2019/7/19 管絃祭

広島県のイベント情報


2019/7/19 管絃祭4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月19日 ~ 2019年7月19日

広島県宮島 嚴島神社及びその周辺の摂社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

管絃祭[かんげんさい]は広島県廿日市市の厳島神社で旧暦 6月17日に行なわれる海上渡御の祭りです。
大阪の“天神祭”、松江の“ホーランエンヤ”とともに日本三大船神事にかぞえられる嚴島神社最大の神事です。
船神事であることから、潮の干満を考慮し大潮の日に調整しておこわれ、満月の灯りに照らされながら本殿に還ってくる管絃船の風雅な姿は真夏の瀬戸の海を舞台に繰り広げられた一大平安絵巻を思わせます。

15時  発輦祭(はつれんさい)
16時  御本殿出御
16時40分 大鳥居前の儀
18時  火建岩
19時20分 地御前神社
20時40分 長浜神社
21時30分 大元神社
22時10分 御本殿前(火焼前)
22時30分 客(まろうど)神社前
23時  御本殿還御

平安貴族たちが邸内の池や川に船を浮かべて管弦を奏していたのを,平清盛が三人の姫神様~市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命~を祀るために厳島神社に移したのが始まりと伝ります。
午後4時に出御祭があり,大鳥居前から,御鳳輦(ごほうれん)を乗せた御座船が呉市阿賀町と広島市江波町の船に曳航されて出発し、船内では管弦奉奏を繰り広げながら、軸先の左右に篝火を焚き、二十数個の提灯に灯りを燈した華やかなその姿を暗い海に映し、瀬戸の波に進んでいく神事を執り行います。
その後島に戻って,長浜神社,大元神社,本社前,客人神社の各所で管弦を奏で,深夜に還御となります。
神事のクライマックスは23時~24時ごろ、対岸の地御前から宮島へと帰ってくる御座船は、長浜神社大元神社前松人が手に持つ提灯の灯り(提灯行列)に迎えられ祭典を行った後、大鳥居をくぐって厳島神社内の客神社前で祭典と管弦が奉奏です。
24時頃本殿に御祭神が戻りますが、この時に御祭神に触ると御利益にあずかれると言い伝えがあり、多くの人が御祭神に集まります。
管弦は,三絃(和琴,琵琶,箏),三鼓(羯鼓,太鼓,鉦鼓),三管(笙,笳〈→篳篥〉,笛)を用いて合奏し,唐楽,催馬楽,朗詠などを奏でます。
地御前神社周辺には多くの屋台が出店され、お祭りの雰囲気をさらに盛り上げます。

交通:JR山陽本線・宮島口駅からフェリーで約10分
管弦祭は深夜まで行われますが、フェリーの臨時便が運行されますので、祭りが終わってから広島市内に戻ることができます。

管絃祭協賛ちょうちん行列:
ちょうちん行列は長浜神社へ帰ってくる御座船をちょうちんで迎え、その後厳島神社まで移動する際の行列です。
このちょうちんは無料で配られます(数の限りがあります)。
提灯を受け取り、行列に参加した方は厳島神社の本殿でお祓いを受け、クライマックスが見れます。
場所 長浜神社→嚴島神社
時間 午後8時頃

http://visit-miyajima-japan.com/en/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,パレード,パワースポット,世界遺産,伝統民俗,夜景,神社・寺,観光名所,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅広島駅 (約18.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

写 真 撮 影 ス ポ ッ ト を 紹 介 し ま す 。
市内からフェリーにて宮島へ向かう際、比較的大鳥居の近くを通りますので海からの撮影は是非行きの船にて。大鳥居の中心に本殿が入るタイミングも行きが狙い目。神社方面へ降りて右手に進むと綺麗な砂浜や自然石の石垣があり、松の木や鹿と一緒に。石の鳥居をくぐり神社までも景色が良く大鳥居の撮影スポットです。受付から厳島神社へ入ると廻廊を通り本殿まで朱に塗られた神社は全て美しいです。私は叶いませんでしたが満潮時の海に浮かぶ厳島神社に合わせ訪問したい所で、行程の調整ができれば是非。本殿の中の中心から、海へせり出した、火焼前石灯籠、大鳥居まで一直線の景色もまた良いです。石灯籠まで行き大鳥居の撮影も混雑しますが一番近くで撮影できるスポット。満潮時に海に建つ大鳥居と、干潮時に足元まで行って真近で撮影も人気。能舞台や一番長い廻廊、長橋は満潮時や夕方、紅葉の秋などが最高に良い雰囲気かと思います。まだ書ききれませんが次は絶対満潮時や夕方に行きたいです。
2017年10月に訪問。

5.01 週間前

広電始発で8時前に到着しました。早朝は人もまばらでゆっくり拝観できました。まだ引き潮直後だったので海に浮かぶ厳島を見れなかったので次回は是非満潮時に行きたいと思います。

広島中心地からは広電始発に乗車して1時間程で宮島口に到着。そこからフェリーで10分弱で1時間半見ておけば宮島へ着きます。

5.01 週間前

美しく、神聖で、素晴らしいところでした。
子供たちは船に乗って喜び、鹿の可愛い姿、たくさんの土産物店などに喜んでいました。
私は引き潮でたくさんの人々が鳥居のすぐ近くまで歩いて行っていたことに驚きました。
海水浴や山登りもできるのですね。
次は泊まりでゆっくり訪れたいです。

5.0過去 1 週間以内

海も綺麗で鹿もいて癒され、大鳥居も厳島神社ももちろんいいですが、島自体が時間がゆっくり流れているような気がします。のんびりしたい人はお土産屋さんを見て美味しいものを食べて。弥山という山もあり、その頂上からの眺めはミシュランガイドにも載っているとかで、外人の方がかなり多く登っていました。私は宮島4回目ですが、今回初めて弥山に登りましたが、ロープウェイも使ったので、次は使わず秋にまた登る予定です。何回行っても新しい発見があり大好きな場所です。

5.02 週間前

天気はあいにくの曇りでしたが、荘厳な感じがありました。フェリーで着くと、沢山のお店を通りながら参道を進みます。途中、食べログで調べたら、牡蠣屋というお店が1番の高評価だったので独占牡蠣定食を食べました。旬ではないですが、とても美味し買ったです。鳥居をくぐると参道からも有名な水上な鳥居が見えるようになります。鳥居を右に見ながら、そのまま境内に入っていくと、朱色の綺麗な廊下が続き、主殿で参拝、舞殿を見てからお札を買って出口に進みました。途中、能舞台?や特徴的な橋も見えました。あたりには鹿が沢山いてとても和みます。外国の方も多いですが、アジア系ではなく、欧米系の方が多かったです。