2020/1/31~2/11 さっぽろ雪まつり

北海道のイベント情報


2020/1/31~2/11 さっぽろ雪まつり4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年1月31日 ~ 2020年2月11日

北海道札幌市大通公園ほか

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

1950(昭和25)年に地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に展示して始まったさっぽろ雪まつりは、北海道の冬を代表する祭りとして、今では国内外から約250万人以上が訪れる札幌の冬の一大イベントとなりました。
今年は三会場で約雪像200基が作られています。

大通公園では、1~12丁目の約1.5kmに渡り大小さまざまな雪氷像が並び、日没から22時までライトアップされます。
雪像に写されるプロジェクションマッピングも華やかにイベントを彩って、次々と移り変わる映像美はとてもロマンチックです。
11丁目の国際雪像コンクールには世界各国のチームが参加し、会期中に制作過程を見る事もできます。

つどーむ会場では、巨大なすべり台、雪の迷路、スノーラフトや雪と触れ合える屋内外のイベントが行われるほか、屋内休憩所や飲食ブース、お子さんが遊べるファミリー広場など、子供から大人まで自然や雪とふれあうことができます。

すすきの会場には氷彫刻コンクールや氷像のライトアップ、アイスバーなどが登場し、魚やカニを氷の中に埋め込んだ魚氷などを展示します。
幻想的な氷像がイルミネーションの輝きを受けながら立ち並んでいます。
会場ごとに趣きが変わるので、それぞれに足を運んでたっぷり冬のイベントを満喫しよう!

毎年恒例の屋台グルメも盛況で、雪まつりが開催される2月初旬、札幌の街はことさら賑やかになります。
大通会場の真ん中、6丁目に2007年から開始し好評の「北海道★食の広場」がオープン!
こちらはただの祭りの屋台じゃない!公募制で選ばれた北海道各地のうまいものが一堂に会する、デパートで行われる「北海道物産展」に興奮するタイプの方にはたまらないイベントです。
メニューは焼き牡蠣・ホタテ、ジンギスカン、ザンギなど、北海道に行ったら食べてみたい定番メニューから、うにごはんやズワイ蟹甲羅盛りの炭火焼、クラムチャウダーなどなど、通好みのこだわりメニューまで。
北海道で人気のカフェのコーヒースタンドなんかもでて、雪まつり会場だけでもかなりの数の北海道名物が網羅出来ます。
また、国際雪像コンクールが開かれる11丁目には、「食の国際交流」コーナーも登場!
トルコ・ロシア・スペイン(2016年)など海外の料理が楽しめる屋台も登場いたします。

雪まつり終了翌日、雪まつりのウラの楽しみとして年々注目を浴びているのが「雪像破壊」です。
約1か月かけて丁寧に作られた大雪像の数々が、終了日翌日の早朝からショベルカーで容赦なく破壊します。
あっというまに立派な雪像が雪山に変わってゆく、その様が大変好評なのです。

開催期間
大通会場:2020.2.4[火]~2.11[火・祝]※前日開放はありません、ライトアップは22:00まで
すすきの会場:2020.2.4[火]~2.11[火・祝]ライトアップは23:00まで※最終日22:00まで
つどーむ会場:2020.1.31[金]~2.11[火・祝]開催時間:9:00~17:00

会場
大通会場住所:札幌市中央区大通西1丁目~12丁目
つどーむ会場住所:札幌市東区栄町885番地1
すすきの会場住所:札幌市中央区南4条通~南7条通までの西4丁目線

交通手段
大通会場:札幌市営地下鉄大通駅下車すぐ
つどーむ会場:札幌市営地下鉄東豊線栄町下車徒歩約15分
すすきの会場:札幌市営地下鉄南北線すすきの駅下車すぐ

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.sapporo.travel/event/winter/sapporo_snow_festival/

目的お祭り大好き,アクセス良好,グルメ,ゲラゲラ爆笑,夜景,家族向け,日本のリゾート,日本の冬を感じる場所,観光名所,超メジャー,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅すすきの駅 (約0.6km) Google Transit