2018/9/15~9/30 巾着田曼珠沙華まつり

埼玉県のイベント情報


2018/9/15~9/30 巾着田曼珠沙華まつり4.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年9月15日 ~ 2018年9月30日

埼玉県日高市高麗本郷125-2 巾着田曼珠沙華公園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

曼珠沙華(マンジュシャゲ)は、仏教梵語では「天上の花」「赤い花」という意味。
多年生の球根性植物で高さは30cm~50cm程度。
秋のお彼岸時期に咲く美しい赤い花「彼岸花(ヒガンバナ)」の別名。
彼岸花はまっすぐな茎の上に花だけをつけて、葉は花が散って後にゆっくり生まれ出ます。
韓国名はロマンチックでサンシチヨ(想思華)と呼びます。
1本の茎を共有しながら花と葉は決して出会うことはないので、花は葉を想い、葉は花を思い焦がれているから「想思華」に名づけます。
彼岸花が野や里に朱を散らすと、爽やかな風とともにしのびやかに秋がやってきます。

埼玉県日高市を流れる清流高麗川の蛇行によって自然に作られた「巾着田」は面積約5.5haと日本最大級の曼珠沙華群生地。
今年の見ごろは9月いっぱいで、約500万本の真っ赤な曼珠沙華が一面に咲き誇る様子は圧巻の感動もの!
神秘的な魅力を持つ曼珠沙華の大規模群生を見ることができるのはここだけとあって期間中には約30万人の観光客で賑わいます。

最盛期になると、群生地である雑木林の下に、真紅の絨毯を敷き詰めたような景色が広がります。
曼珠沙華まつり期間中は幻想的な風景だけでなく、地元のグルメや特産品を楽しめる出店やステージイベントなど内容盛りだくさん!
また9月下旬からは敷地内の1ヘクタールのコスモス畑も見ごろを迎えダブルで楽しめます。
特に9月23日(日)に同会場内で開催される「第3回ひだか栗フェスティバル」では、日高市の特産品である栗が堪能できます。


開催期間:2018年9月15日(土)~2018年9月30日(日)
開催場所:巾着田曼珠沙華公園
入場料:300円 20名以上の団体だと240円になります。(中学生以下は無料です。)
住所:埼玉県日高市高麗本郷125-2
最寄駅:西武池袋線の「高麗駅」から歩いて約15分
    JR川越線の「八高線高麗川駅」から歩いて約40分

https://www.hidakashikankou.gr.jp/manjushage/

目的アクセス良好,大自然,季節の花,観光,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅高麗駅 (約0.7km) Google Transit

口コミ

4.02 週間前

あたり一面の曼珠沙華には感動です。川岸も美しく整備され、広い広場にはお店が色々あって、買い食いも楽しいです。ヤキグリはうまかった!

5.02 か月前

バーベキュー、デイキャンプ目当てなら車で、曼珠沙華目当てなら、あえて日和田山まで足を伸ばして、ウォーキング、ハイキングを楽しんではいかがですか?
整備された道なので、スニーカーで大丈夫。
幼稚園児でも登れます。
金比羅神社から見下ろす巾着田は必見です。
山というより森の中を季節楽しみながら歩けます。

もし、奥武蔵を気に入ったなら山道が書かれている山岳マップの購入をオススメします。

4.04 か月前

2018年9月、超混、花も見頃を過ぎて残念でした。どうやら天皇陛下が昨年いらしてから、知れ渡ったらしく^^;
ただ、よさこいや、和太鼓などのステージやうどんそば、地域の特産品のお店、果ては現地までの道沿いの家々が自家製漬物やら、野菜、手作りアクセサリーまで販売していて、イベントやお祭り好きの方には楽しいかもしれません、
私は、近くの郷土資料館や古民家が無料で見れて面白かったです。ちょっとした旅行気分が味わえました。

5.04 か月前

今回はあいにくの雨だったのでいい感じな写真が撮れませんでしたし青空の彼岸花が見たかったです、でもやっぱりこれだけの彼岸花が群生していて、まして満開の彼岸花は一見価値が有ります、ちょっとずつ協力金が上がっていたがこれだけの彼岸花を管理するので仕方が無いのと思いました。
毎年秋になると来ます、一面の満開の彼岸花、初めて見た時は結構感動モノでした、すぐ隣りに川が有り水が澄んでいてそこにカワセミが居るらしいですが、見たときが有りません。

5.05 か月前

サイクリングで通りかかると、駐車場に入るための車の長い行列が。何だろうと思い、川沿いに進むと森の中に沢山の彼岸花が満開でまるで宮崎アニメに出てきそうな世界が広がっていました。幻想的でこの世のものとは思えない素晴らしさでした。