8/26~8/27 吉田の火祭り・すすき祭り

山梨県のイベント情報


8/26~8/27 吉田の火祭り・すすき祭り3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月26日 ~ 2019年8月27日

国道139号線(本町通り:中曽根交差点~北口本宮冨士浅間神社)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年8月26日、27日に行われる「鎮火大祭」は、吉田の火祭と呼ばれて、北口本宮冨士浅間神社とその摂社(境内社)の諏訪神社の秋祭りです。
町中に松明が焚き上げられ、富士山の噴火を鎮める祭礼となっています。
26日の夕刻から夜半にかけて松明を焚く行事である鎮火祭が一般に「吉田の火祭り」と呼ばれるが、鎮火祭はいわゆる宵宮であり、本祭は翌27日の「すすき祭り」であります。

火祭りの名の通り、町中で夜空を焦がす大松明が荒々しく焚き上げられる、富士山のお山じまいの祭として知られています。
上吉田地区の金鳥居(かなどりい)から北口本宮冨士浅間神社にかけた約1キロにおよぶ本町通りの沿道では、高さ約3メートル、1基の重さが200キロにもなり、燃え尽きるのに約4時間半から5時間かかる大松明70本から80本余りが燃やされ、各家ごと作られる井桁状に組まれた多数の松明も燃やされます。
夕暮れ時、大松明に次々に火が点されると、吉田口登山道に沿った富士山の山小屋でも一斉に松明が焚かれます。
麓の町と山は一体となって火祭りを繰り広げ、上吉田の町は火の海と化し深夜まで賑わいます。

なお、火を使用する祭りであるが雨天や台風であっても延期や中止にはなりません。

26日午後、本殿祭、諏訪神社祭の後、神輿が浅間神社を出発し氏子中に神幸します。
浅間様が諏訪神社へお遷しされます。
氏子崇敬者が集う中を絹垣が厳かに奉遷される様子は圧巻で、これから神輿が出て行くまでの間、境内には不思議な高揚感が充満します。


8月27日 富士山神輿
御旅所から神社本宮に神輿を納めます。
氏子がすすきの玉串を持ち、御輿に追従するため「すすき祭り」とも言われます。
この祭りが終ると、富士山は短い夏を終え、富士北麓地域は秋を迎えます。

静岡県島田の「帯祭り」、愛知県国府宮の「はだか祭り」とともに日本三奇祭の一つに、昨今は「日本10大火祭り」の一つに数えられ、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
400年以上も続くと言われる、非常に古い伝統あるお祭りです。

ちなみに、「なまはげ柴灯祭」「御柱祭」「吉田の火祭」を「日本三大奇祭」とも呼ばれます。

吉田の火祭りは盛大なお祭りなので、もちろん屋台もたくさん出店されます。
お祭りは、金鳥居から伸びる沿道がメインロードで、そこの道沿いに屋台がズラッと出店されます。

最寄インター:中央道河口湖IC
最寄駅:富士急行線富士山駅から徒歩5分
人出:19万人

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.mfi.or.jp/himatsuri/

目的お祭り大好き,パレード,パワースポット,伝統民俗,体験,夜景,大自然,日本のリゾート,神社・寺,観光名所,超メジャー,食べ歩き
最寄り空港/駅富士駅 (約37.8km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

最強パワースポット北口本宮浅間神社へ!!!

超パワーがある方と今回の旅はご一緒だったのでミラクルが起きまくりで、例えば、参道を本堂に向かって歩いていたら『上見てみて!』って言われて見上げてみたら“虹雲”と遭遇!
衝撃的な美しさで興奮しまくり。

正しい参拝方法を教えて頂きとてもいい時間を過ごせました。

はじめての御朱印帳デビューも果たし、幸先よさげ!!!

4.01 週間前

山中湖観光のついでに寄れるとても静かで趣のあるパワースポットです。本殿へ入る手前にきれいな新しいトイレがあります。また、参道脇に並行して車道があり、朝であれば比較的本殿近くに駐車可能です。
参道に飲食店はありませんが、境内に御守りやお札の販売所があります。

5.02 週間前

季節がらすごしやすく、そして厳粛な雰囲気であり、感じる人は感じやすく。
綺麗に掃除されていて、トイレもきれい。
タイミングにもよりますが、団体ツアーの人達も多い。又来たいところ。

5.01 週間前

心休まるお宮です。諏訪大社の拝殿そばの御神木は触れることが出来ますよ。八百万の神様に囲まれ幸せなひとときを過ごせます。

4.01 週間前

御朱印を頂きながら伺ったら、神殿前まで、犬同伴可能とのことで有難く参拝させて頂きました。
病気持ちの犬なので可能な限り、スリングにて犬を連れて行きたいこともあり助かりました。