよさ。近くの、武者人形は是非とも見ておきたい一見の価値大いにあり。

4.03 か月前

マンホールカードもらえます。お土産も売ってます。(入館料払わなくても良い)

4.08 か月前

2020年11月
半地下に屋台を展示する為にエレベーターがあるそうです。
ただガラスの枠が田の字になっていて少し残念でした。
神楽台は回転していたので、全体が良く見えました。
触れるカラクリ人形や、祭の日の食事や会所の様子を再現した展示が興味深い。