2019/7/13~9/7 郡上おどり

岐阜県のイベント情報


2019/7/13~9/7 郡上おどり4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月13日 ~ 2019年9月7日

岐阜県郡上市八幡町 市街地各所

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本三大民踊・三大盆踊りのひとつにも数えられている郡上(ぐじょう)おどりは、奥美濃の城下町「郡上八幡」の夏を彩る、一大伝統行事です。
7月中旬から9月頭の約2ヶ月間に約30夜にわたって開催される、日本一長期間の祭りです。
特に徹夜おどり、8月13日から16日までの期間中は延べ17万人もの踊り客で賑わいます。
400年の歴史を誇る郡上八幡の夏の名物です。
お囃子と下駄の音、それに川のせせらぎが重なって山あいにこだまする夏の夜の風情。

「かわさき」「春駒」をはじめ、全10種の曲目を、毎晩保存会等による「生演奏」で踊る大変贅沢な踊りです。
※10曲全部が国の重要無形民俗文化財に指定

郡上節を演奏する囃子の一団が乗る屋形を中心に、自由に輪を作り時計回りに周回しながら踊ります。
会場が街路の場合もあるので、輪は円形とは限らないです。踊りには曲ごとに定型があります。
振り付けの基本は簡素なので、初心者や観光客でも見様見真似で踊ることができるようになります。
踊りへの参加は完全に自由で、飛び入りや離脱に規制はないです。
通常、見物人よりも踊り手の方が圧倒的に多数であります。
多くの祭りのような「観る」踊りではなく、「参加する」踊りであり、年齢・性別・国籍・経験関係なく誰でも踊りの輪に加わることが出来ることが人気です!
服装は自由ですが、浴衣が基本です。

おどり屋形流しや式典が行われる発祥祭から、屋形送りと提灯行列が行われるおどり納めまでの間、延べ32夜にわたり開催されます。
個人・団体・地区対抗・変装おどりなどの各種コンクールや、城下町花火大会、「徹夜おどり」が開催され、8月13日から16日までは夜8時から翌朝まで踊り明かします。

風情ある城下町の雰囲気と共に郡上おどりを楽しめます。

開催期間 2019年7月13日(土)~9月7日(土)
会場名 郡上八幡 城下町一帯
(岐阜県郡上市八幡町 市街地各所 ※日ごとに会場が異なります)
参加費 無料
アクセス ・お車…東海北陸自動車道 郡上八幡ICより約5分
    ・鉄道…長良川鉄道 郡上八幡駅 よりまめバスで10分ほど(徒歩約15分)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.gujohachiman.com/kanko/odori_e.html

目的お祭り大好き,体験,日本の花火,暇なら寄ったら?,観光名所,遊ぶ,食べ歩き,2回目の日本に最適
最寄り空港/駅郡上八幡駅 (約1.8km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

別称、積翠城せきすいじょう 郡上城ぐじょうじょう  すぐ近くの駐車場🅿まで車で登ることができます。道は狭いけど上り下りが一方通行なのですれ違いはないので安心ですよ。お城🏯は4層5階建木造建築🏯🏯木造再建城としては日本最古😱昭和8年(1933年)に天守台跡に天守閣、隅櫓などを再建  城内は歩くとウグイスばりのようです😱城御朱印(登閣記念符)が購入出来ますよ👍300円   天守閣からの眺めも素晴らしく新緑  青もみじ🍁が綺麗でした❗

4.01 週間前

山奥の小さな城下町の小高い丘の上にある小さなお城の天守の梯子、床を歩く度にギシギシ鳴る。それが益々昔への郷愁が感じられる。上から見る郡上八幡の町は水と緑の街。本当に大勢の人たちが踊る盆踊りは見るも踊るも楽しい。お城には頂上まで自動車(運転に自信のある人)で行けます

5.01 か月前

立派なお城でした。
中は展示物があり、消火器は木の箱で隠されているという細かい気配りに感動しました!
丁度紅葉の時期だったので眺めも最高でした!消火器むき出しにしているどこぞの城より素晴らしい(笑)
あと駐車場は城の近くにあります。街でとめると、城までかなり歩きます(笑)

4.02 週間前

居心地がよく、温泉もゆったり出来て、料理も美味しかったです。
乳幼児を連れて行ったので、出来れば授乳室があると助かります。
食事は美味しく量も多くて食べきれませんでした。
座敷で座って食事できれば良かったです。

4.01 か月前

郡上の街、長良川沿いなどから見上げると八幡城が少し見える。あの城へ行ってみようと、細く急こう配の坂を車で登ると、大城ではないものの八幡城に着く。城の中は展示館になっているが、見渡す景色はじゅうぶん楽しめる。個人的には、トンネルから抜ける高速道路が見えるのが気に入っている。私が八幡城へ行った時は雪積もる季節だったが、それもまた画になる景観だった。