10/21~10/23 京都時代祭

京都府のイベント情報


10/21~10/23 京都時代祭4.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年10月21日 ~ 2018年10月23日

京都市左京区岡崎西天王町97 平安神宮

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

時代祭は京都府京都市の左京区にある平安神宮の例祭で、平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を奉祝する行事として、明治28年(1895年)に始まりました。
葵祭、祇園祭とともに京都三大祭の一つとして知られ、国内はもとより海外からの参観者も多くいます。
山国隊の奏する笛、太鼓の音色を先頭に各時代の装束を身に着けた人々約2,000名・馬70頭・牛2頭も参戦、約2キロにわたる行列の巡行は約2時間で、順次、平安京の造営された延暦時代にさかのぼり、私どもの心に過ぎ去った京都の歴史をしのばせます。
壮大な歴史絵巻を再現する行列ですが、各時代行列に使用する衣裳や祭具の一つ一つが、厳密な時代考証をもとに昔の伝統工芸技術を再現して作製されたクオリティーの高い"本物"であるところにその特徴があります。
扮するは明治維新時代から始まり、時代を遡って江戸時代、安土・桃山時代、室町時代、吉野時代、鎌倉時代、藤原時代、延暦時代の8つ時代に分けられます。
それは日本の歴史の縮図とも言えます。
最後に御鳳輦の神幸列、及び弓箭組列の順で編成されています。

開催日程:10月21日 前日祭
     10月22日 神幸祭、行在所祭、還幸祭
     10月23日 後日祭
開催時間:時代風俗行列10月22日、京都御所出発12時→烏丸御池12時50分 →平安神宮14時30分 雨天順延
交通手段 〈平安神宮〉
◆市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
◆地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩10分
駐車場 駐車場なし

https://www.kyokanko.or.jp/jidai/gyoretsu.html

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,パレード,パワースポット,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光,超メジャー,遊ぶ
最寄り空港/駅京都駅 (約4km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

京都で一番好きな神社です。
とても気持ちが良い場所です。
広々とした境内は一面白砂が敷かれており、左右対称のバランスの良い建物とのコントラストの美しさ、広さ、静かさに感動を覚えます。
シンプルな美、というのでしょうか。
とにかく美しいです。

