9/23~9/24 大原はだか祭り

千葉県のイベント情報

9/23~9/24 大原はだか祭り4.4

このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年9月23日 ~ 2018年9月24日

千葉県 いすみ市大原海水浴場、大原中央商店街、大原小学校

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年9月23日・24日の2日間、五穀豊穣と大漁祈願を願って地域が一体となって盛り上げる秋のお祭りです。勇壮豪快・関東随一と評されています。
初日23日午前9時に大原地区の神輿十社は親神(おやがみ)である鹿島神社に参集、法楽施行、午後大原漁港に向う。東海・浪花両地区の神輿もそれぞれ地区の行事後大原漁港へ集結。
三地区(大原、東海、浪花)にある18神社の神輿を、男たちが海へと担ぎ込んでは駆け巡るという「汐ふみ」が有名です。怒涛の中神輿が数社もみ合う様は、勇壮豪快の一語につきます。

フィナーレは大原小学校の校庭で神輿を高く掲げて別れを惜しむ「大別れ式」です。17時頃から、大原小学校の校庭を力の限り18社の神輿が駆け巡ります。夕闇が濃くなってくると、駆け終わった神輿は、何度も高く投げ上げられ、受け止められます。神輿の提灯に灯が入る頃になると、空には花火が打ち上げられ、大別れ式が始まります。
やがて、日も落ち提灯に灯りを灯すころ、各神輿が二社、三社と寄りそい哀調を帯びた別れを惜しむ唄を「若けもんども、別れがつらい、会うて別れがなけりゃよい」と幾度となく繰り返し唄い、哀愁を漂わせる様も必見です。
大別れ式終了後、夕闇がせまり、商店街通りで神輿がもみ合います。商店街は全ての神輿がねり歩き祭り一色となります。その後は、来年までしばし神輿との別れを惜しみ、若衆が遅くまで神輿をもんだ後、甚句や木遣り唄によって宮入となります。

大原地区では300年以上前から、東海地区では200年以上前から続いている祭典です。
海の男たちの情熱と優しさの両面を十分に感じることのできるこの祭りには熱心なファンも多く、毎年多くの観衆でにぎわいます。

※会場及び会場周辺で無人航空機「ドローン」を飛ばす行為は禁止です。
※汐ふみは23日となります。

開催場所
大原海水浴場、大原中央商店街通り、大原小学校グランド他

交通アクセス: JR外房線大原駅下車
・汐ふみ会場(大原海水浴場)/徒歩20分
・大原中央商店街渡御/徒歩1分
・大別れ式会場(大原小学校)/徒歩15分

http://www.city.isumi.lg.jp/miryoku/bunka/matsuri/post_192.html

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,ゲラゲラ爆笑,スリル満点,パレード,ビーチがある,男性好み,神社・寺
最寄り空港/駅大原駅 (約1.6km) Google Transit