2019/6/7~6/17 山王祭 in 東京日枝神社

東京都のイベント情報


2019/6/7~6/17 山王祭 in 東京日枝神社4.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年6月7日 ~ 2019年6月17日

千代田区永田町2丁目10番5号日枝神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

山王祭(さんのうまつり)は神田祭・深川祭とともに江戸三大祭りの筆頭として、さらに日本三大祭りにも数えられている、正式名称は「日枝神社大祭」で、歴史ある盛大な祭りです。
二年一度山王祭は本祭で神幸祭が行われ、都心によみがえる王朝絵巻を愉しみますが、今年2019年は神幸祭なしの例祭となります。
11日間の期間中は多数の行事がとり行われ、毎日通っても飽きないほど。

500年以上の歴史の重みを感じる厳かな儀式「例祭奉幣-皇城鎮護都民平安祈願-」の他にも、神楽囃子や山王太鼓といった日本古来の芸能に触れられる出し物や民踊大会、子供たちが稚児の装束を身につけて行う「稚児行列」など、バラエティに富んだ行事が多数行われています。

山王祭は江戸時代、三代将軍徳川家光の頃より江戸城内に入ることが許 され、将軍が上覧礼拝した天下祭りでした。
皇居となった今は、坂下門にて皇室のご安泰を祈願します。
皇居・旧江戸城を巡幸する日本唯一のお祭りです。

1.二年一度の神幸祭(2018年、その次2020年)銀座、日本橋など、ビルが立ち並ぶ東京の都心は巡幸ルートです。(2019年はありません)
様々なスポットと古風 な行列のコントラストはみどころ満載です。神威ひときわ輝く金銅の鳳凰を飾りつけた神輿2基や宮神輿1基、山車3基と、王朝装束をまとった神職や氏子など約500人が、300メートルに及ぶ華麗な祭礼行列が観賞できます。
6月8日「神幸祭」で優雅な格調高い御列が、都心に華麗な王朝絵巻を繰り広げます。

2..氏子町会の山車と神輿が日枝神社へ参拝する「連合宮入」。清水谷公園を出発した氏子の町会の山車3台と神輿9基が夕闇迫る日枝神社男坂で、52段の石段を上る勇壮なシーンは必見です。

3.日枝神社境内では、山王御祓並鎮火祭(茅の輪くぐり)・献灯祭・山王嘉祥祭など多くの祭典と神楽、お茶席などの行事もあります。

4.夏越稚児祭(なごしちごまつり)は、3歳~6歳の子どもが茅の輪(茅草で作られた大きな輪)をくぐることで無病息災を祈願する伝統行事です。男の子は烏帽子(えぼし)、女の子は天冠(てんかん)をかぶり、かわいらしいお稚児さん姿に。
日程:6月9日 午後1時・2時・3時(3回)
場所:日枝神社神苑
対象:児童年齢 男女共3歳から6歳まで
☆御初穂料はお一人10,000円

5.納涼大会(6/13~6/15午後6:30~):普段は静かな境内に奉納提灯が所狭しと掲げられ、明々と照り映える中で太鼓の音も楽しく開催されます。初心者でも踊れる楽しい歌と踊り、近隣から浴衣がけの方も沢山来ます。テントの中に「やぐら」を建てるので雨天決行。
期間中楽しい夜店も出ます。時空を超えた江戸の熱気を、肌で感じられます。

電車  
地下鉄千代田線「国会議事堂前」駅出口5より徒歩5分
地下鉄(銀座線・南北線)「溜池山王」駅出口7より徒歩3分

http://www.tenkamatsuri.jp/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,伝統民俗,友達に自慢できる,日本についての知識プロ向け,神社・寺,観光名所,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅赤坂駅 (約0.4km) Google Transit

口コミ

3.0過去 1 週間以内

千代田線・赤坂駅・出口2 徒歩10分
南北線/銀座線・溜池山王駅・出口7 徒歩5分
千代田線・国会議事堂前駅・出口5 徒歩5分
銀座線/丸の内線・赤坂見附駅・出口11 徒歩10分

御祭神
 大山咋神(おおやまくいのかみ)
 相殿に鎮まります神々
 国常立神(くにのとこたちのかみ)
 伊弉冉神(いざなみのかみ)
 足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)

郷の守護神として江戸氏が山王宮を祀り、
文明10年太田道灌公が江戸の地を相して築城するにあたり、鎮護の神として川越山王社を勧請し、神威赫赫として江戸の町の繁栄の礎を築き

やがて天正18年徳川家康公が江戸に移封され、
江戸城を居城とするに至って「城内鎮守の社」「徳川歴朝の産神」として、又江戸市民からは「江戸郷の総氏神」「江戸の産神」として崇敬されました。

4.02 週間前

山王の一等地に奇跡とも感じる緑豊かな日枝神社。本殿も色鮮やかに美しく、堂々としています。地域柄ホテルから近く世界の観光客もお参りしていました。本殿の脇からはお稲荷さんもあり、また違う趣きを楽しめます。御朱印もみどりが入って綺麗です。
2019年5月8日

5.02 週間前

6/7日~17日まで江戸三大祭の一つである山王祭が開催され、日枝神社と氏子町内会は祭一色にそまり、ビル街にも日本らしさが漂っていました。
6/9に参拝し、境内の祭の飾り付けや町御輿や子供御輿を見ることができ、楽しめました。17日まではいろいろな行事が続くので参拝をおすすめします。

5.01 週間前

青空のもと、神社の本殿では、結婚式が行われていました。新しい人生が始まる日お二人の幸せを祈ってしまいました。都内のビルの谷間にある日枝神社、小高い場所東京も緑があるとほっとします。表参道の山王鳥居をくぐり階段を登ると息が切れてしまいます。ただ、赤坂側参道からならエスカレーターがあり楽に上まで登れます。

5.01 か月前

鳥居の多い都内の神社巡りを目的に参拝。鳥居がいっぱいあり、それだけでもテンション↑↑外国からの観光客も多く人気スポットなんだなあと感じました。道幅の狭い長い階段に設置されている鳥居の写真を撮っている時、お茶目で陽気な外国人の方が自然にピースサインで写真に入り込んできて思わず笑い。そんなちょっとした事をきっかけに観光目的のその外人さんとのコミュニケーションも自然と取れ、それだけでも参拝して良かったと思います。