8/2~8/7 青森ねぶた祭り

青森県のイベント情報


8/2~8/7 青森ねぶた祭り4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月2日 ~ 2019年8月7日

青森駅周辺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

青森市では8月上旬にねぶた祭りが行われます。
「眠り流し」とは、夏の農作業を妨げる眠気を追い払うために、灯籠・笹竹などを海川に流す行事のこと。
それが「ねむたい」→「ねぷたい」→「ねぶた」に転化したものと考えられています(諸説あり)。

ねぶたの運行は「ねぶた」「囃子(はやし)」「ハネト」の三位一体で成り立っています。
踊り子の大きな掛け声を伴いながら、灯りのともされた巨大な山車(フロート)22台のパレードが始まります。
カラフルに描かれる山車には、威風堂々たる歌舞伎俳優の姿や、歴史上・伝説上の人物、さまざまな神々などが題材として取り上げられます。
テレビドラマのキャラクターや有名美術作品を扱ったモダンな山車も登場します。
現在では最大サイズとして幅約9m、高さ約5m、奥行き約7mと言われています。

青森ねぶた祭りは、秋田の竿燈祭り、仙台の七夕祭りとともに、東北3大夏祭りの1つとなっています。
国の重要無形民俗文化財に指定されて、毎年祭りに参加したハネトの数は9万人以上で、人出は280万人に上ります。
歓喜乱舞の祭りを観て感じて体験しましょう。

まつり会期:毎年8/2~8/7 曜日かかわらず毎年同日、8月2〜6日が夜間運行。
初日の8月2日と翌3日は、子どもねぶた(15台)・担ぎねぶたが参加、大型ねぶた(15台)と合わせて約30台が運行します。
7日は昼間運行であるが、夜に海上運行と花火大会が催されます。
また、8月1日に青い海公園特設ステージ18:00~21:00は前夜祭があります。

会場:青森駅を降りたらもねぶたの世界です。
運行コース:JR青森駅から真正面に延びる新町通り、平和公園通り、国道4号線、八甲通りを結ぶ全長3.1kmのルートを通行止めにして約2時間かけて実施されます。


ねぶた海上運行&青森花火大会はフィナーレを飾ります。
青森港の会場を祭りの審査で選ばれた最高賞の6台のねぶたが運行し、夜空には1万発超の花火が大輪を咲かせ、ねぶたと花火があでやかに競演します。
「青森ねぶた」は、七夕の灯籠流しが起源ともいわれています。
青森では、ねぶた人形に穢(けがれ)を託して海や川に流す風習があり、「青森ねぶた祭海上運行」は、その名残りといわれています。
この青森にしかないねぶた祭と花火のコラボレーションは、見る人の心に深く焼き付きます。

8月7日 19時15分入港・20時00分出港
8月7日 19時15分~21時00分打上花火

過ぎ行く短い夏を惜しむように、魂からほとばしるエネルギーを燃やす「青森ねぶた祭」は、日本を代表する勇壮な火祭りです。
宵に浮かび上がるねぶたと、囃子に熱狂するように乱舞する跳人(ハネト)。
見ているだけでも体が熱くなるほどの興奮です。
さらに、一緒に跳ねると興奮が倍増。
ハネト衣装のレンタルもあります。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

https://www.en-aomori.com/culture-038.html

目的お祭り大好き,インスタ映え,パレード,一生の記憶に残る,伝統民俗,体験,夜景,家族向け,日本の花火,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅青森駅 (約0.1km) Google Transit