9/1~9/3 おわら風の盆

富山県のイベント情報

9/1~9/3 おわら風の盆4.3

このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年9月1日 ~ 2018年9月3日

富山県富山市八尾地区

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

おわら風の盆
通称・略称 おわら、風の盆

おわら風の盆(おわらかぜのぼん)は、富山県富山市八尾地区で、毎年9月1日から3日にかけて行われている富山県を代表する祭(行事)である。富山市では五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「おわら風の盆」が始まりです。

越中八尾は富山市南西部の山あいの町。その地で300年余踊りつがれてきた「越中おわら」。
その唄と踊りは叙情豊かで気品高く、哀調の中に優雅な趣を有しています。格子戸の民家、土蔵等、昔の面影を残すまち並みに数千のぼんぼりが立ち並び、三味線、胡弓、太鼓の音に合わせて哀調帯びた唄や格調高い男女の踊りが、坂の町を揃いの法被や浴衣姿で流し歩き、編み笠の波が行き過ぎます。しっとりした幻想的な世界にひととき酔いしれることでしょう。
町流しは各町内(11ヶ所)で行われます。また、八尾小学校グランドの演舞場で、保存会各支部による演舞会が行なわれます。
越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。
艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する。

格網笠の間から少し顔を覗かせた姿の男女が静かに気品高く舞う様は見るものを虜にし、夢幻の世界へと誘ってゆく。

町の通りを唄い踊りながら流す「町流し」は旧町と呼ばれる11支部各所で行われる。旧町ごとに受け継がれる衣装や踊り、伴奏の特徴が異なるのも祭りの見どころのひとつだ。勇壮な男踊りから優美な女踊り、艶やかな夫婦踊りまで…

おわら:江戸時代、唄に「おわらひ(大笑い)」という言葉を差し挟み踊ったとする説や豊年万作を祈念した「おおわら(大藁)」説など諸説あり。


おわら風の盆が行なわれる3日間、合計25万人前後の見物客が八尾を訪れ、町はたいへんな賑わいます。

アクセス ■JR富山駅からJR高山本線越中八尾駅まで電車で約25分
■JR富山駅からバスで約45分
■北陸自動車道富山西ICから車で約20分
■北陸自動車道富山ICから車で20分

http://www.yatsuo.net/kazenobon/guide/guide03.html

目的お祭り大好き,アクセス良好,体験,女性好み,観光,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅富山駅 (約15.9km) Google Transit