7/27~7/28 真鶴貴船まつり

神奈川県のイベント情報


7/27~7/28 真鶴貴船まつり3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年7月27日 ~ 2018年7月28日

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1117

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

真鶴貴船神社は真鶴の主要産業である石材採掘や石材回漕業の安全と豊漁、無病息災を祈願するために貴船まつりを毎年開催します。訪れる人の数は、なんと町の人口の2倍以上となる約2万人。

「貴船まつり」は、平安中期、寛平元年(889年)の創建と伝えられる貴船神社(神奈川県足柄下郡真鶴町)の例大祭で、毎年7月27日~28日の2日間、真鶴港及び真鶴町内各所を舞台に行われます。貴船神社から御霊を乗せた神輿が町内をねり歩き、町内を巡回する花山車(はなだし)、鹿島踊りが繰り広げられ、海山に囲まれた風光明媚な地で行われる荘厳な祭りだ。
この祭りは、日本三大船祭り(管絃祭、塩竃港祭、貴船祭)のひとつに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

一日目は、鹿島おどりの奉納、船の進水ではじまる。手こぎの「櫂(かい)伝馬船」にえい航された「神輿(みこし)船」を中心に、色とりどりの造花や金色の短冊で豪華に飾り付けた東西2隻の和船「小早船」と笛や太鼓の「囃子(はやし)船」が港内を進むと、海上は華やかな色で賑わう神輿の海上渡御へと進行し、お仮殿に入御。
二日目は花山車、鹿島連、神輿、はやしが町内渡御。夕方に神輿は海に浸る「みそぎ」を行い、鹿島連はお仮殿前で鹿島踊りのあと神輿舟で宮の前海岸に向かう。祭り最終日の夜には真鶴港会場に夜空を彩る1000発花火が真鶴港海上で打ち上げられる。

長い歴史を持つこの祭りは、しきたりが厳しく硬派なことでも知られ神に奉納する鹿島踊りを、上から見下ろしたりすると、ものすごい勢いで怒声が浴びせられたりする。漁業や石材回漕業などを主産業としてきた海の男達にとって、危険は日常的にあり大漁や安全を願った神事は真剣そのもの。

周りを海に囲まれたこの町は、今や観光も大きな産業になっている。

開催時間
7月28日:10:00頃~
7月29日:8:30頃~ 花火19:30~
※雨天決行

開催場所:貴船神社、真鶴港
最寄り駅:真鶴駅、駅からはバスに乗り「宮の前」で降ります。

http://www.manazuru.org/kibunematsuri.html

目的お祭り大好き,アクセス良好,夜景,神社・寺,観光,超メジャー
最寄り空港/駅真鶴駅 (約1.4km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

神職在駐、御朱印を記帳して頂ける神社。
オリジナル御朱印帳・1種(標準サイズ・カバー無し):1500円、御朱印:300円。
貴船と名乗るも、タカオカミは祀っていない。
例大祭は7月27、28日固定、本日28日は台風接近により船渡御中止。

5.07 か月前

三ツ石、琴ヶ浜に行く際にはお参りさせて頂いています。

108段ある大石段は清めの石段と呼ばれています。大国主神、事代主神、少彦名神が主祭神で、創建は宇田天皇の頃、寛平元年889年という事です。
毎年7月の貴船祭りは国指定重要無形民俗文化財です。

108段の本殿の上からの景色は眺めが良かったです。

駐車場が完備されているのでお参りしやすいです。

4.04 か月前

知人が船を購入し進水式のお祝いに参拝しました。海の安全祈願や大漁祈願はなかなかあるものではなく機会もないので意外と近くにあって良かったです!

4.010 か月前

同じ神奈川県に住んでいながら、これまで参拝をしたことが無かった。京都の貴船神社とは関係が無いことをここに来て初めて知った次第である。立派な大階段を登って参拝する。結構な高さである。境内は小ぶりながらもよく整備されていて気持ち良い。ありがたくお参りさせていただいた。
昨年の夏だったが、当日はたまたま祭礼の前日だったそうで、港にはキレイな飾りをしつらえた船が浮かんでおり目にすることが出来て幸運だった。キレイなもんですぞ。この付近は道が細いので車も歩行者のかたも充分に気をつけてお参り下さい。

5.08 か月前

googleに案内してもらったら、山の方からアプローチされて、狭い道で苦労しましたが、駅から曲がってすぐの三叉路を海沿い左に進路を取ると楽ちんにいけます。
駐車場もあり。
神社は、長い階段を登った先に有りますが、御朱印を頂ける社務所は、階段下の幼稚園を入った右手に有ります。
丁寧に対応して頂きました。m(_ _)m