8/14~8/15 奈良春日大社の中元万燈籠

奈良県のイベント情報


8/14~8/15 奈良春日大社の中元万燈籠3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月14日 ~ 2019年8月15日

奈良県奈良市春日野町160 春日大社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

春日大社の万灯籠は神様に浄火を献じる、約800年昔から行われてきたと言われ行事です。
世界遺産の春日大社は、燈籠の数が日本一多い神社。
平安末期からから貴族や武士、庶民により奉納された燈籠約3,000基。
春日大社の境内の灯籠は2,000基の「石灯籠」、そして1000基の「釣灯籠」となっています。

毎年2月の節分と8月14日・15日に、全ての灯籠に火を灯し、神様に家内安全・商売繁盛・無病息災などを祈願をするのが中元万燈籠となります。
奉納された燈籠の中には、かわいい鹿のモチーフもあり、色んな形を見つけるのも楽しみの1つ。
14日に舞楽、15日に神楽の奉納が行なわれた後、石灯籠が並ぶ二之鳥居から本殿付近、釣灯籠の灯りが照らし出す朱色の回廊など、薄闇に包まれた境内が神秘的な雰囲気に包まれます。
「しあわせ回廊なら瑠璃絵」などの他のイベントに合わせて実施されることもあります。
春日大社の参道には、オリジナルの提灯を販売する仮設ブースがあり、巫女さんたちが頑張っています。
石灯篭の合間にもひょっろと鹿が出てきます。
開催時期 2019年8月14日 ~ 8月15日
19時頃……全燈籠に灯がともる
21時半……閉門予定
15日10時 中元疫神祭(ちゅうげんえきじんさい)※拝観不可

拝観:回廊内特別参拝は500円。また、3000円以上の初穂料で献燈可
場所:直会殿(舞楽)・境内一円

クルマ:名阪国道の天理インターからR169号を北上し、県庁東交差点を右折(約8.5km)

交通:
●近鉄奈良駅から徒歩25分
●JR奈良駅から徒歩35分
●奈良交通バス「春日大社本殿」下車すぐ
●奈良交通バス「春日大社表参道」徒歩約10分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.kasugataisha.or.jp/calendar/summer08.html

目的お祭り大好き,パワースポット,世界遺産,伝統民俗,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅奈良駅 (約2.6km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

いわずと知れた奈良公園近くの格式ある神社です。
奈良公園や、東大寺とともに、奈良公園を歩きながら、散策するのがいいと思います。なんと言っても、春日大社は、この朱色が特徴的ですね。神社にはよくある色ですが、歴史があるからか、なんとなくここは特別な感じがします。
個人的には、境内のこれまた朱色の壁に連続で釣られている灯篭が風流で好きです。

5.0過去 1 週間以内

清々しくうららかな春の日のような最も美しい
世界。聖地、御蓋山(みかさやま)の中腹に建つ大和の国を見守る神社。1300年ごろに創建されました。神様により、人々は自然の中で生かされ、恵みを得て命を育み、幸せを紡ぎ、先祖から現在、そして未来の子や孫へとつながってまいります。その美しい世界が春日なのです。奈良の鹿は春日大社の神鹿(しんろく)です、神様のお供、神の使いとして大切に扱われています。現在1200頭ほどいるとのこと。

5.01 か月前

石灯籠が続く、なだらかな坂道の長い参道。ここにもたくさんの鹿が。ここまで来たからにはと、特別拝観料を払ってありがたく参拝してきました。訪れた日は結婚式をされていて、一層神聖な雰囲気でした。

4.03 週間前

世界の観光客が訪れる所のようで、境内では多種多様な言語がとびかっていました(笑)
パワースポットや縁結びの神様のところでの水占いなど、若い方も多いイメージでした。
おみくじは鹿がくじをくわえているものもあり、奈良ならでは!
駐車場のところに喫茶があり、そこのソフトクリームはインスタ映え?しそうでしたよ~。
なにより、鹿がいたるところに当然のごとくうろつき、神の遣いとはいえ、天然動物園のようでした(^_^;)

4.02 週間前

1日1000円駐車場代で駐車。長寿の多賀神社が、案内図やパンフレットになかったが、巫女さんに聞いたら中にあるとの事でした。暗くした中に明かりを灯した灯篭があり、なかなか良い雰囲気でした。東大寺大仏伝まで夏の暑い中10分程歩くのは結構疲れました。