8/26~8/27 吉田の火祭り・すすき祭り

山梨県のイベント情報


8/26~8/27 吉田の火祭り・すすき祭り3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月26日 ~ 2019年8月27日

国道139号線(本町通り:中曽根交差点~北口本宮冨士浅間神社)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年8月26日、27日に行われる「鎮火大祭」は、吉田の火祭と呼ばれて、北口本宮冨士浅間神社とその摂社(境内社)の諏訪神社の秋祭りです。
町中に松明が焚き上げられ、富士山の噴火を鎮める祭礼となっています。
26日の夕刻から夜半にかけて松明を焚く行事である鎮火祭が一般に「吉田の火祭り」と呼ばれるが、鎮火祭はいわゆる宵宮であり、本祭は翌27日の「すすき祭り」であります。

火祭りの名の通り、町中で夜空を焦がす大松明が荒々しく焚き上げられる、富士山のお山じまいの祭として知られています。
上吉田地区の金鳥居(かなどりい)から北口本宮冨士浅間神社にかけた約1キロにおよぶ本町通りの沿道では、高さ約3メートル、1基の重さが200キロにもなり、燃え尽きるのに約4時間半から5時間かかる大松明70本から80本余りが燃やされ、各家ごと作られる井桁状に組まれた多数の松明も燃やされます。
夕暮れ時、大松明に次々に火が点されると、吉田口登山道に沿った富士山の山小屋でも一斉に松明が焚かれます。
麓の町と山は一体となって火祭りを繰り広げ、上吉田の町は火の海と化し深夜まで賑わいます。

なお、火を使用する祭りであるが雨天や台風であっても延期や中止にはなりません。

26日午後、本殿祭、諏訪神社祭の後、神輿が浅間神社を出発し氏子中に神幸します。
浅間様が諏訪神社へお遷しされます。
氏子崇敬者が集う中を絹垣が厳かに奉遷される様子は圧巻で、これから神輿が出て行くまでの間、境内には不思議な高揚感が充満します。


8月27日 富士山神輿
御旅所から神社本宮に神輿を納めます。
氏子がすすきの玉串を持ち、御輿に追従するため「すすき祭り」とも言われます。
この祭りが終ると、富士山は短い夏を終え、富士北麓地域は秋を迎えます。

静岡県島田の「帯祭り」、愛知県国府宮の「はだか祭り」とともに日本三奇祭の一つに、昨今は「日本10大火祭り」の一つに数えられ、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
400年以上も続くと言われる、非常に古い伝統あるお祭りです。

ちなみに、「なまはげ柴灯祭」「御柱祭」「吉田の火祭」を「日本三大奇祭」とも呼ばれます。

吉田の火祭りは盛大なお祭りなので、もちろん屋台もたくさん出店されます。
お祭りは、金鳥居から伸びる沿道がメインロードで、そこの道沿いに屋台がズラッと出店されます。

最寄インター:中央道河口湖IC
最寄駅:富士急行線富士山駅から徒歩5分
人出:19万人

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.mfi.or.jp/himatsuri/

目的お祭り大好き,パレード,パワースポット,伝統民俗,体験,夜景,大自然,日本のリゾート,神社・寺,観光名所,超メジャー,食べ歩き
最寄り空港/駅富士駅 (約37.8km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

この素晴らしさは実際に訪れてみないと分かりません。鳥居をくぐり境内に足を踏み入れただけで、辺りを取り囲む空気が違うのが感じられます。パワースポットと呼ばれている所以が理解できます。
先ず杉並木の長い参道を通り、橋を渡り、本鳥居、舞台、本堂と続きます。本道の手前両側には高く大きく立派な2本の御神木。山開きの日にお参りしたので、茅の輪くぐりもできました。七夕の短冊も書けます。
本堂の裏に進むと、吉田口登山道の入口があります。昔の人々はここから頂上まで自分の脚で全て歩いて登っていたのかと思うと感慨深い気分になりました。今は五合目までバスで行けますからね(笑)

4.01 週間前

家族のイベント毎に訪れます。
大きな木々に囲まれており、
神社周辺と比べて涼しいです。

綺麗なトイレもあるので、
富士急ハイランドや富士五湖へ来た際は
是非立ち寄って欲しい場所です。

【おすすめ駐車場】
駐車場は神社前にもありますが、
神社前138号線の
「富士浅間神社東」の交差点を曲がり
701号線に入ります。
300m程進むと右手に浅間茶屋があります。
ここの駐車場は30台程駐車できます。
車での出入りが楽で、運転初心者でも
使いやすく空いている駐車場です。

茶屋から本殿までは、徒歩3分です。

4.02 週間前

富士山信仰のパワースポットです。

元々は1900年前🤔
景行天皇40年(西暦110年)に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)のが東方への遠征の際にこの地で富士山の神霊を遥拝し、「北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」と祠を建てて祀ったのが始まりとされます。富士山の北口(吉田口)登山道の原点らしいです🤔

