2018/8/25 宮島水中花火大会

広島県のイベント情報


2018/8/25 宮島水中花火大会3.8

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年8月25日 ~ 2018年8月25日

広島県廿日市宮島町1-1大鳥居の海面

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

世界遺産と海上自爆の競演…
宮島水中花火大会は、日本三景の一つ・宮島を舞台にくりひろげられる光の競演。
神秘的に浮かび上がる宮島の大鳥居に走行する水中花火船より、点火した花火玉が次々と海中に投げ込まれると、水中花火は、大音響と共に炸裂し、朱の大鳥居のシルエットや「世界遺産・厳島神社」の社殿を幻想的です。

日本花火百選では最高のロケーションということで写真愛好家からもトップにランクされている絶景なる花火大会です。写真家にとっては「厳島神社の鳥居」と「宮島の水中花火」を一緒に写してこそ、素晴しい作品となるそうです。

本大会の特徴はその名の通り「水中花火」。
なかでも水中尺玉(30cm玉)が100発も見られる花火大会はここ宮島だけでしょう。
宮島ならではの歴史的建造物と、花火の素晴らしい競演を是非ご覧下さい!

打ち上げ数:約5千発

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,カップル向け,パワースポット,世界遺産,日本の花火,神社・寺,観光
最寄り空港/駅広島駅 (約18.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

ろかい船に乗りました。
海の中の鳥居を遠くから眺めるのもいいですが、船で近くまで行ってくぐって、とても感動しました。
船頭さんのガイドもとてもよくて、いい思い出になりました。
ろかい船、オススメです。

しかし、どうしても引き潮の時に鳥居の下を歩いてみたくて、季節をずらして、また行きました。
これはこれで、どのように立っているのかがそばで見れて 、感動しました。

満ち潮でも引き潮でも、どちらでもステキな景色です。

HPで潮の高さが見れるの参考にしてみてください。

4.0過去 1 週間以内

ここは、日本三景の宮島にあり、知らない方はおられないと思います。

満ち潮の時には海中から出ており、引き潮の時には砂浜を歩いて行かれます。

国宝の厳島神社も、満ち潮時には海水に浸かって(下部の柱)いるので、出来れば干満の間に弥山(宮島の山)に行かれれば(ロープウェイがあります)、両方見る事が出来るので、オススメです。

それと、朝方に海岸に行くと鹿さんが沢山見られるので、こちらも面白いです。

4.03 か月前

世界遺産に浸って精神浄化。年間4~5回行くかな? 船に乗る楽しみ、海上から眺める朱色の大鳥居と神ノ島、そしてお祭り気分で土産物売場の散策。ランチ持参でピクニック気分。でも鹿さんが、じきにやって来るのでゆったり食事が出来ないんだ

5.01 か月前

宮島全体が神が宿る御神体であるとされており、神が宿る神聖な島の上には建物が建てられないということで、海の上にこの大鳥居が建てられたと伝えられています。2本の主柱の前後に袖柱(控柱・稚児柱)を建て、主柱と袖柱を貫で繋いで合計6本足となっている形式の鳥居を、「両部鳥居(りょうぶとりい)」と言うそうです。鳥居全体の重さは約60トンで、鳥居自体の重みだけで立っており、地中には埋まっていません。

満潮、干潮の両方で見るべきです。満潮時は船上から、干潮時は歩いて地上から見ることで、全く違う姿をみることができます。干満は6時間で入れ替わるため、半日いれば可能なので、時間を見計らって観光して欲しいと思います。

5.02 週間前

運良く潮が引いて大鳥居の間下まで行くことができました。
素晴らしいですね、世界遺産も納得!
巨大で雄大で圧巻されます。
フジツボがびっしり付いた鳥居の脚の隙間にお金がねじ込まれていましたがなにか意味があるのでしょうか?
そしてよく見たら足元にも硬化がたくさん!
お賽銭の変わり?
神前だけあって流石に拾っている人はいませんでした。