2018/7/14~9/8 郡上おどり

岐阜県のイベント情報


2018/7/14~9/8 郡上おどり4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年7月14日 ~ 2018年9月8日

岐阜県郡上市八幡町 市街地各所

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本三大民踊・三大盆踊りのひとつにも数えられている郡上(ぐじょう)おどりは、奥美濃の城下町「郡上八幡」の夏を彩る、一大伝統行事です。
7月中旬から9月頭の約2ヶ月間に約30夜にわたって開催される、日本一長期間の祭りです。
400年の歴史を誇る郡上八幡の夏の名物です。お囃子と下駄の音、それに川のせせらぎが重なって山あいにこだまする夏の夜の風情。

「かわさき」「春駒」をはじめ、全10種の曲目を、毎晩保存会等による「生演奏」で踊る大変贅沢な踊りです。
※10曲全部が国の重要無形民俗文化財に指定

郡上節を演奏する囃子の一団が乗る屋形を中心に、自由に輪を作り時計回りに周回しながら踊ります。会場が街路の場合もあるので、輪は円形とは限らないです。踊りには曲ごとに定型があります。振り付けの基本は簡素なので、初心者や観光客でも見様見真似で踊ることができるようになります。踊りへの参加は完全に自由で、飛び入りや離脱に規制はないです。通常、見物人よりも踊り手の方が圧倒的に多数であります。
多くの祭りのような「観る」踊りではなく、「参加する」踊りであり、年齢・性別・国籍・経験関係なく誰でも踊りの輪に加わることが出来ることが人気です!服装は自由ですが、浴衣が基本です。

おどり屋形流しや式典が行われる発祥祭から、屋形送りと提灯行列が行われるおどり納めまでの間、延べ32夜にわたり開催されます。
個人・団体・地区対抗・変装おどりなどの各種コンクールや、城下町花火大会、8月13日から16日までは「徹夜おどり」が開催され、夜8時から翌朝まで踊り明かします。特に徹夜おどり期間中は延べ17万人もの踊り客で賑わいます。

風情ある城下町の雰囲気と共に郡上おどりを楽しめます。

開催期間 2018年07月14日(土)~2018年09月08日(土)
会場名 郡上八幡 城下町一帯
(岐阜県郡上市八幡町 市街地各所 ※日ごとに会場が異なります)
参加費 無料
アクセス ・お車…東海北陸自動車道 郡上八幡ICより約5分
・鉄道…長良川鉄道 郡上八幡駅 よりまめバスで10分ほど(徒歩約15分)

http://www.gujohachiman.com/kanko/odori_e.html

目的お祭り大好き,家族向け,日本の花火,暇なら寄ったら?,観光,遊ぶ,食べ歩き,2回目の日本に最適
最寄り空港/駅郡上八幡駅 (約1.8km) Google Transit

口コミ

Google ユーザー

5.0過去 1 週間以内

車でお城近くの駐車場までアクセスできます。ただしかなり道が狭く、徒歩で登っている方もたくさんいらっしゃる中の運転となるので注意が必要です。
駐車場は無料です。駐車場脇にしかトイレがないので気をつけてください。

山の上にあるお城なので眺めがとてもよく、郡上の城下町がよく見えます。城の中の作りはこじんまりとしていますが、古き良き味のある作りでとても有意義な時間が過ごせました。歩くたびに軋む木の音もまた良いものです。
お城単体の入場チケット以外にも、街中の施設との共通券が存在します。

Google ユーザー

5.01 か月前

続日本100名城のNo.141です。一言で言って郡上八幡城の天守は素晴らしい‼️昭和8年の再建なので再建天守としては大阪城に次いで二番目ですが、木造の再建天守としては、日本最古になります。旅行のガイドブック等には「復興模擬天守」と書かれているので、元々天守がなかったのに建ててしまったのかと思いきや、そうではなく、天守はあったらしいのですが、資料がほとんど無かったので、戦災焼失前の大垣城の天守を参考にして再建されたようです。『新八幡城ものがたり』によると、天守は「外観は四方どちらから見ても美しい」という理念で再建されたそうですが、まさしくその通りですね。本当に「日本一美しい山城」です。
 ところで郡上八幡城は天守以外にも興味深い話が二つあります。一つは「人柱伝説」です。郡上八幡城改修の時に十七才のおよしという少女が人柱にされたという伝説です。人柱伝説のある城は他にもいくつかありますが、ここもそうであるように確証はありません。しかし私が驚いたのはその伝説をもとに「およしちゃん」というユルキャラ(?)を作ったということです。人柱伝説というと悲しい話なのですが、誰が考えたか知りませんがそれを180度ひっくり返してしまったという発想の転換はすごいですね。およし物語については天守内にパンフレットがありますので、気になる方はそちらをどうぞ。
 そしてもう一つは「凌霜隊」です。松の丸に凌霜隊の石碑が建てられていますが、凌霜隊というのは戊辰戦争の時に、郡上藩から脱藩して旧幕府軍と一緒に戦った一団です。結果を知っている私達からすれば、旧幕府軍に味方するなんて時代錯誤、先見の明が無いと見えるかもしれませんが、彼らは藩のため、みんなのために敢えて困難な役目を引き受けたのだと私は思います。だから今日までも「凌霜精神」という言葉が地元に伝えられているのだと思います。今年(2018年)は明治維新150年ですが、郡上八幡では「凌霜隊150年」なのです。
 長くなりましたが、最後に一言。今後も日本中でお城の再建が行われると思いますが、どうかこの郡上八幡城を参考に百年先まで残る仕事をしてほしいと思います。

Google ユーザー

3.03 か月前

お城の近くまで自動車で登れます。非常に道が狭いですが、駐車料金は無料。ただしせいぜい10台ぐらいしか停められません。
駐車場から天守閣まで歩いて5分程度。入場料は2018年11月現在で大人310円子供150円です。日本最古の再建木造城だそうです。
私が寄った日には、無料でお城の由来などを説明する当時の鎧を着た方がいました。11時から三十分間、ディープな説明をしていただけました。ただ、マニアック過ぎて妻はほとんど理解できなかったそうです。歴史が好きなら、承久の乱から明治維新まで、このお城に関する歴史を幅広く教えてもらえて面白いのですが、あの方の説明だと一般受けしないだろうなぁ。勿体無い。

山城だけに景色は最高ですが、徒歩及び自転車で来る方は頑張ってください。へとへとになります。

Google ユーザー

5.02 週間前

天空の城でも有名な
雨上がりの🏯郡上八幡城へ

目的は、【登城記念】が欲しくて😆
岐阜県では、岐阜城🏯大垣城と郡上八幡城の3箇所で手に入れる事ができます。

私はこれで3箇所目🍀😍
登城記念は、一部が熊本城へ支援もできるので、御朱印集めてる方がいれば、是非これもオススメします♡

お城の上にも上がらせて頂きましたが、郡上八幡が見下ろせ景色も良かったです。
写真撮る方に有名な🏔の峠を逆に、お城から峠を観る事もできました。

☆郡上八幡城の登城記念は、美濃和紙を使用♡

Google ユーザー

5.01 週間前

道が狭いです。マイクロバスやハイエースくらいの大型車は下の駐車場で止めていった方がいいです。
大きいお城ではありませんがのどかでいい場所でした。
城門手前までは無料で見学できます。