2021/4/17~5/5 倶利迦羅さん八重桜まつり

富山県のイベント情報


2021/4/17~5/5 倶利迦羅さん八重桜まつり3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年4月17日 ~ 2021年5月5日

富山県小矢部市埴生字谷内2996-5 倶利伽羅県定公園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2021年度は八重桜まつり(念仏赤餅つきは、感染症対策として無観客方式で行います)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年の餅つきイベントは開催しませんが、古来より疫病の難から逃れられると言い伝えのある、お加持を受けた「厄除け〝念仏赤餅″」が境内の売店でお求めていただけます。また、期間中は津幡町と小矢部市の菓子組合による和菓子などの販売も行われます。

◆念仏赤餅販売期間4月17日(土)~5月5日(水・祝) 9時~16時
(4月17日のみ念仏赤餅販売は11時~16時となります)。
**********************************************************************************************************************************
倶利伽羅(くりから)県定公園は、木曾義仲が奇襲作戦「火牛の計」を用いて平家の大軍を撃ち破ったことで有名な倶利伽羅古戦場で、倶利迦羅不動寺などの史跡の名所として親しまれている。
利伽羅公園一帯の見事な桜並木は、「昭和の花咲かじいさん」と呼ばれた高岡市の高木勝己氏が、20数年間に渡って約3,000本の八重桜を植栽したのが始まりです。
現在ではそれを受け継ぎ、約6,000本の八重桜が咲き誇り、夜間は提灯300個が点灯され、満開の八重桜がライトアップされます。
倶利迦羅不動寺に通じる道路の両脇に、ヤエザクラの並木が続き、連日観光客で賑わいます。

また、期間中、倶利迦羅不動寺境内で厄除けの念仏赤餅つきが行われ、古来より疫病の難から逃れられると言い伝えのあるつきたての念仏赤餅が参拝者に配られます。
例年の人出は約6万5000人。

夜桜 :(山頂ライトアップ期間)2021年4月17日(土)~5月5日(水・祝)
露店:八重桜まつり期間中出店あり
開園・閉園時間:24時間
住所:富山県小矢部市埴生字谷内2996-5
交通:あいの風とやま鉄道石動駅から車で約15分
クルマ:北陸道小矢部ICから約20分、能越道小矢部東ICから約20分
駐車場:200台、無料
     
【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://kankou.town.tsubata.ishikawa.jp/content/detail.php?id=159

目的お祭り大好き,大自然,桜花見,神社・寺,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅石動駅 (約4.6km) Google Transit

口コミ

4.03 か月前

平家の大軍との戦いで勝利を収めた古戦場。
いまは公園になっていますが、人も少なく穴場的な場所!
近くには古代の越(高志)の道や国指定重要文化財の埴生護国八幡宮があったり、散策するにはとても良いところでした。

5.01 年前

あの時代この辺りはどのような場所だったのでしょうか❓地形を知ることも戦には重要なことだと思います。
わざとそこへ相手を誘い出す、誘い込む。
相手の力を発揮させないことも重要です。

5.02 年前

りっぱな木がたくさん生えていました。

3.03 年前

八重桜が美しい公園です。

5.01 年前