8/3~8/6 秋田竿燈祭り

秋田県のイベント情報


8/3~8/6 秋田竿燈祭り4.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年8月3日 ~ 2018年8月6日

秋田駅の西 竿灯大通り

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

天までとどけ!
豊作を祈り、町におりた光の天の川

毎年8月3日~6日に秋田県秋田市で、秋のお米の豊作を願い、竿燈祭りが行われる。夕日が沈むと、篠笛や太鼓の調べ音楽が流れはじめ、約200人の人が、ロウソクの灯る提灯の付いた重さ60kgの竹竿を一斉に持ち上げ、手、頭、肩、腰の上に乗せてバランス芸を競う。
竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る。
一番大きいもので「大若」と呼ばれる、46個の提灯がつけられた12メートルの竿燈を、勇壮なお囃子の音と共に「ドッコイショー」の掛け声にあわせ、差し手が巧みにバランスを取り、頭や肩、手の上、そして腰の上に移し変えながら練り歩きます。
熟練の域に達してくると、竿燈のバランスを取りながら扇子を仰ぐ差し手も見られ、観客の熱気は一気に高まります。

差し手達が操る竿燈の数は230本。
1万個もの提灯が、秋田の町に「光る天の川」を作り出し、熱気にあふれた幻想的な夏の夜空を演出します。

秋田藩史庶民の文化風俗を伝える行事としてだけでなく、今では県内外、海外からも多くの人が訪れ、東北を代表する夏祭りとして親しまれています。4日間で130万人を観光客を集める。ねぷた祭り(青森)や七夕祭り(仙台)と並ぶ「東北三大祭り」の1つだ。

http://www.kantou.gr.jp/english/index.htm

目的お祭り大好き,パレード,体験,夜景,超メジャー
最寄り空港/駅秋田駅 (約1.1km) Google Transit