2018/7/29 管絃祭

広島県のイベント情報


2018/7/29 管絃祭4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年7月29日 ~ 2018年7月29日

広島県宮島 嚴島神社及びその周辺の摂社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

管絃祭[かんげんさい]は広島県廿日市市の厳島神社で旧暦 6月17日に行なわれる海上渡御の祭りです。大阪の“天神祭”、松江の“ホーランエンヤ”とともに日本三大船神事にかぞえられる嚴島神社最大の神事です。船神事であることから、潮の干満を考慮し大潮の日に調整しておこわれ、満月の灯りに照らされながら本殿に還ってくる管絃船の風雅な姿は平安絵巻を思わせます。

15時  発輦祭(はつれんさい)
16時  御本殿出御
16時40分 大鳥居前の儀
18時  火建岩
19時20分 地御前神社
20時40分 長浜神社
21時30分 大元神社
22時10分 御本殿前(火焼前)
22時30分 客(まろうど)神社前
23時  御本殿還御

平安貴族たちが邸内の池や川に船を浮かべて管弦を奏していたのを,平清盛が三人の姫神様~市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命~を祀るために厳島神社に移したのが始まりと伝ります。午後4時に出御祭があり,大鳥居前から,御鳳輦(ごほうれん)を乗せた御座船が呉市阿賀町と広島市江波町の船に曳航されて出発し、船内では管弦奉奏を繰り広げながら、軸先の左右に篝火を焚き、二十数個の提灯に灯りを燈した華やかなその姿を暗い海に映し、瀬戸の波に進んでいく神事を執り行います。
その後島に戻って,長浜神社,大元神社,本社前,客人神社の各所で管弦を奏で,深夜に還御となります。
神事のクライマックスは23時~24時ごろ、対岸の地御前から宮島へと帰ってくる御座船は、長浜神社大元神社前松人が手に持つ提灯の灯り(提灯行列)に迎えられ祭典を行った後、大鳥居をくぐって厳島神社内の客神社前で祭典と管弦が奉奏です。
24時頃本殿に御祭神が戻りますが、この時に御祭神に触ると御利益にあずかれると言い伝えがあり、多くの人が御祭神に集まります。
管弦は,三絃(和琴,琵琶,箏),三鼓(羯鼓,太鼓,鉦鼓),三管(笙,笳〈→篳篥〉,笛)を用いて合奏し,唐楽,催馬楽,朗詠などを奏でます。
地御前神社周辺には多くの屋台が出店され、お祭りの雰囲気をさらに盛り上げます。

電車:JR山陽本線・宮島口駅からフェリーで約10分
管弦祭は深夜まで行われますが、フェリーの臨時便が運行されますので、祭りが終わってから広島市内に戻ることができます。

管絃祭協賛ちょうちん行列:ちょうちん行列は長浜神社へ帰ってくる御座船をちょうちんで迎え、その後厳島神社まで移動する際の行列です。このちょうちんは無料で配られます(数の限りがあります)。提灯を受け取り、行列に参加した方は厳島神社の本殿でお祓いを受け、クライマックスが見れます。
場所 長浜神社→嚴島神社
時間 午後8時頃

http://visit-miyajima-japan.com/en/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,パレード,パワースポット,世界遺産,夜景,神社・寺,観光,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅広島駅 (約18.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

御朱印を頂きに参りました。近いのに遠くて7、8年振りに伺いましたが、オシャレな店構えのお店がとても多くなっていました。ちょうど桜が見頃でどこをみても良い景色でした。以前よりもシカさんの数が少なくなったような気がします。

ご存知、日本三景・世界遺産・パワースポットの宝庫です。
そして、海外の方と会話が出来るチャンスが多い場所でもあります。

観光客向けにグルメの種類も少しずつ増えてきているように感じました。個人的にここで頂ける焼き牡蠣が一番美味しいと思います。
17時までにお店を閉める店舗が多いので狙いのお店はお早めに…。

車については速度規制や離合が難しいポイントが多数ありますので、徒歩で周るのがオススメかと思います。

以下、所要時間です…(目安にどうぞ)

宮島→大鳥居(15〜20分)
大鳥居→厳島神社(5分)
厳島神社内(2、30分程度)
厳島神社→ロープウェイ入口(全て徒歩2〜30分)
ロープウェイ入口→弥山(乗換あり30分程度)
※弥山は地上よりも気温が下がるので、余分に上着が必要かと思われます(特に女性の方はご注意ください)。

(その他の場所は時間が無くて回れませんでした)

5.01 か月前

3回目の参拝です。
広島の世界遺産厳島神社です。

入口で入場料を支払います。
御朱印も手書きでいただけます。
潮の状況により色々な顔が楽しめる神社です。

作られた建物と自然の力でより美しさが引きだっている気がします。
私が行った時はそこまで混んでいませんでした。
時期にもよるかと思いますが、ゆっくり見れました。

広島から宮島へはフェリーで約10分
2社ありますが、どちらでも同じです。
時間がちょうどいいほうで行くことをお勧めします。
往復でも片道でも料金は同じ。
だとしたら、帰りにちょうどいい時間を待った方がいいので片道で買うことをお勧めします。

フェリー乗り場から歩いて神社まで行けます。
行く途中にも写真スポットなどがあり、楽しめます。

4.0過去 1 週間以内

広島市の平和公園近くから、世界遺産クルーズ船に乗って45分。厳島に到着。世界遺産です。野生の鹿がうろついております。あなご飯の幟がはためいております。牡蠣のから焼き。香ばしい香りに満ち満ちております。荘厳な本殿。イタリア語やスペイン語のガイドさんが頑張っております。豊国神社の千畳閣、多宝塔も、是非行ってみましょう。

5.02 週間前

世界文化遺産の厳島神社。とりあえず船で宮島まで渡ります。他の観光地とは異なり、この非日常的なアクセス方法で、テンションのギアが勝手に一速上がります。牡蠣イカダや、海にたたずむ鳥居を眺め宮島に到着。
まずは海沿いの道を歩いて、神社入り口まで向います。道中では、多くの鹿が出迎えてくれます。餌やり禁止なので、その点はご注意を。
そしていよいよ神社内へ。満潮で海に浮かぶ神社を是非! と期待しましたが、今回は残念ながら干潮でした。それでも鮮やかな朱色の建物は、神秘的な雰囲気を醸し出し、来て良かったと素直に思えました。神社自体はもちろん素敵ですが、そこから見える景色も最高です。
神社を抜けてからも、歴史ある建物や、艶やかな庭園などなど、色々と目を楽しませてくれます。
フェリー乗り場への帰り道は、海岸沿いから一本入った参道をお散歩。揚げもみじ饅頭、焼牡蠣、蒸し牡蠣、地ビールやバラエティー豊かな民芸品、規模もさることながら、中身も濃くて飽きません。
神社はもちろん魅力的ですが、周辺にも楽しめるコンテンツ盛りだくさんの、行って間違い無しの世界遺産です。見どころ豊富で駆け足になってしまうので、宮島で一泊するのも良いかもしれません。

5.0過去 1 週間以内

20数年ぶりに訪れたら、まぁ土曜日だからか、人の多いこと‼
京都の錦町にも劣らぬ食べ物屋さんがいっぱい!広島の食べたいものが、いっぱい食べられます。
厳島神社を回ったあとにおすすめです。