2019/5/17~5/19 浅草三社祭

東京都のイベント情報


2019/5/17~5/19 浅草三社祭4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年5月17日 ~ 2019年5月19日

浅草神社 東京都台東区浅草2-3-1

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

浅草三社祭(あさくささんじゃまつり)は、東京都台東区の浅草神社で毎年5月に行われる初夏の風物詩。
非常に活気がある東京一のお祭りとして、神田祭・山王祭と並んで、東京を代表するお祭りです。
正式名称は「浅草神社例大祭」と言います。
浅草三社祭は浅草神社(三社さま)の祭礼です。
浅草神社の御祭神が土師真仲知(はじのまつち)、檜前浜成(ひのくまはまなり)・武成(たけなり)という3人の神様であることから、“三社大権現(だいごんげん)”と呼ばれたことが由来です。
例年人出人数は200万人にも上ります。

2019年5月16日(木):午後7時 本社神輿神霊入れの儀
2019年5月17日(金):1日目にお祭りのオープニングを飾るのは、お囃子屋台、金棒・鳶頭木遣り、びんざさら舞、白鷺の舞などが浅草の町を歩く大行列です。
“びんざさら”は郷土舞踊などに使う楽器のことで、はくはん、ささら、ささらぎとも言います。
チベット発祥の楽器で「振り動かすと音を出す木」という意味です。
三社祭で奉納されるびんざさら舞は、この楽器を使用した舞いで、浅草が誇る無形文化財。
五穀豊穣、商売繁盛、子孫繁栄を願って奉納される古式ゆかしい舞いです。

2019年5月18日(土):三社祭2日目に行われる町内神輿連合渡御は、祭のメインとも言える威勢のよい行事。
浅草神社の氏子44ヶ町の町内神輿、大小約100基が担がれます。
浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、一基ずつ浅草神社でお祓いを受けた上で、各町会へ繰り出す様子は江戸っ子らしい威勢の良さが見ものです。
各町内の神輿が勢い良く競り合う場面も、毎年話題となる名シーン。
“火事と喧嘩は江戸の華”東京っ子の血が騒ぎ出すこの季節に、江戸のいなせな男衆の晴れ舞台が力強く華やかに開催されます。

2019年5月19日(日):クライマックスに登場するのは、朝6時に浅草神社の3基のお神輿。
浅草神社におまつりしている3人の神様の御神霊を1人ずつお乗せして、氏子各町内を渡御します。
神輿をわざと荒々しく揺さぶるのは「魂振り(たまふり)」と言い、神輿に乗っている神様の霊威を高めて、豊漁豊作、悪霊退散のご利益があるんだそうです。
宮出しは三社祭の華で男達の魂が昇華する瞬間でもあります。
法被に鉢巻姿の男衆が汗をほとばしらせ、掛け声を威勢よく放ちながら心意気をぶつけ合います。
大地を揺るがすような迫力と熱気に、観客も含め会場全体が興奮のるつぼと化します。

日程:2019年5月17日(金)~5月19日(日)
会場:浅草神社、浅草寺
最寄駅:浅草駅

http://www.asakusajinja.jp/english/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,一生の記憶に残る,男性好み,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅浅草駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

浅草寺は、東京都台東区浅草にある東京都内最古の寺で、初詣の参拝客数は常に全国トップ10に入ります❗
雷門(→表参道入口の門で、正式には「風雷神門」と言いますが「雷門」の通称で通っています)、仲見世通り、宝蔵門、本堂、五重塔、二天門、浅草神社 等、見所はたくさんあります❗(^-^ゞ

雷門の常設の門:鉄筋コンクリート造は実業家・松下幸之助が浅草観音に祈願して病気平癒した報恩のために寄進したもので、あの大提灯は松下電器産業(現パナソニック)が寄贈したものだそうです❗

以上、ウェプサイトにそう書かれてありました✏️😜

子供の頃、両親によく花屋敷🎡🎢へ連れて行ってもらった記憶があり、今はだいぶキレイになってしまいましたが✨、懐かしくもあり親近感のある場所です❗😁

今回は「宮本卯之助商店 西浅草店」へ太鼓🥁のバチを買いに行った後、「麻鳥」という串焼き・釜めし屋さんでランチ(本まぐろ丼)を食し😋🍴、浅草寺(本堂)でお参りしました(^人^)

雷門も仲見世通りも本堂も、海外(殆どの方がアジア系)から来られた方がたくさん居てとても賑やかでした😅 海外の方を惹き付ける、魅力ある観光地である「浅草寺」は日本人として誇りです❗😁👍

4.0過去 1 週間以内

有名な観光名所のひとつですよね!

