2019/7/27~7/28 夏祭り仙台すずめ踊り

宮城県のイベント情報


2019/7/27~7/28 夏祭り仙台すずめ踊り4.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月27日 ~ 2019年7月28日

宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目1番地~2番地内 JR仙台駅東口 宮城野通り

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

仙台すずめ踊りは有名アーティストのコンサートでの競演や日本全国、あるいは世界からも演舞のオファーを受け、今や仙台の顔ともいえる市民の踊りとなりました。
総動員数は10万人以上です。
仙台駅東口宮城野通り通行止めにした特設会場約200mをいっぱいに使った「大流し」、特設会場での路上演舞、お客さんも入り乱れる総踊り、無料観覧席や特設舞台が設けられ、大いに盛り上がります。

踊り子の出で立ちはまさに『日本の祭り』といった風貌で、鯉口シャツに腹掛け、股引・半被・帯・足袋・雪駄。
きりり、巻くのは千代結びや喧嘩被りの鉢巻と、とても粋な艶姿。
その手にしている色とりどりの二つ扇は照り付ける陽射しに反射してキラキラと夏の粒子を撒き散らしながら、羽になり、尾羽になりクルクル表情を変化させ観ている者を引き込んでいきます。
カラフルな扇子を両手に持ち、道路いっぱいリズミカルに歩き踊る姿はカワイイすずめのよう、西国らしい小気味よいテンボ、躍動感あふれる身振り、伊達家の家紋が「竹に雀」であったこと、はね踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたことから「すずめ踊り」と名付けられ、400年も長く伝えられました。
65団体約2000人が参加し、伊達武将隊の演舞や阿波おどりもあります。
軽快なお囃子に合わせ、色とりどりのハッピ姿のすずめたちが乱舞する町流しは、必見です。

踊りながら練り歩く「流し踊り」をはじめ、構成も見応えのある「舞台踊り」が展開されます。
踊り手と観客が一緒に踊るクライマックスの「総踊り」など、見どころも満載です。
多彩なステージイベントや屋台の出店も楽しみの一つとなっています。

JR仙台駅東口から宮城野通のお祭り会場にかけて出店しています。一般的なお祭り屋台グルメもありますが、なんといってもご当地グルメの牛タンがおススメ。その他肉巻きおにぎりなど、がっつり食べられる物もあります。

◆開催日時/令和元年年7月27日(土) 10:00~20:00
             28日(日) 10:00~20:00
◆場所/JR仙台駅東口 宮城野通り
◆交通/JR仙台駅東口すぐ

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.suzume-odori.com/

目的お祭り大好き,グルメ,ゲラゲラ爆笑,パレード,伝統民俗,体験,家族向け,神社・寺,観光名所,超メジャー,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅仙台駅 (約0.1km) Google Transit