2019/5/17~5/19 浅草三社祭

東京都のイベント情報


2019/5/17~5/19 浅草三社祭4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年5月17日 ~ 2019年5月19日

浅草神社 東京都台東区浅草2-3-1

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

浅草三社祭(あさくささんじゃまつり)は、東京都台東区の浅草神社で毎年5月に行われる初夏の風物詩。
非常に活気がある東京一のお祭りとして、神田祭・山王祭と並んで、東京を代表するお祭りです。
正式名称は「浅草神社例大祭」と言います。
浅草三社祭は浅草神社(三社さま)の祭礼です。
浅草神社の御祭神が土師真仲知(はじのまつち)、檜前浜成(ひのくまはまなり)・武成(たけなり)という3人の神様であることから、“三社大権現(だいごんげん)”と呼ばれたことが由来です。
例年人出人数は200万人にも上ります。

2019年5月16日(木):午後7時 本社神輿神霊入れの儀
2019年5月17日(金):1日目にお祭りのオープニングを飾るのは、お囃子屋台、金棒・鳶頭木遣り、びんざさら舞、白鷺の舞などが浅草の町を歩く大行列です。
“びんざさら”は郷土舞踊などに使う楽器のことで、はくはん、ささら、ささらぎとも言います。
チベット発祥の楽器で「振り動かすと音を出す木」という意味です。
三社祭で奉納されるびんざさら舞は、この楽器を使用した舞いで、浅草が誇る無形文化財。
五穀豊穣、商売繁盛、子孫繁栄を願って奉納される古式ゆかしい舞いです。

2019年5月18日(土):三社祭2日目に行われる町内神輿連合渡御は、祭のメインとも言える威勢のよい行事。
浅草神社の氏子44ヶ町の町内神輿、大小約100基が担がれます。
浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、一基ずつ浅草神社でお祓いを受けた上で、各町会へ繰り出す様子は江戸っ子らしい威勢の良さが見ものです。
各町内の神輿が勢い良く競り合う場面も、毎年話題となる名シーン。
“火事と喧嘩は江戸の華”東京っ子の血が騒ぎ出すこの季節に、江戸のいなせな男衆の晴れ舞台が力強く華やかに開催されます。

2019年5月19日(日):クライマックスに登場するのは、朝6時に浅草神社の3基のお神輿。
浅草神社におまつりしている3人の神様の御神霊を1人ずつお乗せして、氏子各町内を渡御します。
神輿をわざと荒々しく揺さぶるのは「魂振り(たまふり)」と言い、神輿に乗っている神様の霊威を高めて、豊漁豊作、悪霊退散のご利益があるんだそうです。
宮出しは三社祭の華で男達の魂が昇華する瞬間でもあります。
法被に鉢巻姿の男衆が汗をほとばしらせ、掛け声を威勢よく放ちながら心意気をぶつけ合います。
大地を揺るがすような迫力と熱気に、観客も含め会場全体が興奮のるつぼと化します。

日程:2019年5月17日(金)~5月19日(日)
会場:浅草神社、浅草寺
最寄駅:浅草駅

http://www.asakusajinja.jp/english/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,一生の記憶に残る,男性好み,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅浅草駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

久しぶりに浅草に来ていた。
ここは仁王門。
浅草寺といえば「雷門」が有名だ
が、実は仲見世通りの先にある通
称仁王門こと「宝蔵門」の方が豪
華で立派であった。ここは12脚門。
雷門から仲見世も凄い人出だった
が、・・・当たり前か境内もとて
も賑わっていたが、どうして人が
こんなにも集まるの。
浅草は、昔から浅草寺中心に栄え
月一の参拝後の芝居小屋や遊郭が
それにつれて増えていった。
現在のインバウンドはに於いては
地道のSNS発信によるものが大き
いという。外人にとって古いニッ
ポンと新しいニッポンが体験出来
る地でもあるらしい。
本堂も凄い人手になっていた。
これは手短に参拝済ませよう。
そういえば、隅田川で仏像がみつ
かり、その仏像を御本尊・秘仏と
して祀ったのが浅草寺だが、「聖
観音世音菩薩」は、拝見出来るの
かな。

