8/26~8/27 吉田の火祭り・すすき祭り

山梨県のイベント情報


8/26~8/27 吉田の火祭り・すすき祭り3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月26日 ~ 2019年8月27日

国道139号線(本町通り:中曽根交差点~北口本宮冨士浅間神社)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年8月26日、27日に行われる「鎮火大祭」は、吉田の火祭と呼ばれて、北口本宮冨士浅間神社とその摂社(境内社)の諏訪神社の秋祭りです。
町中に松明が焚き上げられ、富士山の噴火を鎮める祭礼となっています。
26日の夕刻から夜半にかけて松明を焚く行事である鎮火祭が一般に「吉田の火祭り」と呼ばれるが、鎮火祭はいわゆる宵宮であり、本祭は翌27日の「すすき祭り」であります。

火祭りの名の通り、町中で夜空を焦がす大松明が荒々しく焚き上げられる、富士山のお山じまいの祭として知られています。
上吉田地区の金鳥居(かなどりい)から北口本宮冨士浅間神社にかけた約1キロにおよぶ本町通りの沿道では、高さ約3メートル、1基の重さが200キロにもなり、燃え尽きるのに約4時間半から5時間かかる大松明70本から80本余りが燃やされ、各家ごと作られる井桁状に組まれた多数の松明も燃やされます。
夕暮れ時、大松明に次々に火が点されると、吉田口登山道に沿った富士山の山小屋でも一斉に松明が焚かれます。
麓の町と山は一体となって火祭りを繰り広げ、上吉田の町は火の海と化し深夜まで賑わいます。

なお、火を使用する祭りであるが雨天や台風であっても延期や中止にはなりません。

26日午後、本殿祭、諏訪神社祭の後、神輿が浅間神社を出発し氏子中に神幸します。
浅間様が諏訪神社へお遷しされます。
氏子崇敬者が集う中を絹垣が厳かに奉遷される様子は圧巻で、これから神輿が出て行くまでの間、境内には不思議な高揚感が充満します。


8月27日 富士山神輿
御旅所から神社本宮に神輿を納めます。
氏子がすすきの玉串を持ち、御輿に追従するため「すすき祭り」とも言われます。
この祭りが終ると、富士山は短い夏を終え、富士北麓地域は秋を迎えます。

静岡県島田の「帯祭り」、愛知県国府宮の「はだか祭り」とともに日本三奇祭の一つに、昨今は「日本10大火祭り」の一つに数えられ、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
400年以上も続くと言われる、非常に古い伝統あるお祭りです。

ちなみに、「なまはげ柴灯祭」「御柱祭」「吉田の火祭」を「日本三大奇祭」とも呼ばれます。

吉田の火祭りは盛大なお祭りなので、もちろん屋台もたくさん出店されます。
お祭りは、金鳥居から伸びる沿道がメインロードで、そこの道沿いに屋台がズラッと出店されます。

最寄インター:中央道河口湖IC
最寄駅:富士急行線富士山駅から徒歩5分
人出:19万人

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.mfi.or.jp/himatsuri/

目的お祭り大好き,パレード,パワースポット,伝統民俗,体験,夜景,大自然,日本のリゾート,神社・寺,観光名所,超メジャー,食べ歩き
最寄り空港/駅富士駅 (約37.8km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

エネルギーの高い神社でした。
近くに新屋山神社もありますが、全く趣が違います。
こちらは木花咲耶姫の身内勢揃いです(笑)
木花咲耶姫は、かぐや姫のモデルとも言われています。
また、花が木花咲耶姫の美貌にあずかり、桜となったと言われています。

天照大御神の孫に嫁いだ木花咲耶姫の富士での出産のお話は有名です。
美しい木花咲耶姫は、一夜で身ごもったために疑われ、疑いを晴らすために産屋に火を放ち出産したと言われています。
天照大御神の直系であれば、火の中でも平気だと言うわけです。

そんなストーリーと活火山であった富士山が重なるわけです。
他の神様にもそれぞれのストーリーがあり、重なり合う部分がありますから、そこを知りつつ参拝されると楽しいですよ。

5.03 か月前

祭神 木花開耶姫命 彦火瓊々杵尊 大山祇神
由緒 景行天皇四十年(110)日本武尊が東方遠征の折りに当地を御通過、大塚丘の上にて富士山を遥拝され、小祠を営んだことを発祥とする。延暦七年(788)甲斐守紀豊庭により現在の位置に社殿を建立、以後逐次造営改築がなされ、現在の本殿は元和元年(1615)の建立である。本殿・東宮本殿・西宮本殿・幣拝殿・恵毘寿社・透塀・社務所・随神門・神楽殿・諏訪神社拝殿・福地八幡社・手水舎の十一棟は、国の重要文化財、境内地は国の史跡、吉田の火祭りは国の重要無形民俗文化財にそれぞれ指定されている。西宮本殿向かって右の白木の鳥居が富士山吉田口登山道の起点である。(御朱印はさみ紙より)
とても気持ちの良い場所でした😌✨

5.05 か月前

凛とした空気と真っ青な空に朱塗りの鳥居が映え、本殿も1,000年杉も荘厳な佇まい。参詣の方々も厳粛な気持ちになられたことでしょう。適度な人数の初詣の人々で、良い事が一杯起きそうな気持ちにさせてくれます。ここへの参拝は必ず貴方に幸運をもたらす事でしょう。一歩境内を出ると美しい富士山が目の前。最高の場所です。

5.03 か月前

本当に素晴らしい神社です。
とても力のある神社ですが、ここの神々にはとても厳しい龍神もおります。
主の神は散歩が好きなので、人間は自分の欲ばかり願います。つまらない願いをすれば聞いてもらえませんのでご注意。
日々の感謝を忘れずに伝えましょう。

どうしてもという方は最低限、富士急ハイランドの四大コースターを乗ってきて下さい。

願いを聞いてもらうには根性が必要です。
また、神殿を撮影するのはやめましょう。

神々が嫌がっています。

マナーを持って参拝して下さい。

4.04 か月前

国宝こそないものの境内にある社殿十一棟が国重文に指定されていて、山梨の神社仏閣としてはトップクラスの見ごたえです。最寄りは富士急行の富士山駅で、徒歩であれば三〇分ほどかかりますが、その際はほんの少しだけ遠回りして、金鳥居をくぐって参拝するのをおすすめします。天気が良ければ鳥居のむこうに富士山が見えます。金鳥居は富士山駅から参道に出て、右手すぐにあります。
河口湖周辺の賑わいに比べれば閑散としたものですが、富士講の名残をとどめる参道は趣があります。富士山を愛でつつ歩き、突き当たりを左折して更に歩くと境内地の入り口を示す一之鳥居が見えます。そこから拝殿までまっすぐにのびる参道がまた美しく、じっくりと時間をかけて歩きたくなります。
拝殿は堂々たるもので、覆屋のうちにある本殿は絢爛豪華です。本殿の左右にたたずむ東宮、西宮の両本殿も見事です。

富士急沿線の神社というと新倉山富士浅間神社ばかりが有名になっていますが、富士山が雲に隠れているとひたすらしょんぼりとなる新倉山とは異なり北口本宮は全天候型です。日帰り旅行であれば富士五湖周辺だけで一日かかるので、なかなかこの辺りまで足がのびないというのもあろうかと思いますが、旅程を調整してでも参拝する価値のある神社だと思います。