2019/7/6~7/8 成田祇園祭り

千葉県のイベント情報


2019/7/6~7/8 成田祇園祭り4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月6日 ~ 2019年7月8日

成田山新勝寺、表参道周辺

成田山新勝寺は1000年以上の歴史を持っており、年間、約1000万人以上もの人たちが参拝に訪れる全国有数のお寺です。

毎年7月7日からご本尊である不動明王の本地仏、奥之院大日如来を供養する祭礼の「成田山祇園会」にあわせて、七夕直近の金・土・日曜に周辺の町内が一体となり、夏祭りとして「成田祇園祭」が開催されます。
新勝寺で執り行われる「成田山祇園会」は約300年の歴史があり、大日如来に五穀豊穣や万民豊楽などが祈願されます。
「祇園」はそもそも神社の祭りですが、成田では神社と成田山「神仏」が混合した全国的にも珍しい祭礼の形をとり、成田独特の祈りの歴史があります。

大日如来が祀られた奥之院が特別開帳されるほか、光明堂では無病息災を祈願する「天国宝剣(あまくにのほうけん)」加持を受けることができます。
祇園祭は10台の山車や屋台と神輿1台が繰り出し、成田山の表参道やその周辺を3日間にわたって練り歩きます。

祭りの初日、大本堂前には大日如来をおまつりした神輿を中心に、参道周辺の9ヶ町と成田山、合わせて個性的な10台豪華絢爛、重厚な屋台や、華やかな江戸方の山車と山車人形が集まり、安全祈願が行われます。
その後に続いて、お囃子に合わせて法被にはちまき姿の男女が、扇子を手に奉納踊りを舞います。

そして踊りとお囃子の競演が披露されます。
すべての山車や屋台が集まる「総踊り」は、若者たちがお囃子に合わせて威勢よく踊りとても賑やかです。

最終日に門前から薬師堂間、引き手たちが掛け声とともに10台の山車と屋台がハイスピードで表参道の坂を一気に登っていく総引きは成田祇園祭の一番のみどころです。
勇ましい姿は大本堂前で祭りはフィナーレを迎えます。
夜には山車や屋台がライトアップされ、昼とは違った華やかさに包まれます。

たくさんの美味しい食べ物のお店が出店されます。おしゃれなお店も多くお祭り期間だけの特別メニューもあったりするので見逃せません。
成田駅東口の駅前広場と湯殿山権現神社周辺表参道沿い、まちかどふれあい館周辺などに多数の露店が出店します。

例年45万人を超える見物客が集まります。
千葉県内最大のお祭りと言われる成田市の夏の風物詩です。

7月6日(土)
☆安全祈願、鏡開き、山車・屋台の競演(総踊り)
 [時間] 13:30~
 [会場] 成田山大本堂前
総踊りとは、各山車と屋台の上で奏でるお囃子に合わせて、踊りを披露する

7月7日(日)
☆山車・屋台の競演(総踊り)
 [時間] 09:00~
 [会場] JR成田駅前広場、各町内
江戸囃子:6人~7人ほどで結成されていて、軽快なリズムとメロディである
佐原囃子:約15人で結成されていて、ゆっくりとしたテンポや速いテンポなど、多彩な曲調となっている

7月8日(月)
☆山車・屋台の総引き
 [時間] 13:00~
 [会場] 門前~薬師堂
☆御輿還御式:10台の山車と屋台が、3日間の渡御を無事に終えたお神輿を出迎えする御輿還御式が行われます。
 [時間] 16:30頃~
 [会場] 大本堂前

開催場所:成田山新勝寺、表参道周辺
●電車:JR成田駅、京成成田駅、10分
●車:東関東自動車道富里IC、10分

http://www.nrtk.jp/enjoy/shikisaisai/gion-festival.html

目的お祭り大好き,アクセス良好,パレード,夜景,大自然,子供サイコ―,日本についての知識プロ向け,日本のリゾート,神社・寺,観光,超メジャー,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅成田駅 (約1.1km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