5.02 週間前

雷門、仲見世、本堂、五重塔、宝蔵門など見所が満載です。全部よく見て周るとなるとボリュームが凄いですが、上の5箇所は必ず行きたいですね。
このお寺は地方のとは全く違って、煌びやかな観光地って感じがしますね。
慈悲深いと言われる観音様がおられるお寺らしく、賑やかで良いですね。

5.02 か月前

浅草寺は、東京都台東区にある都内最古の寺です。国内有数の観光スポットで、内外からの参拝者と観光客が多数訪れ、雷門から仲見世通り、境内に至るまで、様々な国の言葉が飛び交い、連日にぎわっています。

浅草寺山門の雷門は右左に風神雷神像が立ち、門の中央上から「雷門」と書かれた赤い大提灯が吊り下げられています。この雷門周辺は、雷門をバックにスマホ撮影をする観光客がごった返し、人力車の車夫たちがその観光客たちを呼び込む声が辺りに響いて本当ににぎやかです。

仲見世通りのにぎわいは、週末などはまっすぐに歩くこともままならないほど。そんなときには、一旦仲見世の裏側の通りを楽しむこともおススメします。

参拝のあとはホッピー通りへどうぞ。煮込み通りとも呼ばれるこの通りには昼から飲める大衆酒場が軒を連ねています。

浅草寺の雷門は最寄りの東京メトロ 銀座線浅草駅1番出口から徒歩数十秒の場所です。 銀座線は渋谷から浅草までをつなぐ路線で、渋谷-浅草間には、青山・原宿に行ける表参道駅、銀座駅、日本橋駅、アキハバラの末広町駅などがその間にあります。
表参道駅から明治神宮までは歩くことも可能な距離ですので、浅草寺を参拝したあとに銀座線に乗って表参道駅で下り、原宿散歩で明治神宮を訪れ、そのあとファッショナブルな表参道をブラリ。夜はポップな渋谷あるいはハイセンスな銀座を楽しむなんてことも簡単です。
こんな交通アクセスのよさが浅草寺参拝客(観光客)増大の一因になっているように思います。

5.03 週間前

雷門(雷神と風神がおります)をくぐると仲見世になります。雷おこし、人形焼き、お土産店などがひしめいております。いろいろ特色のある店を覗いたりしながら進んでいきます。また、それが楽しいです。お参りする前からお土産だらけなんていう光景もよく目にします。年中祭りのような賑わいです。道が狭いため混んでいます。外国人も多く見られます。途中右側にスカイツリーが見えます。見事です。宝蔵門をくぐり本堂へ向かうとお香の香りがします。浅草寺来た感が強く感じられます。お参りをしてからおみくじを引きますが、凶あります。(確率では30%と高確率ですので出でも気にしないでください)左側の旧五重塔見事です。(写真スポットです)浅草界隈はすき焼きの今半や、洋食の大宮、天ぷらの大黒家など有名店が多いですので食事代も高くなります。(安くするならば吉野家やマクドナルド。中華料理系定食屋の福しん、神谷バー2階の洋食店)ほとんどのお店が夜7時には閉まってしまいますので夜はひっそりしてます。(飲食店以外ですが)

5.01 か月前

日本を代表するランドマークのひとつです。

江戸時代から文化の中心地となった場所です。628年に創建された古いお寺のひとつです。

聖観世音菩薩をお祀りしています。

何度も災害に遭い焼失しては再建されています。現在の本堂は昭和20年の東京大空襲の後に再建され、巨大な屋根の瓦は2010年にチタン製に改装されました。

雷門大提灯、小舟町大提灯と共に巨大な「志ん橋大提灯」が設置されています。新橋の市民による寄付です。

夜は非常に美しくライトアップされ幻想的です。観光客も少ないので個人的には夜の浅草寺がオススメです。

朝8時頃からすでに参拝客でにぎわい、そこから夕方まで大混雑します。

内部は全て撮影禁止です。

#letsguide #名所 #おすすめ