2019/7/14~7/15 塩竈みなと祭

宮城県のイベント情報


2019/7/14~7/15 塩竈みなと祭4.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月14日 ~ 2019年7月15日

宮城県塩竈市 志波彦神社・鹽竈神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

「塩竈みなと祭」は、7月の海の日に開催され、海上の安全と大漁を祈願し、日本三大船祭りとして名を馳せているお祭りです。
東北の夏祭りの先陣を切るお祭りとして盛大に開催されています。

宮城県塩竈市にある志波彦(しわひこ)神社・陸奥国一之宮鹽竈(しおがま)神社のお神輿を、御座船となる「鳳凰丸」「龍鳳丸」に乗り入れ奉安し、吹流しやのぼりをなびかせた約100隻の供奉船を引き連れて、大漁旗を掲げ太鼓や笛などを鳴らしながら神輿海上御渡する祭りです。
海の祭典としては全国有数の規模であり、市中心部では「よしこの塩釜踊り」などのパレードが繰り出され,市内を練り歩きます。
さながら平安絵巻を見るようで、勇壮な祭りです。

前夜祭と本祭に分かれている塩竈みなと祭は、花火・縁日・海上神輿渡御・陸上パレードと、陸海空で楽しいイベントが行われます。
音楽ステージやダンスなどもあります。

本祭りのスケジュールは、10:30に神輿海上渡御開始から始まり、12:00に三部に分かれて行進される陸上パレード、14:00からは約15分と短い時間になりますが、供奉船に先着200名様限定で乗る事が出来ますので、体験乗船をしたい方はマリンゲート塩釜に開設される受付に行きましょう。
旗をたなびかせながら列をなして走る船団はとても爽快で迫力あります。

神輿渡御の見どころは、
①志波彦神社・鹽竈神社の神輿2基が202段の表坂をご同列で下りられるとき、
②それぞれの神輿が御座船「龍鳳丸」・御座船「鳳凰丸」に奉安され、大漁旗を掲げた約100隻もの供奉船を従えて海上渡御(※1)御発船のとき、
③海上渡御から戻られたそれぞれの神輿を「塩釜甚句」がうたわれる中、1日神輿を担ぎ続けた輿丁(白装束の氏子の男性)が最後の力を振り絞り、202段の石段を登って行く神輿還御のとき
※1)神輿海上渡御:陸奥国一之宮「志波彦神社」・「鹽竈神社」の御神輿を奉安した御座船「龍鳳丸」・「鳳凰丸」が日本三景松島湾を巡幸します。

交通:JR仙石線本塩釜駅から徒歩10分、または東塩釜駅から徒歩10分
例年の人出:約7万5000人
人気度:宮城県内で1位

前夜祭:縁日広場・ステージショー・花火大会
 日時/2019年7月14日(日)~20:50頃
塩竈みなと祭(前夜祭)と言えば、まずは約10,000発ほどの「花火大会」7月14日 20:00~20:50に開催します。
その他、普段間近で見れない海上保安庁で使われている巡視船・測量船や洋上救助訓練などを見る事が出来ます。
お子様が大喜びをする数々の屋台がひしめき合う縁日広場は、15:00~20:50で営業しています。
他にもステージパフォーマンスなども同時に楽しむ事が出来ます。

本 祭:海上神輿渡御・陸上パレード・よしこの塩竈踊りコンテスト
 日時/2019年7月15日(月・海の日)10:00~19:00頃

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://kankoubussan.shiogama.miyagi.jp/

目的お祭り大好き,パレード,パワースポット,ビーチがある,大自然,家族向け,日本の花火,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅本塩釜駅 (約0.9km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

散歩でよくお邪魔します。神社境内からは塩釜港を一望できるほか、春は早咲きから遅咲きまでしばらく桜が咲くため、花見としても最適です。夜間ライトアップします。
夏は塩釜みなと祭りの花火大会が見れるなど観光にいいほか、式折々に定期的に祭りが行われ信心深さが伺えます。

5.03 週間前

こちらにお参りに来るとこころが洗われるような、そんな神聖な気持ちになります。
人生の分岐点によく訪れる神社です。
表参道からの階段はかなり急で長いですが登って行くたびに心が晴れ晴れするような感じがします。
駐車場から行くと裏参道からで、塩釜港が一望でき、とても綺麗な景色が見れますよ。
背中を押してもらえる気がする神社です。

5.04 週間前

支波彦神社と鹽竈神社。
敷地も広く 街中なのに沢山の自然が
感じられる場所でした!!
とても神聖で 大きく深呼吸するたび
パワーを感じ取れる神社でした。
通りから向かう場合は(表参道)200段を超える
ちょっと急勾配な階段が待ち構えてるので
ゆっくり 休み休み上がると良いかもです。
ツラく大変な思いをした後には 素晴らしい
景観が待ってます!!
是非 表参道から鹽竈神社へ!!
↑ ↑ ↑ 地図あり
第一駐車場から七曲坂を下り 表参道へ出て
数十メートル直進した後 右手に鳥居と
階段が見えてきます。

5.01 週間前

駐車場が広く駐車しやすいです。お賽銭箱が2つあり右と左に別に鳴らす鈴があります。つまり、2か所お賽銭をするようになっています。不思議な形式にどっちにしようとか両方しなくてはならないのかと悩みました。結局どちらかにしたと思います。そういう境内があと2か所ぐらいありました。

5.03 週間前

陸奥國 一ノ宮 鹽竈神社(しおがまじんじゃ)。
R1/7/31 参拝。
福島出張の前泊を利用して、ここまでやって来ました。
この日は前日までの過ごしやすさが嘘のような猛暑。タクシーのドライバーさんに聞くと38度!駅から20分弱の距離を歩く気は失せました…
本来なら表参道からが良いのでしょうが、物凄い石段に圧倒されタクシーに促されるまま裏参道の駐車場へ到着。ここからは同じ敷地内にある志波彦神社の方が近いのでまずそちらに。
そこで参拝をした後に神馬舎前の鳥居をくぐり東神門へ。この周辺から神域へ入った感じがして心が安まりました。汗は止まりませんが…
境内に入ると左手に絵馬殿、更に進むと右手に豪奢な唐門があります。二条門と比べたら小振りですが、非常に美しいです。私の中では今まで観た唐門の中でベスト5には入ります。
その前の手水舎で身を清め、いよいよ中へ。ここには本殿が3つあり、正面には左右宮、右手に別宮となっています。これらも最近修復されたのでしょうか、朱色を基調に美しい姿になっていました。
私のこの神社一押しスポットは随神門から表参道を見下ろした景観です。好天に恵まれた事もあり息をのむ美しさでした。鳥居の前にあるお店すら気にならない程でしたとも!

駐車場は先に挙げたとおり裏参道(東参道)の先に2つ無料駐車場あります。見た目で言うと200台以上停められそう。
御朱印は拝殿正面にある授与所で頂けます。ここでは見開きで志波彦神社とセットで記帳して頂けます。志波彦神社も参拝してて良かった!