2019/8/10~8/14 座間市ひまわりまつり

神奈川県のイベント情報


2019/8/10~8/14 座間市ひまわりまつり4.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月10日 ~ 2019年8月14日

座間西中学校(座間市座間2-1230)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

~癒しと感動 一面に広がる黄色のじゅうたん~
首都圏随一の規模で咲き誇る、総面積5.5haに黄金色のひまわり55万本の座間市ひまわりまつりを開催しています。
散策路・展望台の設置、ヒマワリ切り花販売、模擬店、特産品・推奨品の販売、アユのつかみどりなど、夏の思い出に、一面に広がる「座間のひまわり」を、ぜひご覧ください。
ひまわり畑が一望できるので写真撮影におすすめ。
見渡す限り、ひまわりが広がる景色は圧巻です!
例年訪れる人数は20万人を超えます。

日時 8月10日(土)~14日(水) 午前9時30分~午後4時(8月10日(土)・11日(日)は午後5時まで)
交通 JR相模線「相武台下駅」「入谷駅」から徒歩約20分
   または小田急線「相武台前駅」から「ひまわりまつり会場」行き臨時直行バスに乗車
ナビ:座間西中学校(座間市座間2-1230)
駐車場:相模川グラウンド
※周辺は交通渋滞が予想されるため、なるべく公共交通機関をご利用ください。
※会場や駐車場などで、ひまわりまつり協力金500円をお願いしています。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

目的ここは行っとけ,カップル向け,シニア向け,一生の記憶に残る,友達に自慢できる,大自然,女性好み,子供サイコ―,季節の花,家族向け,超メジャー
最寄り空港/駅入谷駅 (約45.4km) Google Transit

口コミ

5.03 か月前

例年、ひまわりが見頃の時期に開催される『座間市ひまわりまつり』は首都圏でも有数の規模を誇る地元のイベントです。

1969年に座間市の市花に制定されたひまわりですが、1993年から遊休農地の荒廃対策の一環として座間市の花『ひまわり』の景観植栽を始め、公開したことがきっかけとなり、1994年には『かながわの花の名所100選』にも選ばれ、今では関東でも有名な約55万本のひまわりが咲き誇るイベントに成長しました。敷地一面を埋め尽くすひまわりの姿は本当に圧巻で、県外からも多くの人が訪れます。

ひまわりの開花に合わせて毎年お盆前後に開催されるひまわりまつりの会場には、撮影用の展望台やひまわりの迷路、会場のひまわりの切り花販売や模擬店、農作物や特産品の販売、アユつかみ取りイベントなども行っており、もちろん、ひまわりまつりの開催後も楽しむことが出来ます。

昨年までは2つの会場で開催されてましたが、2019年からは『座間会場』のみ、会場が1つになってもひまわりの本数は維持してますので、約55万本のひまわりを変わらず楽しむことが出来ます。詳しくは、公式ホームページでの確認下さい。

『ひまわりまつり』開催中は普段は、臨時駐車場が相模川グランド設置されるのですが、お昼過ぎから駐車待ちで凄い渋滞になります。お勧めの時間帯は朝~昼の11時くらいまでが目安、それ以降は夕方が狙い目、駐車場を利用する時には500円の協力金が必要ですが、夕方16時以降は料金徴収はありません。

注意事項としては、会場や臨時駐車場の地面が非常に乾燥しており、風が吹いたり、車が通る度に砂埃が凄いので、靴は砂だらけになります。歩きやすく汚れてもいい靴で行かれた方が…私はいつも帰ってくると靴を洗います。カメラマンの方はレンズ交換の時にお気を付け下さい。

見事に咲き誇る約55万本のひまわり畑、一度は訪れる価値があると思います。

4.02 か月前

ひまわり畑が見応えあるのですが、なんせこの日は曇りでした。
週末混み合いますので車の方は早めに向かうといいかもしれないです。
屋台などもあるので軽食も楽しめるかと思います。

5.04 か月前

ひまわり畑は圧巻。また、周りの田んぼも「日本の夏」といった感じの風景で風情がある。
日差しは凄まじいので、サングラスと日傘と日焼け止めは必須。水もきちんと買っておきたい。また砂ぼこりもなかなかなので、それも踏まえた格好で来たほうがベター。女性の場合、ヒールとかはやめた方がいい。
シャトルバスはかなり混むようで、11:00に駅に相武台前駅に着いたのだが、そこからバスに乗るまで1時間くらいかかった。帰りも結構並ぶが、一応日除けのテントはあるので待つのはそれほど苦にならない(むしろ、ボランティアらしきスタッフの方々はすごく大変そう、、、)。とはいえ駐車場も広くないので、覚悟して並ぶか、さっさとタクシーを使うのも手かもしれない。
露店エリアもあり、軽食やかき氷を楽しめる。炎天下で飲むビールは格別。ひまわりの切り花の販売もやっている

5.03 か月前

毎年恒例でおじゃましていますが、今年は開花が遅れ、8日の報道では二分咲きなどとあり、心配しました。12日に行って見るともう八分咲き位。大輪のヒマワリが枯れている場所もなく咲き乱れています。展望台から見ても、きれいな黃と緑が新鮮です。一番いい時でした。毎年、楽しみにしています。ちょっと、交通の便が小田急線相武台前駅か座間からバスです。車の場合、例年お盆休みと重なるため、混雑が気になります。やはり、相武台前駅からの期間限定のバスがオススメです。朝9時から15~20分おきに出ています。14日まで。入場無料。本部まわりのテントで売店あり。

5.03 か月前

座間ひまわり畑という名称ですが、座間駅からは遠い。座間駅からのバスは会場から10分くらい離れたところに止まります。タクシーはまるで来ません。行く際は、小田急線相武台駅がいいです。会期中は臨時バスが出ていて、これに乗るのが最適。会場には黄色と白のストライプのテントが出ていて、ここで飲み物や食べ物が食べられます。トイレなどの設置もあります。
食べ物を扱うテントの周辺は、パイプ椅子が用意され、その上にテントが張られているので、ゆっくり座って食事が出来るのですが、なにしろ暑い!うちわや保冷剤など持って行った方がいいです。
肝心のひまわりですが、それはそれは美しい。55万本のひまわりが一斉に太陽に向かって同じ方向に咲く姿は感動的です。青い空に遠くに見える大山、そして黄色のひまわり。絵画のようでした。