2018/7/10~9/10 富士山登山シーズン(静岡側)

静岡県のイベント情報


2018/7/10~9/10 富士山登山シーズン(静岡側)4.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年7月10日 ~ 2018年9月10日

富士山

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

富士山頂上を目指す登山シーズンは、7月上旬~9月上旬まで、その他の期間や積雪期は危険!
富士登山口としては、富士宮口・富士吉田口・御殿場口・須走口などがありますが、中でも須走口は初心者にも易しい登山口として人気があります。
須走登山道は、東麓の須走から、頂上火口を隔て剣ケ峯の対岸にある久須志岳まで登るコースで、途中本8合で富士吉田口登山道と合流して山頂に至ります。
須走までのバスや車の利用は、運行状況と道路事情を事前に確認しておきましょう。夏の登山期間には古御岳(5合)まではバスがあり、冬季以外には車も利用できますから通常登山はここから始まります。
他の登山道に比較して、森林限界が2,700メートルと高いため、植物にも恵まれ傾斜も緩やかで歩きやすくなっています。規則正しい間隔で現れる山小屋(石室)ごとに、短時間の休憩をとりながら登れば、本8合まではあまり苦労しないで登れます。

吉田ルート(山梨県側) 7月1日(日) ~ 9月10日(月) 下山ルートは9月11日の午前中まで通行可能
須走ルート(静岡県側) 7月10日(火) ~ 9月10日(月)
御殿場ルート(静岡県側) 7月10日(火) ~ 9月10日(月)
富士宮ルート(静岡県側) 7月10日(火) ~ 9月10日(月)

3,000mを超える富士登山では、天気が急変しやすく、また下山が遅れる可能性もあるので、出発前に必ず装備のチェックをしておきましょう。

http://www.fujisan-climb.jp/index.html

目的ここは行っとけ,スリル満点,世界遺産,友達に自慢できる,大自然,観光,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅富士山駅 (約13.2km) Google Transit

口コミ

5.04 か月前

2018年7月22-23日
標高2000mの五合目から浅間大社まで歩きました。最初は森の中を歩きます。六合目まで少し長いです。そこからは木はなくなって、植物がたくさん見えてきます。
七合目付近からかなりの傾斜がありました。
下江戸屋で吉田ルートの客が増えて大変混雑します。
上江戸屋で一泊し、その後一時間半ぐらいで登頂。
お鉢巡り 大社ー白山岳ー剣が峰ー御殿場ルートへ

帰りは砂走りで帰れるようですね。今度登る機会があれば吉田ルートか富士宮ルートから登って須走ルートで帰りたいです。

5.08 か月前

2018年8月19日に登頂、登山経験は皆無で単独登山(今思い返せばとても無謀)、天候はほぼ晴れ、3:30より麓の「山荘菊屋」より出発、10:00に山頂へ到着、きつくなってくるのは「御来光館」あたりより、歩けなくなったらいったん横に退いて立ち止まり「マーブルチョコ」と「携帯酸素」を取ればたちまち歩ける、最後の9合目は一部四つん這いになって歩いた一面もある、スティックは登りはほぼ不要、かえって邪魔になる。帰りは12:30下山、15:45五合目に着、帰りは大変すべりやすく4度転んだ(幸い怪我に至らず)靴に大量の砂や小石が入り込むため、対策が必要、行きよりも帰りが大変であった。

4.010 か月前

森の中からスタートのため、コースが変化に富んでいて面白いです。小屋は少なく登山経験者向け。途中から吉田ルートに合流するので、そこからはかなり混雑します、下りは砂走りという砂利道の下山道のため快適かつ早く下山することができます。
森や高山植物、ガレ場と様々なシュチュエーションが楽しめ、二度目以降のある程度登山経験のある場合の富士山登山におすすめなルートです

2.08 か月前

他のコースと比較すると、タイムレコードがデタラメ感がある。
特に8号目の吉田口までの予定期間は大幅に超過する傾向がある。
雨が降った後の6号目までは、湿気が多くジメジメして、岩にはコケが生えているので、気がつかずに踏み込むと転倒事故で済まない可能性がある。
帰りは反面、砂走りに慣れていれば2時間で下山する事が可能。

4.06 か月前

経験者向けのルート、足回りの装備がないと登りは良いが下山は大変です。