2020/8/6 管絃祭

広島県のイベント情報


2020/8/6 管絃祭4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年8月6日 ~ 2020年8月6日

広島県宮島 嚴島神社及びその周辺の摂社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

管絃祭[かんげんさい]は広島県廿日市市の厳島神社で旧暦 6月17日に行なわれる海上渡御の祭りです。
大阪の“天神祭”、松江の“ホーランエンヤ”とともに日本三大船神事にかぞえられる嚴島神社最大の神事です。
船神事であることから、潮の干満を考慮し大潮の日に調整しておこわれ、満月の灯りに照らされながら本殿に還ってくる管絃船の風雅な姿は真夏の瀬戸の海を舞台に繰り広げられた一大平安絵巻を思わせます。

15時  発輦祭(はつれんさい)
16時  御本殿出御
16時40分 大鳥居前の儀
18時  火立岩
19時20分 地御前神社
20時40分 長浜神社
21時30分 大元神社
22時10分 御本殿前(火焼前)
22時30分 客(まろうど)神社前
23時  御本殿還御

平安貴族たちが邸内の池や川に船を浮かべて管弦を奏していたのを、平清盛が三人の姫神様~市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命~を祀るために厳島神社に移したのが始まりと伝ります。
午後4時に出御祭があり,大鳥居前から、御鳳輦(ごほうれん)を乗せた御座船が呉市阿賀町と広島市江波町の船に曳航されて出発し、船内では管弦奉奏を繰り広げながら、軸先の左右に篝火を焚き、二十数個の提灯に灯りを燈した華やかなその姿を暗い海に映し、瀬戸の波に進んでいく神事を執り行います。
その後島に戻って、長浜神社、大元神社、本社前、客人神社の各所で管弦を奏で,深夜に還御となります。

神事のクライマックスは23時~24時ごろ、対岸の地御前から宮島へと帰ってくる御座船は、長浜神社大元神社前松人が手に持つ提灯の灯り(提灯行列)に迎えられ祭典を行った後、大鳥居をくぐって厳島神社内の客神社前で祭典と管弦が奉奏です。
24時頃本殿に御祭神が戻りますが、この時に御祭神に触ると御利益にあずかれると言い伝えがあり、多くの人が御祭神に集まります。
管弦は,三絃(和琴、琵琶、箏)、三鼓(羯鼓、太鼓、鉦鼓)、三管(笙、笳〈→篳篥〉、笛)を用いて合奏し、唐楽、催馬楽、朗詠などを奏でます。
地御前神社周辺には多くの屋台が出店され、お祭りの雰囲気をさらに盛り上げます。

管絃祭協賛ちょうちん行列:時間 午後8時頃
ちょうちん行列は長浜神社へ帰ってくる御座船をちょうちんで迎え、その後厳島神社まで移動する際の行列です。
このちょうちんは無料で配られます(数の限りがあります)。
提灯を受け取り、行列に参加した方は厳島神社の本殿でお祓いを受け、クライマックスが見れます。

開催日:2020年8月6日(旧暦旧暦 6月17日)
開催地:広島県廿日市市宮島町1162-18 宮島
交通:JR山陽本線・宮島口駅からフェリーで約10分
管弦祭は深夜まで行われますが、フェリーの臨時便が運行されますので、祭りが終わってから広島市内に戻ることができます。



【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://visit-miyajima-japan.com/en/

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,パレード,パワースポット,海・ビーチ,世界遺産,伝統民俗,夜景,神社・寺,観光名所,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅宮島口駅 (約2.4km) Google Transit

口コミ

4.05 か月前

豪壮な建築をするには向かないような海辺の砂浜に、よくこれだけのものを作ったものだと行く度に感心させられます。今の規模の社殿は千年近くの歴史があるそうですから、設計、造営のレベルの高さも感じられます。満潮時も引潮時もそれぞれ特徴のある素晴らしい景観を楽しめます。
船で着いてから神社とその周辺まで、観光地として申し分無く整備されていて、歩き回ったり、食事や一寸休憩もお土産選びも、楽しく快適に過ごせます。
少しタイトになりますが、神社を見て、さらにロープウェーで弥山登山も日帰りでできないことはありません。
宮島に泊まるところは沢山あります。広島駅から宮島口までJRで30分ですので、広島起点で日帰り観光も可能です。

5.01 年前

日本三景の一つ、世界遺産です。潮の満ち引きによる変化する景色も素敵です。厳島神社(いつくしまじんじゃ)、公式表記:嚴島神社は、広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社です。自然と一体化した、特別な神社です。式内社(名神大社)、安芸国一宮です。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社でもあります。神紋は「三つ盛り二重亀甲に剣花菱」となっています。古くは「伊都岐島(いつくしま)古くは「伊都岐島神社」とも記された。全国に約500社ある厳島神社の総本社です。平成8(1996)年12月にユネスコの世界文化遺産に「厳島神社」として登録されています。
広島県広島湾に浮かぶ厳島(安芸の宮島)の北東部、弥山(みせん)標高535m北麓に鎮座しています。厳島は一般に「安芸の宮島」とも呼ばれ日本三景の1つに数えられています。
平家からの信仰で有名で、平清盛により、現在の海上に立つ大規模な社殿が整えられました。社殿は現在、本殿・拝殿・回廊など6棟が国宝に、14棟が重要文化財に指定されています。海上に浮き立つような社殿により、他に無い空間が広がっています。その他、平清盛の納めた平家納経を始めとした国宝・重要文化財の工芸品を多数納めています。厳島神社の平舞台(国宝:附指定)は日本三舞台の一つに数えられるほか、海上に立つ高さ16mの大鳥居(重要文化財)は日本三大鳥居の一つです。また、夏に行われる例祭は「管絃祭」として知られています。全国に約500社ある厳島神社の総本社です。

5.01 年前

夏に行った。青い空と海。そこに浮かぶ鳥居と本殿は圧巻。本殿までの参道も趣がある。鹿が気ままに歩いている。幻想的な空間。厳島行きのフェリーは揺れを感じないので、船酔いする自分でも平気だった。参道には沢山の穴子料理のお店がある。

5.01 年前

京都の天橋立、宮城の松島、そして広島の厳島。日本が誇る日本三景のうちの一つがこちら。広島市街地より電車で約30分程度、そこからフェリーに乗り継いで10分程度で着くので比較的アクセスが良い。
昔から景勝地として有名であるがその美名の通りの景色が味わえる。一度は言っておきたいスポットのうちの一つだろう。

特に秋の紅葉シーズンは海に浮かぶ幻想的な鳥居と椛のコントラストは絵画がそのまま実像として現れたかのような美しさである。

また当該スポットは作りたてのもみじ饅頭も堪能できる。目と口で楽しめる観光地でお勧めだ。

奈良よろしく野生のシカも大量に生息しているがこちらのシカはエサやり禁止なので注意が必要。

5.01 週間前

世界遺産、日本三景のひとつです。

観光した日は、お天気にも恵まれて近景・遠景ともに、とても綺麗に見えました。

2021年12月現在、大鳥居は大修復中で全体を足場で囲まれており、かの有名な海の中に建つ雄大な景色を見る事は出来ませんが、地元民なので、逆にレアな姿を見たという満足感がありました。

厳島神社は、満潮時と干潮時で全く異なる景色を見られますので、時間に余裕のある方は、他の歴史的建造物(島内各所に古い建造物や、綺麗な景色を見る事が出来ますので。)を見つつ、両方の景色を楽しむ事をオススメします。

雄大さを求めるなら満潮時がよい様に思われますが、実は、干潮時しか表さない場所もありますので、リピートされるのも良いですね。