成田市と言えば、成田空港そして成田山新勝寺。
お寺までの参道には、色々なお店が並んで、グルメ、民芸品と色々楽しめる要素盛りだくさんです。グルメは川豊の鰻や煎餅団子、栗羊羹と、食べきれないほど、名物店がずらりと並んでます。民芸品は外国人が喜びそうな、木の装飾品や箸、まが玉と、意外と専門店が多く、見てるだけでも楽しめます。
お寺は立派な門や本堂、三重の塔と、こちらも神社仏閣好きなら楽しめます。
土日は人気店に行列が出来て色々回れないので、可能であれば平日に行く事をお薦めします。

5.02 週間前

初めてお祓いをやってもらった
体と心の調子がずれて、辛くなる人が多いらしい
祈願とかも時間が決まっていて見ることができる
周りに飲食店も多く、宿も古いのがある
外国人客がおおく、いつもある程度賑わっているが
混んでいるというほどではない
メインはどちらかというと食べ歩きで、この寺を終着点に駅からあるけば満足できる町かと
ドライフルーツ屋が天気がよければいる、結構高いが買いすぎてもすぐなくなるので好きならおすすめ
とにかくいい場所だと思う、心も体もリラックスできる定番の散歩とか観光スポット
海外の友人がきたなら日本文化を知ってもらうのに丁度いい

3.0過去 1 週間以内

言わずと知れた有名な寺院です。境内も建物も大きいです。日曜日に行ったのですが、思ったより人は少なかったです。御朱印を集めている人へ。ここでは6種類の御朱印が受けられますが、書いてくださる人が少ないために、とても長時間待つこともあります。(特に釈迦堂) それからここは、御朱印の印や墨が移るのを防ぐ紙をとても節約します。6ヵ所回って紙を挟んでくれたのは1ヵ所だけ。あとの場所はその紙の使い回しです。印が移るのを確実にしたい人は、自分で準備しておくことが必要でしょう。門前町の散策も楽しいです。羊羹とうなぎの店が多いのが特徴です。

5.01 週間前

神仏融合の象徴も見られます。不動明王様と大日如来さまの表裏一体を裏付ける場所だと思います。
諸説ありですが。。。。
お稲荷様も然り。ダキニ天様と宇迦さま。どちらも私達にご利益を授ける神様だと思います。
神氣の強い場所です🎵
ただ、信仰はあくまで個々人の自由。観光でも良いと思います。場をわきまえた振る舞いであれば。です。

5.01 か月前

成田山新勝寺

 成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)は、日本の千葉県成田市成田にある真言宗智山派の仏教寺院であり、同派の大本山の一つである。山号は成田山。山号を付して[成田山新勝寺]、あるいは山号のみで[成田山]と呼ばれる事が多い。本尊は不動明王で、当寺は不動明王信仰の一大中心地である。そのため、成田不動、お不動さまなどといった通称でも広く親しまれてきた。開山は平安時代中期の天慶3年(940年)と伝えられる。寺紋は葉牡丹。 
 参拝者数において関東地方屈指の寺である。初詣の参拝客数は、2006年に約275万人、2007年に約290万人を数えており、神社仏閣としては、明治神宮に次ぐ全国第2位(千葉県内第1位)、仏閣に限れば全国1位の参拝客数である。今も昔も加持祈祷のために訪れる人が多いことでも知られる。成田国際空港に近いことから、外国人観光客にも人気がある。
     ~引用~
ウイークデーにもかかわらず参拝客の多さには、改めて驚かされました。因みに、成田山新勝寺の縁起は、平安時代中期、東国で起こった平将門の乱に始まる〰️➰
 こうした由来から、平将門を祭神として祀る東京の神田明神や築土と、成田山の両方を参拝することを避ける人もいるという。