8/16 五山送り火(大文字焼き) in 京都

京都府のイベント情報


8/16 五山送り火(大文字焼き) in 京都3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月16日 ~ 2019年8月16日

京都市内

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都三大火祭は五山送り火(大文字焼き)・清涼寺(嵯峨釈迦堂)のお松明式・由岐神社の鞍馬の火祭です。
葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大行事の一つともされ、京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行事です。

五山送り火は毎年お盆の翌日の8月16日に行われます。
見物客は平日でも10万人を超えるといわれ、京都の町中は人であふれます。
京都市を囲む山々に炎の「大」「大」「妙・法」の文字と「鳥居」、「船」の形が次々に浮かび上がります。
5つの送り火はすべて京都市登録無形民俗文化財です。

お盆(盂蘭盆)にあの世(冥府)から帰ってきたお精霊さん(おしょらいさん・死者の霊)をあの世に送り返す為、多くの灯明を灯して仏神を供養する万灯会(まんどうえ)が山の山腹で行われるようになり、お盆(盂蘭盆会)の精霊の送り火(門火(かどび))になったとも言われています。
苦しんでいる亡者を救う仏事だったが、日本では魂たま祭りと習合して、祖先を供養する仏事になったと言われています。

反時計回りに大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居形の順に20:00から5分間隔で点火されます。
それぞれ30分程見ることができます。

【五山送り火 大文字20:00点火】
●場所位置・・・左京区浄土寺・大文字山(標高約466メートル)
●大きさ・・・一画が長さ約80メートル・二画が長さ約160メートル・三画が長さ約120メートル(火床75基)
●スポット・・・鴨川(賀茂川)堤防の西側(御薗橋~丸太町橋の間)・出町柳の三角州周辺など

【五山送り火 妙法20:05点火】
●妙の場所位置・・・左京区松ヶ崎・西山(標高約133メートル)
●大きさ・・・最長約95メートル(火床103基)
●スポット・・・北山通(ノートルダム女子大学から松ヶ崎駅の間)など

●法の場所位置・・・左京区松ヶ崎・東山(標高約187メートル)
●大きさ・・・最長約75メートル(火床63基)
●スポット・・・北山通(松ヶ崎駅から京都工芸繊維大北側の間)、高野川堤防〔高野橋北〕など

【五山送り火 船形20:10点火】
●場所位置・・・北区西賀茂・船山(標高約317メートル)
●大きさ・・・縦約130メートル・横約200メートル(火床79基)
●スポット・・・賀茂川(鴨川)堤防の東側(御薗橋から北大路橋の間)・船岡山公園・北山通〔北山橋から北西〕など

【五山送り火 左大文字20:15点火】西大路通
●場所位置・・・北区大北山・左大文字山(標高約231メートル)
●大きさ・・・一画が長さ約48メートル・二画が長さ約68メートル・三画が長さ約59メートル(火床53基)
●スポット・・・西大路通(金閣寺周辺から西院の間)・わら天神(敷地神社)など

【五山送り火 鳥居形20:20点火】 鳥居形は広沢池灯籠流しともに楽しめます。
●場所位置・・・右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山(標高約100メートル)
●大きさ・・・縦約76メートル・横約72メートル(火床108基)
●スポット・・・渡月橋・嵐山公園中之島地区、 松尾橋・広沢の池など

開催時間:毎年8月16日20:00から順次点火
     小雨決行

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/

目的お祭り大好き,パワースポット,一生の記憶に残る,世界遺産,伝統民俗,夜景,大自然,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅京都駅 (約6.1km) Google Transit