神格化された富士山は長い間
聖地として入山厳禁でした。

なかなかいい神社です。

5.02 週間前

鬱蒼とした鎮守の森に囲まれた、どっしりと落ち着いた神社です。道路沿いにある大きな鳥居をくぐると、杉の高木が参道の両側に整然と立ち並んでいました。同様に、歴史を感じさせる灯篭も等間隔に並んでいて、共に400メートルほど先にある大鳥居まで続いていました。静かに参道を歩くのを失念し、周りをきょろきょろ見つめるばかりでした。
〈深い森を今でも諏訪の森と称しています〉

大鳥居(日本最大木造鳥居)をくぐると、そこは私が漠然とイメージしていた、まさにThe神社であり、少なからず興奮していたように思われます。
随神門を入り、手水舎でお清めをしました。右隣りには神楽殿がありました。その横を通って、拝殿の前に立ちました。気持ちを鎮めてから、短い祓い言葉を唱えながら、お詣りをしました。
拝殿に向かって右手には、ご神木「富士夫婦檜」(樹齢約1000年)が立っています。左手にも、同様にご神木「富士太郎杉」(樹齢約1000年)が立っています。夫婦檜は、根元は一本ですが、途中で2本に別れます。しかし、その先でまた一本になっているのです。
重厚な佇まいが醸し出す雰囲気を感じていました。

本殿の裏手に鎮座している富士登山道吉田口をお詣り。登山門から150~200メートル程登ったところにあるのが「大塚丘(おおつかやま)」です。「大塚丘」は、日本武尊ゆかりのある場所です。

更に同じく、本殿裏側に鎮座している、向かって左側に東宮本殿、右側には西宮本殿に、それぞれお詣りしました。
この「東宮本殿」が、1561年武田信玄により造営された「富士権現」であり、富士信仰、浅間信仰の始まりでもあり、北口本宮富士浅間神社の元とされています。

御祭神は、
木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
天孫彦火瓊瓊杵尊(てんそんひこほのににぎのみこと)
大山祇神(おおやまづみのかみ)
です。
(浅間神社で、祭神の構成が同じでも、漢字が違う例が少なくない)

110,年、日本武尊が東征の折、「大塚丘」に立ち寄り、富士山の神霊を遥拝。大鳥居を建立し、「富士の神山は北方より登拝せよ。」と言われ、祠を建てて祀ったのが始まりとのことです。
更に、788年甲斐守紀豊庭(かいのかみきのとよひろ)が、現在の場所に神殿を建て、浅間大神を祀り、「大塚丘」には、日本武尊の神霊を祀ったことのようです。
1733年江戸の「富士講」は、村山派を率いる村山光清が、幣殿・神楽殿・手水舎・随神門を造営。(数ある浅間神社それぞれに物語があります。)

ところで、「甲斐国志」によると、古来より「諏訪の森」があり、諏訪神社の鎮座地に浅間神社を勘請したと伝わっています。浅間神社境内には、摂社としての位置付けで、諏訪拝殿と諏訪神社が鎮座しています。諏訪拝殿の入口近くには「高天原」(たかまがはら)と呼ばれる空間が広がっています。

吉田の火祭り〈鎮火祭〉8月26日~8月27日
火祭りの起源は、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)の火中出産と共に、諏訪大社の例祭のようです。
まず、8月26日の午後、浅間神社で祭りがおこなわれ、その後、浅間神社のご祭神3柱が諏訪神社に遷されますが、その様や、諏訪神社のご祭神〈タケミナカタノカミとヤサカトメノカミ〉の2柱がお出ましになるのを待つ「空気感」の中に祭りの本質があるとされています。つまり、目に見えないものを感じることです。お出ましになった神輿は、一晩「御旅所」に収められます。

担ぎ手たちや氏子によって、大松明が次々と立てられます。
明神神輿には、「浅間様3柱」と「お諏訪様2柱」が遷されます。噴火する荒ぶる富士を表す「御影(みかげ)」には、浅間大神の荒御霊(あらみたま)が乗るとのことです。
「神様が乗ると、急に重さが増す」と言われているようです。(神輿担ぎ好きの人から、同じことを聞いています〉

8月27日、総ての神輿が集まり、担ぎ出され、氏子中を練り歩きます。
すっかり暗くなると、上げ太鼓が響き渡り、神輿がなだれ込むと「高天原」を回り、祭りは最高潮。この時、「すすきの玉串」を持って、安産、子授、無病息災を祈願。
手順を踏んで、諏訪神社に神輿が収められ、神様にお帰りいただく祭りがあります。
続いて、浅間様を遷す祭りもあります。
清涼な夜の空気の中、浅間神社本殿で還幸祭が行われ、鎮火祭が終わります。

祭に参加したわけでも、見物したわけでもないのに、信仰が「息づいている」と感じることができました。

付記
Wikipedia、北口本宮富士浅間神社のHP 、その他諸々の資料を参考にさせていただきました。

5.01 か月前

苔むした杉並木の参道、境内の超巨大な御神木、奥には古来の吉田口登山口。
圧倒的スケールと歴史感が伝わる。
巨大な手水は富士の天然水だろう。
御朱印と多数の御守りあり。
何事もやりきる完走守りとは珍しい。