8/9~8/12 本家高知市よさこい祭り「土佐の夜」

高知県のイベント情報


8/9~8/12 本家高知市よさこい祭り「土佐の夜」4.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月9日 ~ 2019年8月12日

高知県高知市帯屋町1丁目11 追手筋本部競演場他全16会場

高知で開催される「本家」よさこい祭りは、60年以上の歴史を誇り、毎年8月9日の前夜祭、8月10日と8月11日の本番、8月12日の全国大会と後夜祭の4日間にわたって高知県高知市で開催される祭り。
前夜祭の行われる9日には、約4,000発の花火を打ち上げる高知市納涼花火大会も開催されます。

四日間で延べ約100万人の人出があり、愛媛の新居浜太鼓祭り、徳島の阿波踊りとともに四国の三大祭りに数えられています。
祭り本番は市内9ヶ所の競演場・7ヶ所の演舞場で趣向を凝らした200チーム・約2万人が演舞を繰り広げます。

高知の夏の祭典「よさこい祭り」は、今では日本中で広く知られるところですが、そもそもの始まりは昭和29年、「市民祭」と「商店街の活性化」を兼ねてスタートしました。よさこい祭りは高知で詠いつがれてきた歌と、南国の情熱と、自由な気風がミックスされて生まれて、お隣の徳島の阿波踊りを対抗する形になります。

パレード形式で開催されるが、地方車(じかたしゃ)と呼ばれるトラックにPA機器を搭載し、踊り子がその後ろに連なってよさこい踊りを舞い、各演舞場を順番に回っています。
踊り子たちの衣装や化粧(概ね厚化粧)は凝っている場合が多く、仮装行列にもみえます。
現在ではサンバ、ロック、ヒップホップ、演歌、フラメンコ、フラダンスなど各々のチームが趣向を凝らした楽曲と振り付けを披露し、伝統を色濃く残す「正調」とともに観客を楽しませています。

ルール
チームあたりの参加人数は150人以下。
鳴子を持って前進する振り付け。
曲のアレンジは自由だが、よさこい鳴子踊りのメロディーを必ず入れる。
地方車は各チーム1台(必須)。安全の確保、過度の装飾競争を防ぐ等の理由から、大きさ等の仕様に制限がある。

アクセス JR高知駅から徒歩で15分
路面電車『蓮池町通』から徒歩約4分
高知龍馬空港から空港連絡バス乗車
『朝倉行』→『はりまや橋名産センター前』下車。徒歩約4分
『高知駅行』→『はりまや橋名産センター前』下車。徒歩約4分
高知ICから車で約15分

8月9日(金)
 祈願祭・記念式典 17:00~17:45  中央公園
 よさこい祭り前夜祭 18:30~22:00
 納涼花火大会    19:30~21:00  鏡川河畔 (みどりの広場)

8月10日(土)~ 8月11日(日)
よさこい祭り本番
踊 り 11:00 ~22:00 帯屋町アーケード
 11:30 ~22:00 中央公園
   12:30~21:30旭、上町、升形、万々、愛宕、菜園場、知寄町、梅ノ辻、京町、はりまや橋、秦、高知城、高知駅前の各競演場・演舞場
   13:30~17:30  本部追手筋競演場 昼の部 
   18:00~21:45 本部追手筋競演場 夜の部 
     
8月12日(月・祝日)
よさこい全国大会 12:30~ 全国大会開会式(高知城)本部追手筋競演場
         13:30~21:30 2018全国大会  中央公園・帯屋町商店街・高知城
よさこい祭り後夜祭18:30~19:00 受賞チーム表彰式
         19:00~22:00 後夜祭 中央公園

高知駅前演舞場
1チーム毎、回遊式で約10分間の演舞を行います。
当日踊りに参加されれる一般の方は、受付が必要です。
演舞本番前に、参加者全員で正調踊りの練習をおこないます。 
昼の部■受付 12:00~14:00 演舞開始 15:00
夜の部■受付 16:00~18:00 演舞開始 19:00
※両日ともに、各定員50名(予定)

屋根付きの無料桟敷席があります。年配の方やお子様連れの方は、ぜひご利用ください。
満席の際には、入場を制限させていただく場合があります。

http://www.cciweb.or.jp/kochi/yosakoiweb/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,体験,家族向け,男性好み,観光名所,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅高知駅 (約0.8km) Google Transit

近くのスポット

約3.4km
約15.1km
約21.8km
約44.6km
約46.2km
約64.4km
約73.2km
約73.8km