7/1~7/31 祇園祭

京都府のイベント情報


7/1~7/31 祇園祭4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月1日 ~ 2019年7月31日

祇園四条から東大路通まで、四条堀川あたり

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都の八坂神社のお祭りです。
その歴史は古く、1100年以上前から続いています。
毎年7月1日の吉符入りから31日の疫神社夏越祭まで1ヶ月間にわたる大規模祭りです。
最も人出の多い16日の宵山、17日の山鉾巡行がとても有名ですが、お祭りの期間中には実はたくさんの神事や行事があります。

「京都三大祭」「日本三大祭」「日本三大曳山祭」「日本三大美祭」など、様々な三大祭りのひとつに数えられている国内有数の大きなお祭りです。

八坂神社と氏子さん達だけの祭事ではなく、京都のお祭りとして広く親しまれているので、祭行事以外でも豪華絢爛な山鉾巡行、屏風祭り、花傘巡行(傘鉾や馬長稚児を先頭にした行列が四条通りなど繁華街を巡行する)、露店や屋台など、沢山のみどころや楽しみ方があることです。
7月17日の前祭(山鉾巡行と神幸祭)と、24日の後祭(山鉾巡行と還幸祭)は約1500人の担ぎ手が集まり、33基の山鉾巡行が祭のハイライトです。
山鉾巡行は重要無形民俗文化財に指定され、「京都祇園祭の山鉾行事」としてユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
山鉾巡行の見所は、豪華絢爛な山鉾の鑑賞と「辻回し」の2つです。
山鉾巡行で先頭に立つ長刀鉾は「動く美術館」と呼ばれ、豪華な金箔の鯱鉾と水引が正面の屋根に飾られ、江戸時代の著名な画家である伊藤若沖のデザインによる鳳凰が後ろに描かれ、14世紀頃の絨毯で作られた「同掛」と呼ばれている長刀鉾が横に飾られています。
迫力のある「辻回し」は、山鉾の方向転換です。
約10トンある山鉾の向きを変えるために青竹を道路に敷き、その上に水をかけて大勢の曳子が観衆の大きな掛け声と一緒になって方向転換させます。

「前祭」の宵山は、14日の「宵々々山」から16日の「宵山」までの3日間開催され、夕方になると吊るした駒形提灯に火がともった山鉾に「コ・ン・チ・キ」の音色の祇園囃子を伴い、市街を引っ張って歩きます。
宵々山の15日と宵山16日は一日で32万人の観光客を記録したそうで、夕方から歩行者天国になる烏丸通りと四条通りの沿道に並ぶので楽しみながら散策をすることができます。

また、祇園祭は、邪気を祓うだけでなく、怨霊が悪さをしないように祈祷するためにお囃子や踊りが多くあります。

祇園祭の名物、笹で作られた“食べない”「ちまき」は、「宵山」期間中に購入できます。
「ちまき」は、祇園祭の「厄除け」のお守りなので、玄関先に飾るとご利益があります。

料金:前祭有料観覧席 3,180円 後祭有料観覧席 3,180円
アクセス:阪急烏丸駅、京都市営地下鉄四条駅、京阪四条河原町駅
開催場所:京都市(八坂神社、京都市内各所)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.kyokanko.or.jp/gion/gyoji.html

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,伝統民俗,女性好み,男性好み,神社・寺,観光名所,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅京都駅 (約2.7km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

祇園さんの愛称。
京都を代表する神社のひとつ
神社建築が美しい。
建物の様式美は各々素晴らしいです。特に道路に面したしゅ朱の山門が私は秀逸と思います。

5.04 週間前

通称祇園さんと呼ばれる八坂神社。
元の祭神だった牛頭天王が祇園精舎の守護神であるとされていたことから、元々「祇園神社」「祇園社」「祇園感神院」などと呼ばれていたそうです。慶応4年=明治元年(1868年)の神仏分離令により「八坂神社」と改名されました。
本殿は重要文化財で、とても重厚で趣があります。

5.02 か月前

いつ行っても、人でいっぱい。京都で一番にぎわっているところではないかと思う。
八坂神社は通称で「祇園さん」と呼ばれることもあるようだ。
四条通りの突き当りにある。四条大橋から八坂神社までの道が八坂神社の参道になるのだろうと思う。道の両側にある歩道にはお土産屋や飲食店がずらっと並んでいる。
毎日が縁日のようなところだ。西楼門の前では朱色鮮やかな門を背景に記念写真を撮る人がいっぱい。着物姿の観光客もよく見かける。門を入ると屋台がずらっと並び。いつ行ってもお祭りみたいだ。
お参りするにも列に並び、御朱印に長い列ができている。そんな賑やかさが、いいと思う。
このあたりから清水寺までが、京都の観光地で一番賑わっているエリアと思う。

5.01 週間前

ここは、いつ来ても多くの人で賑わっています。京都有数の繁華街 祇園も、元々はこの神社の門前町(鳥居前町)として栄えたもので、ここは祇園観光の要のようなところです。

以前来たとき、神前結婚が行われていて新郎新婦と親族の行列は、そこにたまたまいた観光客の注目の的でした。

建物的には、神社特有の朱塗りとお寺っぽい木目のモノトーンの建物の両方があり、これは、昔ここが寺院と見なされた時期もあったからでしょうか。何気なく写真を撮ったほこらみたいなところは、後で調べると「末社蛭子社社殿」という重要文化財でした。

少し登ったところにしだれ桜で有名な円山公園があり、円山公園から左折すると知恩院、右折すると高台寺とさらに頑張って二寧坂・産寧坂・松原通りを経て清水寺へたどり着けます。
(訪問:2019-08-25)

4.02 週間前

とにかく外国人が多く、ゆっくりできません。
昔はとても風情があったのに非常に残念です。
が、こちらにはものすごく多くの神様がおられますので、静かならば気はすごく感じられると思います。