2019/6/1~6/2 桶狭間古戦場まつり(武者行列)

愛知県のイベント情報


2019/6/1~6/2 桶狭間古戦場まつり(武者行列)3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年6月1日 ~ 2019年6月2日

愛知県豊明市 桶狭間古戦場伝説地

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

永禄3年(1560年)に織田信長軍約3千人と今川義元軍2万5千人が戦った桶狭間の合戦を偲びます。
戦いの供養式典、史跡ガイドツアー、武者行列や合戦再現劇、太鼓や鳴子踊りの演舞、ハイキング大会、フリーマーケットなどが催されます。
一番の見どころは、300名を超える武者行列!
本格的な甲冑や煌びやかな着物を身にまとった人々が勇ましく勝鬨をあげます。
毎年6月第1土・日曜日開催。

開催場所 桶狭間古戦場伝説地、高徳院、沓掛城址、他
開催時間 6月1日 土曜日 9:00~12:00(イベントはございません、供養祭のみ)
6月2日 日曜日 9:00~16:00
料金 無料
交通アクセス:名鉄名古屋本線中京競馬場前駅から徒歩で5分

名鉄のハイキング 同日開催(6月2日(日))
受付時間 8時30分から11時00分まで
受付場所 前後駅
ハイキングコース 前後駅~三崎水辺公園~鹿嶋神社~沓掛城址公園~JRA中京競馬場~桶狭間古戦場伝説地~高徳院~有松駅

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://welcome-toyoake.jp/event/history/post_65.html

目的お祭り大好き,アクセス良好,グルメ,パレード,伝統民俗,家族向け,神社・寺,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅中京競馬場前駅 (約0.2km) Google Transit

口コミ

4.03 週間前

今川義元の最期の地にきました。地元のボランティアガイドさんに説明を聞きながら、現地を巡れます。同じよう尾張でもここらは今川領だったのでしょうか? 義元びいきの案内でした。供養碑や地元の方々が長い年月、義元を供養してきたことを説明します。いい領主だったのでしょう。

2.01 か月前

雨上がりの曇り空で訪問したせいか暗くて不気味でした。ただ、石碑一つ一つに武将人物の説明看板がありとても分かりやすく小学生の子供は真剣にメモを録り勉強していました。仕切りの無い公園ですが綺麗に掃除されていました。

3.03 週間前

教科書に載る有名な戦跡なのに見た目は小さな公園。少し暗い雰囲気ですが。土日はボランティアガイドの方が常駐しています。パンフレットは中京競馬場前駅南口の自転車置場にもあります。興味の有る方はスタッフの方に一声かけてみては。

4.03 か月前

豊明市栄町南舘の〔桶狭間古戦場〕はおそらく日本史の中でもっとも知られた古戦場だろう。様々な碑が建っている。
・史蹟桶狭間古戦場 
 昭和16年(1941)10月に建てられた碑。
・桶狭弔古碑 
 文化6年(1809)神官・氷室豊長が建立。尾張藩の儒学者・秦鼎が、今川軍の視点で描いた「桶狭間の戦い」などを刻む。
・今川治部大輔義元の墓 
 明治9年(1876)9月に有松の住人・山口正義らが建立。ここは以前は塚だった。
・七石表 (1号碑) 
 江戸時代に建てられた今川軍7人の戦死場所を示す碑。1号碑は今川義元の戦死場所を示す。7本中6本が伝説地内、1本(2号碑)は高徳院内にある。投稿写真は東面で「桶狭七石表之一」と彫られている(北面に「今川上総介義元戦死所)。
・香川景樹歌碑 
 あと問へば昔のときのこゑたてて松に答ふる風のかなしさ 景樹 
 香川景樹:江戸時代後期の歌人。明和5年(1768)-天保14年(1843)。
古戦場内の碑それぞれに豊明市による説明板が付いていて訪問者に親切な配慮がされている。上記の説明は説明板をベースとした。

5.06 か月前

こちら豊明市の桶狭間古戦場伝説地にも、今川義元本陣跡と説明があります。
この施設の北側には、煉瓦造りで時計台のある洋館があり、西側には高徳院という綺麗なお寺があり、寺院内に今川義元本陣跡の標柱と仏式墓石があります。
昔から桶狭間古戦場といえば国道1号線入ってすぐのこの伝説地ですが、近くの桶狭間古戦場公園と共に歴史散策して信長公の偉業を肌で感じられる地域にして頂きたいです。