2020/10/17~10/18 浅草三社祭

東京都のイベント情報


2020/10/17~10/18 浅草三社祭4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月17日 ~ 2020年10月18日

浅草神社 東京都台東区浅草2-3-1

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

新型コロナウィルス感染症に対する感染防止対策の観点より、
 1、宮神輿・町神輿を含め担ぎ手による担いでの神輿の渡御は中止
 2、氏神様である三柱の御神霊(おみたま)の氏子四十四ヶ町移御を実施とさせて頂きます。

10月16日(金) 午後6時 本社神輿神霊入れの儀 斎行
10月17日(土) 午前10時 例大祭式典・新型コロナウィルス鎮静祈願祭 斎行
10月18日(日) 午前11時 本社神輿「一之宮」庫出し清祓い 斎行
午前11時30分 神幸祭 斎行
正午 御神霊移御 発進 氏子四十四ヶ町各町移御 
   隊列:先祓い(太鼓)・お囃子・御神霊(一之宮・御用車)・宮司・総代
午後4時頃 宮入り 引き続き庫入れ
午後6時 本社神輿神霊返しの儀 斎行
----------------------------------------------------------

浅草三社祭(あさくささんじゃまつり)は、東京都台東区の浅草神社(三社さま)で毎年5月に行われる初夏の風物詩。
江戸時代から現代において当代随一の荒祭りとして全国的に知られるようになった三社祭は、神田祭・山王祭と並んで、江戸三大祭りのひとつに数えられ、下町の情緒を今に残す名物行事。
正式名称は「浅草神社例大祭」と言います。
浅草神社の御祭神が土師真仲知(はじのまつち)、檜前浜成(ひのくまはまなり)・武成(たけなり)という3人の神様であることから、“三社大権現(だいごんげん)”と呼ばれたことが由来です。
非常に活気がある東京一のお祭りで例年人出人数は200万人にも上ります。

前夜祭:午後7時 本社神輿神霊入れの儀
一日目:1日目にお祭りのオープニングを飾るのは、お囃子屋台、金棒・鳶頭木遣り、びんざさら舞、白鷺の舞などが浅草の町を歩く大行列です。
“びんざさら”は郷土舞踊などに使う楽器のことで、はくはん、ささら、ささらぎとも言います。
チベット発祥の楽器で「振り動かすと音を出す木」という意味です。
三社祭で奉納されるびんざさら舞は、この楽器を使用した舞いで、浅草が誇る無形文化財。
五穀豊穣、商売繁盛、子孫繁栄を願って奉納される古式ゆかしい舞いです。

二日目:三社祭2日目に行われる町内神輿連合渡御は、祭のメインとも言える威勢のよい行事。
浅草神社の氏子44ヶ町の町内神輿、大小約100基が担がれます。
浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、一基ずつ浅草神社でお祓いを受けた上で、各町会へ繰り出す様子は江戸っ子らしい威勢の良さが見ものです。
各町内の神輿が勢い良く競り合う場面も、毎年話題となる名シーン。
“火事と喧嘩は江戸の華”東京っ子の血が騒ぎ出すこの季節に、江戸のいなせな男衆の晴れ舞台が力強く華やかに開催されます。

三日目:クライマックスに登場するのは、朝6時に浅草神社の3基のお神輿。
浅草神社におまつりしている3人の神様の御神霊を1人ずつお乗せして、氏子各町内を渡御します。
神輿をわざと荒々しく揺さぶるのは「魂振り(たまふり)」と言い、神輿に乗っている神様の霊威を高めて、豊漁豊作、悪霊退散のご利益があるんだそうです。
宮出しは三社祭の華で男達の魂が昇華する瞬間でもあります。
法被に鉢巻姿の男衆が汗をほとばしらせ、掛け声を威勢よく放ちながら心意気をぶつけ合います。
大地を揺るがすような迫力と熱気に、観客も含め会場全体が興奮のるつぼと化します。

