3/23~5/13 フラワリング2019 in 国営ひたち海浜公園

茨城県のイベント情報


3/23~5/13 フラワリング2019 in 国営ひたち海浜公園4.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年3月23日 ~ 2019年5月12日

国営ひたち海浜公園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

「国営ひたち海浜公園」とは茨城県ひたちなか市にある国営公園です。
その広さは何と約200haで、ディズニーランド約5倍もの面積を誇る、茨城県を代表する自然と触れ合えるテーマパークです。
公園はエリアによって四季折々の花畑や広場、アトラクションが展開され、子供連れのご家族からカップル、お年寄りまで様々な年代の来場客が楽しめる作りになっています。
ほかにも、太平洋を一望できる丘、青い海、白い砂浜、緑の草原など楽しませてくれます。
季節ごとの花々は絶景で、特に4月から5月に見ごろを迎えるネモフィラの花畑は、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」と評判を集めているスポットです。

国営ひたち海浜公園に華やかな春が訪れます。一年でいちばんにぎやかなこの季節、公園のどこを歩いても美しい花景色に出会えます。スイセンからチューリップ、そしてネモフィラへと続く、春の“フラワーリレー”を満喫してください!

4/20~5/12 ネモフィラハーモニー
花と空と海の青が溶け合う風景です。「みはらしの丘」の一面一面(約3.5ha)を青一色に染め上げる約450万本のネモフィラ。
“青の絶景”として有名な国営ひたち海浜公園のネモフィラ約450万本が咲き誇る。
園内にある広大な丘一面が青く染まり、空の青に溶け合うような景色は圧巻の美しさです。
360度、見渡す限りのブルーの世界は、まるで地上を離れて空中散歩をしているかのよう…。
可憐なネモフィラの花と、青空と、そして海が見せてくれる日本最大級のパノラマ絶景は、毎年多くの人の目と心を癒し、楽しませてくれています。毎年GWが見ごろです。

4/6~4/20 チューリップワールド 
キュートでカラフルなチューリップワールド。風車や卵型のオブジェとともに、メルヘンな世界を創り出します。

3/23~4/6 スイセンファンタジー
柔らかな木漏れ日と白・黄のスイセンが絨毯のように織りなし、幻想的な風景が何処までも広がります。

住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
アクセス:【電車】JR常磐線勝田駅東口からタクシー・バスで約15分
     【車】常磐自動車道 日立南太田ICより約15km/北関東自動車道〜常陸那珂有料道路 ひたち海浜公園ICより約1km

営業時間:9:30~17:00 ※季節により変動あり
休業日:2019/2/4~2/8
入場料:大人410円 小中学生 80円 ※6歳未満は無料

http://en.hitachikaihin.jp/

目的ビーチがある,一生の記憶に残る,大自然,季節の花,家族向け,観光,遊ぶ
最寄り空港/駅勝田駅 (約6km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

ネモフィラの時期も素敵ですがコキアの時期もいいです。
それだけに限らず、レンタル自転車で走るととても気持ちが良く、爽快です。
森の中にあるカフェも緑を眺めながらゆったりと落ち着く事ができます。
園内あちこちに、自転車のパーキングがあるので、あちこちにおいては近くを歩いてみる事が可能。子供用の遊具、遊園地もあり一日中楽しめます。

5.01 か月前

魅力度47位の茨城県では世界的に知名度が高い国営公園。花と空とが一体となってると評判のネモフィラの丘が世界的に有名になって嬉しく思います。
園内はディズニーランドの5倍の広さなのでレンタル自転車は利用必須!
比較的平坦な自転車専用道路なので、子供連れで一日中あちこち乗って浜風を頬に浴びながら楽しく走りたい‥‥‥

5.01 週間前

茨城県が誇れる花(春のネモフィラと秋のコキア)の景勝地で最近は外国からの観光客が増えている。ネモフィラは北アメリカ原産の一年草で、和名を瑠璃唐草(るりからくさ)という。みはらしの丘一面が青く染まり、空と海の青と溶け合う風景は、まさに絶景です。また、秋のコキアは和名をホウキグサといい、この茎を乾燥させてほうきを作ることができます。
実(み)は“とんぶり”といい「畑のキャビア」として親しまれています。7月上旬から夏の日差しを浴びて成長していくライトグリーンのコキアは、丸々とした可愛らしい形と、柔らかな感触が楽しめます。9月下旬から10月上旬頃にかけて、夏の緑色から少しずつ紅葉し始め、日々移ろいゆく緑と赤のグラデーションの色合いも魅力的です。また、鮮やかに紅葉してみはらしの丘を真っ赤に染め上げるさまもまさに絶景です。

4.01 週間前

ネモフィラ目当てで行ったのですが、まず花畑が見える位置での第一声はだいたい「人がアリのようだ・・。」です。(笑)花も季節にあわせてあちこちに植えられていて、小さい遊園地やレンタサイクル、ところどころで出店など、他にも色々見て回る所が沢山。とにかく広くて、泊りがけで行って周辺地域と合わせてぐるっと回るといいかも。

5.02 か月前

国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市の太平洋を望める広大な公園です。

春のネモフィラ、スイセン、チューリップ、初夏にはポピーやバラ、夏のジニア、ヒマワリ、秋にはコキア、コスモス、冬のアイスチューリップなど、季節毎の彩り豊な花々が年間を通して楽しめる素晴らしい国営公園です。

他にも海抜100mからの眺望を楽しめる大観覧車やアトラクションが揃う遊園地『プレジャーガーデン』、林間アスレチック広場やバーベキュー広場など、食事・スポーツ・ピクニック・・・親子で遊園地で楽しんだり、家族でピクニック、仲間とワイワイバーベキュー、ワンコも入れて共に散歩を楽しめ、趣味の写真撮影など遊び方は十人十色、老若男女を問わず楽しめる場所です。

本当にもっと都心にあれば…なんて思いますが、この場所だからこそ出来るんでしょうね、近くにあれば頻繁に訪れたいお気に入りの場所です。

お勧めの時期は何といっても春のネモフィラの時期でしょうか、約3.5ヘクタールの広大の丘に咲くネモフィラは450万本、隔てる物は何も無くネモフィラブルーと青い空が繋がるように広がる風景は一度見る価値はあると思います。因みにネモフィラの和名はネモフィラの瑠璃色と葉の形が唐草模様に似ている事から『瑠璃唐草』、英名は赤ちゃんの澄んだ瞳を意味する『ベイビーブルーアイズ』見れば分かると思います。ただ…『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』に選ばれ、アジアでも紹介されている事から、ただでさえ混むのに、外国人の方も年々増えていて覚悟は必要かと…駐車場も物凄く入るまでに渋滞するので、朝早く行かれた方が良いかもしれません😅💦テレビでもよく紹介される場所ですが、テレビや写真では伝わらない目の前の光景は感動します。

また、春のネモフィラはもちろんですが、同時期のチューリップ畑は色合いを計算し尽くして見事で、ここ以外に広大で有名なチューリップ畑はありますが、ここ以上の見事なチューリップ畑は見た事がありません。あくまでも私見ですが…これまた必見です♬

秋のコキアの紅葉🍁も行きましたが、これも素敵です。夏の青々としたコキアも有名なので、その時期に一度訪れたいと思います。