8/14~8/15 奈良春日大社の中元万燈籠

奈良県のイベント情報


8/14~8/15 奈良春日大社の中元万燈籠3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年8月14日 ~ 2018年8月15日

奈良県奈良市春日野町160 春日大社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

春日大社の万灯籠は神様に浄火を献じる、約800年昔から行われてきたと言われ行事です。
世界遺産の春日大社は、燈籠の数が日本一多い神社。平安末期からから貴族や武士、庶民により奉納された燈籠約3,000基。春日大社の境内の灯籠は2,000基の「石灯籠」、そして1000基の「釣灯籠」となっています。
毎年2月の節分と8月14日・15日に、全ての灯籠に火を灯し、神様に家内安全・商売繁盛・無病息災などを祈願をするのが中元万燈籠となります。
奉納された燈籠の中には、かわいい鹿のモチーフもあり、色んな形を見つけるのも楽しみの1つ。
14日に舞楽、15日に神楽の奉納が行なわれた後、石灯籠が並ぶ二之鳥居から本殿付近、釣灯籠の灯りが照らし出す朱色の回廊など、薄闇に包まれた境内が神秘的な雰囲気に包まれます。
「しあわせ回廊なら瑠璃絵」などの他のイベントに合わせて実施されることもあります。
春日大社の参道には、オリジナルの提灯を販売する仮設ブースがあり、巫女さんたちが頑張っています。
石灯篭の合間にもひょっろと鹿が出てきます。
開催時期 2018年8月14日 ~ 2018年8月15日
19時頃……全燈籠に灯がともる
21時半……閉門予定
15日10時 中元疫神祭(ちゅうげんえきじんさい)※拝観不可

拝観:回廊内特別参拝は500円。また、3000円以上の初穂料で献燈可
場所:直会殿(舞楽)・境内一円

アクセス 名阪国道の天理インターからR169号を北上し、県庁東交差点を右折(約8.5km)
●近鉄奈良駅から徒歩25分
●JR奈良駅から徒歩35分
●奈良交通バス「春日大社本殿」下車すぐ
●奈良交通バス「春日大社表参道」徒歩約10分

http://www.kasugataisha.or.jp/calendar/summer08.html

目的お祭り大好き,パワースポット,世界遺産,神社・寺,観光
最寄り空港/駅奈良駅 (約2.6km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

日本の国の繁栄と国民の幸せを願って768年
みかさやまの中腹のこの地に社殿を造営し、
四柱の神々様を併せお祀りし春日大明神様と尊称されています。自然が生んだ緑と朱塗りの社殿のコントラストが印象的でした。この光景に魅せられ 世界の人々がこの地に訪れる情熱と感性の
豊かさに感銘を受けました。

4.01 週間前

神に使えているだけで
参拝者には冷たい感じの巫女さんが
多いので接客態度が悪いとは
思わないように

接客ではないのだと言い聞かせてから
話しかけましょう

とにかく参道を三条通りから歩くと
行きは30分くらいかかります
帰りは下りでそうは感じませんが

春日大社本殿行きのバスが
一番歩かずに済みますが
迷子にならないようナビしながらがお勧め

白い鹿が加えたおみくじが可愛かったです
家でも飾れて素敵です

5.01 週間前

美しいです。でも海外の観光客が多くて参拝どころではない。手水舎も興味半分でキャッキャ遊んでいてとても不快。歴史的な建物であると同時に、日本人にとっては祈りの場所という事を理解して欲しい。

5.02 週間前

朱色が映えるとても綺麗なお社でした。
灯籠が騒然と並んでいるのは圧巻です。
毎年お盆には春日大社にある灯籠全てに明かりが灯るらしいです。
鹿みくじはとても可愛いらしいのでおススメです。

5.02 週間前

春日の森。樹齢何年だろうか、、太い木の根が地表に盛り上がり、何度も、自然に傷めつけられても、幹の横から新しい枝を伸ばし、圧倒的な存在感を感じる、そこに、朱のお社があり、神の使いの神鹿が、悠然とくらしている。
多くの外国からの観光客、小学生の遠足、中学生の修学旅行、神聖な空気を感じて欲しいと思います。

枝下桜の薄ピンク、苔の緑、黄緑、燈籠の石のグレー、そして、朱の建物。色合いの美しさに何枚も写真をとりました。そこへ神鹿が、一緒に写してと、あらわれました。