日程:2020年5月15日(金)~5月17日(日)*10/17~10/18に延期決定
会場:浅草神社、浅草寺(東京都 台東区浅草 2-3-1)
最寄駅:浅草駅

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.asakusajinja.jp/english/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,一生の記憶に残る,伝統民俗,男性好み,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅浅草駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

「浅草寺」は東京最古の寺院との由緒を持っている寺院で東京を代表する観光スポットです。
外国人観光客や修学旅行生、旅行者を中心にいつも混んでいるイメージなので、頻繁に訪問する事はありませんでしたが、たまたま空いている時期に参拝できた際に、「やはり東京を代表する名寺である」と言う事を再認識させられました。
賑わう参道からの山門、そして巨体な本堂とのコントラストや、スカイツリーと五重塔の写真コラボなど、写真📷撮影スポットも豊富ですし、境内西側には様々な堂宇が点在していて、ゆっくりと歴史を探るのにもイイです。
またそれら堂宇の生い立ちの説明板を見ると、浅草寺の歴史が深く、如何に江戸の人々に広く信仰されていたのかも分かります。

5.02 か月前

都営や東京メトロの地下鉄からアクセス良好。仲見世通りや伝法院通りなど周囲お店も趣あるお店や近くにグルメや買物観光に適したお店も数多いので1日では回りきれない楽しさがある。日本文化を建物や文化・川辺など風光明媚な様子を最も気軽に深く感じることか出来る地。浅草寺自体が階段や坂道などがなく散策出来るという古来からバリアフリー寺社なのも老若男女に優しいと言える。ただ浅草寺のおみくじは吉よりも凶の比率が他よりも高いと言われるので運試しでは厳しめのお告げをもらうこもになるので心して引いて下さい。

4.02 週間前

浅草といえばの浅草寺。
浅草の町はこのお寺を中心に作られています。
雷門から本堂を抜けて浅草観音まで。
雷門からの門前町、仲見世を見るだけでも楽しいです。
少し横に抜けるだけで数々の老舗が軒を連ねます。
グルメも和菓子、天丼、ラーメン、そば、牛鍋などよりどりみどり。
お寺の御朱印は2種類あり、浅草観音と大黒天のものがいただけます。
場所は本堂から離れてお隣の影向堂です。
広々とした境内には浅草神社もあります。
こちらの御朱印も2種類です。
三社祭では限定の御朱印があるのでこちらもおすすめです。
浅草寺、浅草神社とも常に参拝客がいるので混雑している印象が強いですが、18時を過ぎると比較的スムーズです。
御朱印などは早い時間に行くしかないですけどね。
東京に来たら必ず訪れていただきたい場所です。

5.01 週間前

東京の観光名所。周辺駐車場は1時間600円以上するので、雷門正面近くにある公共地下駐車場がオススメ。
土日は10時過ぎると満車になって、道で空車待ちはできないので、早めに行くのがコツ。仲見世通りでの「揚げまんじゅう」はとても有名だが、浅草寺寄りに沢山の種類がある揚げまんじゅう屋が人気。実は、その50メートル雷門側にある小さな揚げまんじゅう屋の方が美味しい。食べ比べしてみるとわかる。
仲見世通りは裏表と歩けるので、両方歩いた方が良い。

4.03 週間前

吉原大門近くに住んでた頃ひさご通りお抜けて、観音様の境内お通り、仲見世から墨堤に、出て桜🌸橋お渡り、 良く散策しました、
5年位そんな生活が続きましたが、今わ、大阪の今里に、暮らしています、三社祭、隅田の花火🎇墨堤の桜🌸テレビのドラマに、よく使われる桜橋懐かしいですね、機会が有れば是非もう一度訪れて見たいですね‼️浅草寺、因みに私が浅草寺に関しての一番古い記憶はまだ五十の搭が再建されて無く本堂の下には、浮浪者や着物👘姿の、おばあさんが、寝て居ました、今は境内全体が綺麗になっていますね😃