2019/7/14~7/15 塩竈みなと祭

宮城県のイベント情報


2019/7/14~7/15 塩竈みなと祭4.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月14日 ~ 2019年7月15日

宮城県塩竈市 志波彦神社・鹽竈神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

「塩竈みなと祭」は、7月の海の日に開催され、海上の安全と大漁を祈願し、日本三大船祭りとして名を馳せているお祭りです。
東北の夏祭りの先陣を切るお祭りとして盛大に開催されています。

宮城県塩竈市にある志波彦(しわひこ)神社・陸奥国一之宮鹽竈(しおがま)神社のお神輿を、御座船となる「鳳凰丸」「龍鳳丸」に乗り入れ奉安し、吹流しやのぼりをなびかせた約100隻の供奉船を引き連れて、大漁旗を掲げ太鼓や笛などを鳴らしながら神輿海上御渡する祭りです。
海の祭典としては全国有数の規模であり、市中心部では「よしこの塩釜踊り」などのパレードが繰り出され,市内を練り歩きます。
さながら平安絵巻を見るようで、勇壮な祭りです。

前夜祭と本祭に分かれている塩竈みなと祭は、花火・縁日・海上神輿渡御・陸上パレードと、陸海空で楽しいイベントが行われます。
音楽ステージやダンスなどもあります。

本祭りのスケジュールは、10:30に神輿海上渡御開始から始まり、12:00に三部に分かれて行進される陸上パレード、14:00からは約15分と短い時間になりますが、供奉船に先着200名様限定で乗る事が出来ますので、体験乗船をしたい方はマリンゲート塩釜に開設される受付に行きましょう。
旗をたなびかせながら列をなして走る船団はとても爽快で迫力あります。

神輿渡御の見どころは、
①志波彦神社・鹽竈神社の神輿2基が202段の表坂をご同列で下りられるとき、
②それぞれの神輿が御座船「龍鳳丸」・御座船「鳳凰丸」に奉安され、大漁旗を掲げた約100隻もの供奉船を従えて海上渡御(※1)御発船のとき、
③海上渡御から戻られたそれぞれの神輿を「塩釜甚句」がうたわれる中、1日神輿を担ぎ続けた輿丁(白装束の氏子の男性)が最後の力を振り絞り、202段の石段を登って行く神輿還御のとき
※1)神輿海上渡御:陸奥国一之宮「志波彦神社」・「鹽竈神社」の御神輿を奉安した御座船「龍鳳丸」・「鳳凰丸」が日本三景松島湾を巡幸します。

交通:JR仙石線本塩釜駅から徒歩10分、または東塩釜駅から徒歩10分
例年の人出:約7万5000人
人気度:宮城県内で1位

前夜祭:縁日広場・ステージショー・花火大会
 日時/2019年7月14日(日)~20:50頃
塩竈みなと祭(前夜祭)と言えば、まずは約10,000発ほどの「花火大会」7月14日 20:00~20:50に開催します。
その他、普段間近で見れない海上保安庁で使われている巡視船・測量船や洋上救助訓練などを見る事が出来ます。
お子様が大喜びをする数々の屋台がひしめき合う縁日広場は、15:00~20:50で営業しています。
他にもステージパフォーマンスなども同時に楽しむ事が出来ます。

本 祭:海上神輿渡御・陸上パレード・よしこの塩竈踊りコンテスト
 日時/2019年7月15日(月・海の日)10:00~19:00頃

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://kankoubussan.shiogama.miyagi.jp/

目的お祭り大好き,パレード,パワースポット,ビーチがある,大自然,家族向け,日本の花火,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅本塩釜駅 (約0.9km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

東北では知らない人のいない、格式高い神社です。街から急傾斜の大階段を昇って参拝すれば、何ともいえぬ達成感を味わえます。もちろん、近くの駐車場からサクッと歩くのもよしです。歴史と威厳を感じる境内の様々なお宮を参拝したり、よく整備された庭園を散策したり、有名な「うまくいく守り」を記念に購入するなどホッとする時間を過ごせます。参拝で歩いてお腹が空かせた後は、塩釜名物のお寿司をぜひ満喫して帰りましょう。

5.01 か月前

「しおがまさま」で親しまれる1200年の歴史がある陸奥国一の宮の神社です。お塩あるいは潮汐(転じてライフサイクル)を司る神様「塩土老翁神(シオツチオジノカミ)」の総本山です。

