2019/10/19~10/20 名古屋まつり

愛知県のイベント情報


2019/10/19~10/20 名古屋まつり4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月19日 ~ 2019年10月20日

愛知県名古屋市市街地

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

名古屋まつりは、昭和30年に始まった名古屋の秋を彩る最大の祭です。

まつりのメインとなる豪華絢爛な行列では、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が約600人を従えて行進する郷土英傑行列のほか、歴史と伝統に彩られた指定文化財「山車揃」や市文化財「神楽揃」、華やかなフラワーカーなども登場します。
(神楽揃:獅子頭を納めた神楽屋形は、この地方特有の文化財。今年(65回)は、新茶屋神楽、知多神楽、小碓町神楽、当知町神楽(以上港区)、東ノ切神楽、西ノ切神楽、中ノ切神楽、、南ノ切神楽(以上中川区)の8台が参加します。)
(山車揃:からくりの演技や華やかな水引幕など、見どころいっぱいの貴重な山車が勢揃い。
【第65回行進順】 神皇車→湯取車→河水車→鹿子神車→王羲之車→二福神車→唐子車→紅葉狩車→福禄寿)

ほかに、子ども会みこしパレード、ロサンゼルス市、メキシコ市、南京市、シドニー市、トリノ市、ランス市など姉妹友好都市親善パレード、総勢300人のフラワーカーパレード、各界活躍してる方が参加するスポーツ・文化パレードなどなど、目白押し。

久屋大通公園やオアシス21などの会場では武将隊による演武ステージやなごやめしを中心としたグルメゾーンなど楽しいイベントを企画しています。
名古屋城(9:00~16:30頃)でもステージやイベントが行われます。

また、名古屋を代表する無形文化財・無形民俗文化財が一堂に会する郷土芸能祭や名古屋市の姉妹友好都市によるシスターシティ・フェスティバルなどの多彩な会場行事、名古屋城・東山動植物園など名古屋市内の観光施設の無料開放も行われます。

開催期間 2019年10月19日(土)~10月20日(日)
開催地 久屋大通公園会場、オアシス21会場、名古屋城会場ほか
昨年の来場者数 24万人
料金:無料[行列有料観覧席(2000円)もあり]
アクセス:名古屋市営地下鉄栄駅→徒歩すぐ
駐車場 なし

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.nagoya-festival.jp/

目的お祭り大好き,アクセス良好,ゲラゲラ爆笑,パレード,伝統民俗,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅栄駅 (約1.3km) Google Transit