まだお庭を拝観していないので、お花がきれいな時期にまた伺いたいと思っています。

5.0過去 1 週間以内

明治28年、平安奠都1100年紀念祭に平安京の始祖、第50代桓武天皇を奉祝する為に創建し京都の総鎮守の社になる。    設計者は建築家伊東忠太、名だたる代表的建築を手掛けた人物で社殿は朝堂院(大内裏の正庁)を模して約8分の5に縮小し、二層神門は応天門、外拝殿は大極殿を模して建立しています。そして紀元2600年になる昭和15年には、第121代の孝明天皇を合祀して新たに社殿や回廊等を増築し現在の姿になる、しかし本殿が昭和51年に焼失して3年後に復興する。現在、存在する社殿は、外拝殿(大極殿)、神門(応天門)、蒼龍楼、白虎楼、歩廊、龍尾壇はいずれも重要文化財に指定されます。本来の平安京の社殿は縮小でなく実際の規模は1,4倍ほど大きい構造であったとされ、瓦製造、発掘調査により検証すると緑釉瓦は官一元管理で洛北小野、幡枝辺りで生産されていた様で、使われた瓦当范から軒丸瓦、軒平瓦が中心に作られており、他の瓦は従来のいぶし瓦を用いていた様子からも、あくまでも屋根の縁取りを強調する軒箇所または妻部分に緑釉薬瓦が使われてたのであって、現在の屋根の様に全てを緑釉瓦で葺かれてはいない様です。若干違いがあり全体像としては、現代の社殿はあまりにも美しすぎて豪華に出来上がっていると言えます。
表参道の神宮道には、琵琶湖疎水に架かる慶流橋北側にそびえ立つ高さ24,2㍍の大鳥居をくぐり一直線に神門応天門が位置してます。門に掲げた額には『應天門』の筆、かつて弘法大師が手掛けられて額が掲げられてから『應』の字の点を1つ書き忘れた事に気づき慌てて筆を投げて点を書き加えたと伝わり    
いわゆる、弘法も筆のあやまりの諺はこの事を伝えているそうです。
神苑は、東神苑、中神苑、西神苑、南神苑の四神苑からなり南苑以外は、7代目小川治兵衛(植治)作庭として有名です。
そして南神苑には、蹴上の水力発電所で出来た電気で走った日本最古の電車(チンチン電車)が運行廃止の年に日本近代技術発展に寄与した功績により納められた。
神苑敷地面積33000㎡の中には、春夏秋冬の四季を演出する為に、春には紅しだれ桜を南神苑に、初夏には日本古来品種200種2000株の花菖蒲と1000種、社若(カキツバタ)が花開くのが中神苑であります。
初秋~中秋には、撫子、女郎花等、秋の七種、百日紅など、また泰平閣(橋殿)からは東神苑が眺めは誠に綺麗に見渡され、南神苑には秋萩も見事に綺麗で有名です。
冬の雪も降り積もる茶室の屋根に澄心亭(西神苑)と年中飽き無い季節の庭園です。
春は観桜茶会が4月1日~15日迄、開催。
メインの時代祭は10月22日の平安京建都記念に時代行列の11講社が8つの時代を20の列で構成され時代の風俗をした衣装、道具を身に付けて御所を出て堺町御門を西へ、烏丸御池東進、河原町南下、三条通東進、神宮道を北上し神宮へ巡行のお祭りです。
京都三大祭の1つで、豪華絢爛な時代考証に基づき復元されており、まさに京都の伝統工芸技術の粋を詰め込んだ行列を観れます。
交通アクセスは市バスの各系統が常に往来し充実してます。岡崎ループと言う周回バスもあり近郊への移動も便利です。
お車では、市営の岡崎地下駐車場🅿あり。

5.01 か月前

風水 京都最強パワースポット ランドマーク朱塗りの大鳥居 南正門 色鮮やか応天門 広大な境内敷地 夢見るような美しい竜宮城を思わす建物 社殿を囲む美しい庭園神苑 大極殿にて参拝 御朱印授かり境内他 素晴らしい朝堂院正殿 内拝殿 神楽殿 そして多くの釣灯籠等に圧倒されます。 帰路 三条大橋目指し 途中の寺院の掲示板が私に呼びかけるかのように「逆境は人を育て人に知恵を授ける」が私の心に なぜか カタチにない素晴らしい大切なお土産になりました。

5.0過去 1 週間以内

明治時代からの神社と聞いて最初、驚きました。七五三や結婚式など、記念すべき日に訪れる人々も多いかと思います。
私は、よく神苑を訪れます。紅枝垂れ桜は、谷崎潤一郎『細雪』で四姉妹が花見に来ることで有名です。いくつかの池があり、季節ごとにカキツバタ、ハナショウブ、スイレンなどが美しく咲いています。またアオサギやカモも池を泳いで、訪れる人々を楽しませています。
前に2つの美術館、そして図書館があり、楽しみはたくさんあります。神宮道を南に行くと青蓮院、知恩院があり、文化の香りのするエリアになっています。

4.03 週間前

明治28年に創建された神社なので、京都の歴史の中では新参も新参である。桓武天皇と孝明天皇という、神話の中に霞んでいるわけではない「生身の人物」が御祭神であるのも、個人的には素直に手を合わせられないところがある(明治神宮にはあまりそれを感じないのだけれど……)ものの、やはり広壮な建築美には圧倒される。
かつてこれに放火全焼させたクズがいたが、炎の中から立ち上がった社殿は、そうした愚行を克服する神道の力を感じさせ、かえって美しいようにも思える。