平安時代からの珍しい遅咲き八重桜「鹽竈桜」が有名です。

主祭神は西側の別宮(特別なお宮)に祀られています。正面にある左右宮はそれぞれ武甕槌神(タケミカヅチノカミ)、経津主神(フツヌシノカミ)です。

陸奥国府(東北太平洋側の庁舎)と鎮守府が置かれた多賀城に隣接し、当時の日本国の北端が福島から宮城へ拡大したため陸奥国一の宮となったそうです。

社殿には日光東照宮の雰囲気があります。伊達綱村により日光東照宮改修の技術者を呼んで改修したからだそうです。

見開きで志波彦神社とセットの御朱印を頂くことができます。

東側の道路から入る広い無料駐車場があります。表参道のふもとに駐車場はありません。

#letsguide #御朱印 #パワースポット #名所 #総本山

5.01 か月前

いつ訪れても立派な神社です。
昭和、平成と何度か参拝し、子供のお宮参りでもお世話になりました (*´∀`)
令和限定の御朱印が頂けるという事でまた参拝に来ました‼️
朝一番で、参拝客も少なくゆったりと清々しい気持ちでした。
朝の神社参拝も気持ちがイイものだと思わされました。
いろいろなパワーを得ていればイイな (*´∀`)❤️

令和限定の御朱印は、5月いっぱいまでやっているそうで、
御朱印は、朝の10時から受け付けているとの事です。

5.02 週間前

「しおがま_じんじゃ」
狛犬は口が開いているのが「あ」、閉じているのが「ん」です。始まりと終わりですね。阿吽(あうん)の呼吸といいますね。参拝は本来的にはあうんの順ですが、逆にすると特別な意味になりますね。新橋の鹽竈神社は分祀ではなく、政宗公が同格にしたので掛け持ちになる鹽竈様なのです。社殿自体は綱村公時代に造営されています。その後は現在地に遷座されて一般庶民も参拝する恩恵にあずかりました。伊達家は当主のみ仙台市で他は東京暮らしされています。鹽竈様には特別な思いがあったのですね。鹽竈様はパワーも強いので純粋な心で参拝されると何かがお返しにきます。言葉というより感覚的に伝わってくるでしょう。
 拝殿の見所は屋根は銅板葺きで鬼瓦の装飾があります。正面の木組みは華やかで木鼻は阿吽の獅子になっています。その他、波模様の彫刻が見事です。屋根の反りは曲げたものではなく、木の重ね合わせで曲線を作り上げます。建築様式も観察すると面白さがあります。
 鹽竈神社は志波彦神社と共に鳥居が「明神鳥居」です。神仏習合祭祀形態なのかと思うものの歴史を遡ると「鹽竈大明神」と呼ばれた時期があり、それが、明神鳥居の造立の由縁なのでしょう。燈籠についても仏教由来の形状と神道系の2種類が見られます。見回すと伊達藩らしさがみられるのは興味深いですね。

 御守りを紛失した時は、役目を果たしていますから何か思い当たる事があるはずです。鹽竈様にお礼をいいましょう。鹽竈様は私の感覚ではサッカーがお好きと感じられます。特にワールドカップでは過激な御告げがあります。サッカー関係者が参拝するといい事があるかもしれませんね。
 左右宮の向かって右側が左宮で祭神は鹿島神宮の主神である「タケミカヅチ」が祀られています。サッカーの起源である蹴鞠説は中国から伝わった「蹴鞠(けまり)」が鹿と関わる事と武闘の神様ですから鹿島神とサッカーが結び付くと考えられます。ヨーロッパ起源とする場合でも武闘につながる事から「タケミカヅチ」につながります。右宮の「フツヌシノカミ」も武闘的な神で、海と水に関する祈願は別宮の鹽竃神社主祭神である「塩土老翁神(シオツチノオジ)」となります。鹿島神は鹿に跨がったり、鯰(ナマズ)を制圧したりする日本では最古の祭神とされています。

***ナンジャモンジャ(一つ葉タゴと思われる)の木は車の祈祷所のすぐ北にある斜面です。志波彦神社前から庭園を右に見ながら通路を進みますと左手には御文庫、右に事務所があります。前方に車祓所(車の祈祷所)があり方形の囲みになっています。そこから車両通路を歩くとすぐ左側の斜面に立て札があり表示されています。
 七曲がり坂には神様の湧き水が出ています。***

4.01 か月前

歴史ある神社です
綺麗に手入れされている庭園が素晴らしいです。高台にあるので眺めも最高‼️
切り出された太い幹から新たに木が二種類程?出てました‼️
お茶屋さんがあり、三色だんごがあり、これがかなり美味しい‼️