日中は老若男女や国籍を問わずにたくさんの人たちがいて、「毎日お祭りをしているのかな?」って思ってしまうくらいですw

それももちろんいいんですが、
個人的には夜の浅草寺もオススメです^ ^

日中よりも人が少ないこともあるんですが、
より神聖な雰囲気を感じることができるかと思います!

そして何よりライトアップされた様が本当にキレイなので、もし夜に行ったことがないという人はぜひ行ってみてください!^ ^

きっと浅草寺の違った魅力が見えてくるのではないでしょうか^ ^

5.01 週間前

浅草寺は、東京都台東区にある都内最古の寺です。国内有数の観光スポットで、内外から多数の観光客と参拝者が訪れ、雷門から仲見世通り、境内に至るまで、様々な国の言葉が飛び交い、連日にぎわっています。

浅草寺山門の雷門は右左に風神雷神像が立ち、門の中央上から「雷門」と書かれた赤い大提灯が吊り下げられています。この雷門周辺は、雷門をバックにスマホ撮影をする観光客がごった返し、人力車の車夫たちがその観光客たちを呼び込む声が辺りに響いて本当ににぎやかです。

仲見世通りのにぎわいは、週末などはまっすぐに歩くこともままならないほど。そんなときには、一旦仲見世の裏側の通りを楽しむこともおススメします。

参拝のあとはホッピー通りへどうぞ。煮込み通りとも呼ばれるこの通りには昼から飲める大衆酒場が軒を連ねています。ここでも日本人はもちろん色々な国からの外国人旅行者が浅草大衆酒場の開放的な雰囲気を楽しんでます。その様子を眺めながら歩くだけでも楽しい場所です。

浅草演芸場、浅草ROXで浅草観光気分を味わったあと、国際通りを渡ればその先は合羽橋。最近は合羽橋商店街で皿や包丁、調理器具のショッピングを楽しんでいる旅行者が多くなってきました。

浅草寺の雷門は最寄りの東京メトロ 銀座線浅草駅1番出口から徒歩数十秒の場所です。
銀座線は渋谷から浅草までをつなぐ路線で、渋谷-浅草間には、青山・原宿に行ける表参道駅、銀座駅、日本橋駅、アキハバラの末広町駅などがその途中にあります。
表参道駅から明治神宮までは歩くことも可能な距離ですので、浅草寺を参拝したあとに銀座線に乗って表参道駅で下り、原宿散歩で明治神宮を訪れ、そのあとファッショナブルな表参道をブラリ。夜はポップな渋谷あるいはハイセンスな銀座を楽しむなんてことも簡単です。
こんな交通アクセスのよさが浅草寺参拝客(観光客)増大の一因になっているように思います。

5.02 週間前

書き足してます✨

ここは千葉県に私が住んでいたとき、両親とお詣りしたところです‼p(^-^)q
両親は東京にあまり来たことがないのでどこに行きたいか、分からないと言ったので、ここに連れていきました❗

御線香の煙を悪いところにかければ良くなると言われているので全身にかけていたら、両親揃って私の頭にかけてきたので、なんか可笑しくなってきて三人で大笑いしたのも良い思い出です(*^^*)
雷門って書いてある大きな赤い提灯の前で写真撮り境内に入ってと心込めてお願いしました❗
その後お蕎麦を食べに行きました❗仲見世でお土産も買って,とても楽しい思い出のあるお寺です❗\(^-^)/
とても豪華で堂々とした、重厚感ある建物で日本を代表する寺院です。
外国の人達も沢山来ていましたよ☀(^^ゞ

5.01 か月前

浅草寺周辺は老舗の旨い食べ物屋さんが多くあります。徒歩圏内でも充分行けるお店が多数。天婦羅、天丼、お蕎麦、どら焼に最中、とろろ飯などなど、発見しながら食べ歩きにも楽しいと思います。
ホッピー通りで飲んで満喫するのもお勧めですし、演芸ホールもJRA場外もあり、観光意外でも楽しめる所がたくさんあります。吉原も近く、歴史を感じながら散歩するのもいいです。老舗の食べ物屋も点在きてます。有形文化財の建物もあったり、江戸の情緒を満喫しながらカーブが多い入り組んだ道も意味がある歴史の道です。
浅草寺を中心に、江戸の歴史に触れながら散策するのが個人的なオススメです。浅草寺の観光スポットだけで満足してては勿体無い。