2019/4/15~6/22 雪の大谷フェスティバル

富山県のイベント情報


2019/4/15~6/22 雪の大谷フェスティバル4.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年4月15日 ~ 2019年6月22日

立山黒部アルペンルート・室堂

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

春の立山黒部アルペンルートといえば、世界的にも有名な「雪の大谷」です!
室堂ターミナル周辺の道路に積もった雪を除雪してできる「雪の壁」で、壁が連なる約500mの区間のことを「雪の大谷」と呼びます。
「雪の大谷」は吹きだまりのため特に積雪が多く、その高さはなんと、20mに迫ることも!目の前にそびえ立つ雪の壁にわくわくしちゃいます。
「雪の大谷ウォーク」では、歩行者用通路として開放した片側を歩くことができ、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットです。
周辺にも冬に積もった雪が残り、一面真っ白の銀世界を楽しめます。大迫力の雪の壁を間近で見る迫力は想像以上!訪れた人にしか分からない感動があります!

開催期間 2019年4月15日(月)~6月22日(土)
開催時間 9:30~15:15(入場は15:00まで)
会場名 立山黒部アルペンルート・室堂
※室堂ターミナルより徒歩約3分
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂

料金 無料(会場までのアクセス有料)

アクセス ■北陸自動車道立山ICから車で40分(立山駅まで/室堂へは車の乗り入れ不可)
■富山地方鉄道立山駅から美女平まで立山ケーブルカーで7分/美女平から室堂まで立山高原バスで50分

期間中下記イベントを開催します。
演舞:佐々成政 おもてなし武将隊「“OMOTENASHI” SAMURAI SHOW」
開催期間 【室堂】5/13(月)〜5/17(金)【黒部ダム】5/20(月)〜5/24(金)
料金 観覧無料

武者行列:佐々成政武者行列「SAMURAI PARADE」
     戦国武将の富山城主、佐々成政を中心とした武者行列20人がウォーキングゾーンを行進します。
開催期間 2019年6月1日
開催場所 室堂雪の大谷フェスティバル会場
料金 無料

雪の迷路「Snow Maze」初夏6月でもまだ大量に残る立山の雪を利用した迫力満点のソリ遊び
雪の巨大迷路を家族や仲間とワイワイ楽しく一緒にくぐり抜けましょう!
さあ、迷わずゴールにたどり着けるかな?グループでタイムを競うのもいいですね。

【スノーパーク】5/10(金)〜5/19(日)
開催場所 室堂・アルプス広場
9:30~15:00(入場は15:00まで)
料金 入場無料(会場までのアクセス有料)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.alpen-route.com/

目的ここは行っとけ,スリル満点,一生の記憶に残る,大自然,山登り,日本の冬を感じる場所,観光名所,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅立山駅 (約13.1km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

10連休明け行きました、立山駅から室堂往復切符4310円、立山ケーブル駅で親切案内して頂けます、グループごとの切符発券だから、ケーブルバスはスムーズに途中バス中から落差日本一の称名滝ゆっくり見させて頂けます、室堂に着いたらゆっくり見れて雪の大谷30分、展望台からみくりが池周辺30分後は行き先のバス時間合わせグルメお土産買えます、開通4/15~6/22まで、開通から一番温かく天気良く最高でした。9割海外の方バスの隣は香港からのカップル、警備員さんに聞くと今は台湾の方が多いとか、アジア系の方が大人しく楽しんでられました、時期的に警備員に聞くと最初は歩ける道幅は狭く、連休中は人多くカニ歩きの横に歩かないとダメだった、連休明けはゆっくり楽しめました、雪の高さ16~20今年は少し低い15㍍でした。、6月最終日近くは高さ3㍍バスの高さぐらいまで溶けるそうです、だから最高でした。

5.01 か月前

長野県側からは黒部ダムへ何度か行ったが、雪深い富山県側から、雪の直立した「雪の大谷」に是非出かけてみたいと思ってました。
2019/5/5は晴天の天気で、雲がほとんど無い絶好の天気!
日本人なら一回は、雪の大谷を見るべき!
通常の場合には、カッパ等を持参しないと低温や風の寒さで、身に染みるので雨具は必需品です。
見物客の半数以上が外国人ばかりで、賑やかでした。
また、ここまで来るのには、数多のロープウェイ、ケーブルカー、電気バス等を乗り継いで来るので、団体客の場合には、集合時間前に行ってないと置いていからちゃうので要注意‥‥‥

5.01 か月前

GWあけの天気のいい日でした。室堂の気温は-2℃。
服装はヒートテック(半袖)、長T、トレーナー、ウルトラライトダウンで、みくりが池のほうまで歩いていくとちょっと汗ばむくらい。足元は雪だらけなのでトレッキングシューズ。こんな格好の中でもやっぱりスカートに素足?やヒールの強者もいました。雪の壁のところくらいなら大丈夫でしょうが。GWが過ぎてることもあり、そんなに混雑はなかったです。ゆっくりまわるなら、ツアーで立山で泊まりで行くべきですが、山の天候は運ですもんね。1週間前のツアーの方は悪天候でホテルに缶詰めだったそう。ホントに天気のいい日だったので、綺麗な夕日、夜空に天の川、流れ星が見れました。残念なのは雷鳥に会えなかったこと。その日は午前中には見たという情報があったので、朝早いほうが見れるのかもしれませんね。

4.0過去 1 週間以内

最近は、外国からの観光客が多い。
雪の壁に感動する外国の観光客のはしゃぎ様は、半端ない。
雪の壁に驚きます。
標高2,450mの立山室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯。中でも室堂付近にある「大谷」は、吹きだまりになっているため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。この「大谷」を通る道路を除雪してできる、高さ20mにも迫る巨大な雪の壁が「雪の大谷」。

5.01 か月前

20190428
長野県側から乗り継ぎ乗り継ぎ行きました。
ついにいけた!見た!感動した!
扇沢に9:00前に到着したのが大正解。
団体バスはまだ数台、スムーズにダムへ行けました。ダムからまた乗り継ぎ乗り継ぎ乗り継ぎやっと到着。周りは大陸語の方々がたくさん居ました。個人旅行は、恐らく9:00前には扇沢駅についていないと厳しいかも。