7/1~7/31 祇園祭(大幅縮小、山鉾巡行中止)

京都府のイベント情報


7/1~7/31 祇園祭(大幅縮小、山鉾巡行中止)4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年7月1日 ~ 2020年7月31日

祇園四条から東大路通まで、四条堀川あたり

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、2020年度の祇園祭は山鉾巡行・及び関連行事(宵山等)の中止が決定しております。これに伴い、2020年度は山鉾巡行順の更新は行いません。
対応は各山鉾町・保存会により異なる部分がありますが、原則一般参加を伴う行事は行われません。
粽や授与品の販売についてはクラウドファインディング等にて実施されます(山鉾町毎に対応は異なります)

下記の神事行事を中止と致します。
7月10日お迎提灯(氏子区内)、神輿洗式(四条大橋上)
13日 久世稚児社参(八坂神社)
16日 宵宮神賑行事(祇園商店街)、石見神楽(八坂神社)、日和神楽(八坂神社・四条御旅所)
17日 前祭 山鉾巡行、神輿渡御(神幸)(氏子区内)
17~23日 御旅所奉納囃子(四条御旅所)
24日後祭 山鉾巡行、花傘巡行 神輿渡御(還幸)(氏子区内)
28日 神輿洗式(四条大橋上)
※祇園祭の本義を鑑みまして、四条御旅所には榊をもって神輿に準じる神籬を鋪設して、三社のご神霊をお祀りし厄災除去の祈りを捧げてまいります。
※31日疫神社夏越祭の茅の輪は7月1日より疫神社に設置いたしますので、自由にご参拝下さい。但し本年は持ち帰り用の茅の用意はありませんのでご了承願います。
----------------------------------------------------------

京都の八坂神社のお祭りです。
その歴史は古く、1100年以上前から続いています。
毎年7月1日の吉符入りから31日の疫神社夏越祭まで1ヶ月間にわたる大規模祭りです。
最も人出の多い16日の宵山、17日の山鉾巡行がとても有名ですが、お祭りの期間中には実はたくさんの神事や行事があります。

「京都三大祭」「日本三大祭」「日本三大曳山祭」「日本三大美祭」など、様々な三大祭りのひとつに数えられている国内有数の大きなお祭りです。

八坂神社と氏子さん達だけの祭事ではなく、京都のお祭りとして広く親しまれているので、祭行事以外でも豪華絢爛な山鉾巡行、屏風祭り、花傘巡行(傘鉾や馬長稚児を先頭にした行列が四条通りなど繁華街を巡行する)、露店や屋台など、沢山のみどころや楽しみ方があることです。
7月17日の前祭(山鉾巡行と神幸祭)と、24日の後祭(山鉾巡行と還幸祭)は約1500人の担ぎ手が集まり、33基の山鉾巡行が祭のハイライトです。
山鉾巡行は重要無形民俗文化財に指定され、「京都祇園祭の山鉾行事」としてユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
山鉾巡行の見所は、豪華絢爛な山鉾の鑑賞と「辻回し」の2つです。
山鉾巡行で先頭に立つ長刀鉾は「動く美術館」と呼ばれ、豪華な金箔の鯱鉾と水引が正面の屋根に飾られ、江戸時代の著名な画家である伊藤若沖のデザインによる鳳凰が後ろに描かれ、14世紀頃の絨毯で作られた「同掛」と呼ばれている長刀鉾が横に飾られています。
迫力のある「辻回し」は、山鉾の方向転換です。
約10トンある山鉾の向きを変えるために青竹を道路に敷き、その上に水をかけて大勢の曳子が観衆の大きな掛け声と一緒になって方向転換させます。

「前祭」の宵山は、14日の「宵々々山」から16日の「宵山」までの3日間開催され、夕方になると吊るした駒形提灯に火がともった山鉾に「コ・ン・チ・キ」の音色の祇園囃子を伴い、市街を引っ張って歩きます。
宵々山の15日と宵山16日は一日で32万人の観光客を記録したそうで、夕方から歩行者天国になる烏丸通りと四条通りの沿道に並ぶので楽しみながら散策をすることができます。

また、祇園祭は、邪気を祓うだけでなく、怨霊が悪さをしないように祈祷するためにお囃子や踊りが多くあります。

祇園祭の名物、笹で作られた“食べない”「ちまき」は、「宵山」期間中に購入できます。
「ちまき」は、祇園祭の「厄除け」のお守りなので、玄関先に飾るとご利益があります。

料金:前祭有料観覧席 3,180円 後祭有料観覧席 3,180円
アクセス:阪急烏丸駅、京都市営地下鉄四条駅、京阪四条河原町駅
開催場所:京都市(八坂神社、京都市内各所)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.kyokanko.or.jp/gion/gyoji.html

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,伝統民俗,女性好み,男性好み,神社・寺,観光名所,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅京都駅 (約2.7km) Google Transit

口コミ

4.02 週間前

20年8月4日に八坂神社をおとづれました。
猛暑日のお昼すぎ、またコロナの影響もあり、観光客がとても少なかったです。
西楼門も本殿共に人のいない写真が撮れました。
美のパワースポットとして人気の「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」の「美容水」も試してみました。

5.02 週間前

四条通の突き当りに位置する祇園の神社、祇園祭の胴元。
立派な山門が目印です。
外出自粛の為か参拝客は非常に少なく、ゆっくり見学出来ました。

4.01 か月前

祇園にあり、朱色の門が一際目立つ八坂神社。
円山公園と合わせて観光ができ、千垂れ桜が有名。
坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像もあります。
南には五十塔や清水寺、北側には南禅寺、西側は鴨川を渡れば先斗町、河原町とまさに京都観光の定番が凝縮された場所だと思います。

4.03 週間前

京都祇園祭で有名な神社です。
神社仏閣に詳しくない人でも、名前だけなら知っているという人は多いのではないでしょうか。

参拝だけなら無料で、出入りは24時間可能なようです。
知恩院に行った後だったので、大きさや迫力の面では後塵を拝している感もありましたが、普段TVで聞くような有名な神社に寄ることができたのは満足でした。

最寄駅は京阪の祇園四条駅で、徒歩10分弱くらいでしょうか。おそらくここを意識しての駅名改称かな、なんて思ってみたりもします。

4.02 週間前

参拝される方がたくさんおられました。
茅の輪くぐりも8/15まで、とのことで、たくさんの方がくぐっておられました。
もちろん私もお仲間です。
コロナの影響もあり、マスク等着用で、と看板も出ていました。