10/22 鞍馬の火祭

京都府のイベント情報


10/22 鞍馬の火祭3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月22日 ~ 2019年9月22日

由岐神社(京都府京都市左京区鞍馬本町1073)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

鞍馬の火祭(くらまのひまつり)は、京都府京都市左京区鞍馬にある由岐神社例祭です。

毎年10月22日は京都三大奇祭の一つ、迫力ある「鞍馬の火祭」が京都市左京区の鞍馬・由岐神社(ゆきじんじゃ)と神社に続く鞍馬街道を中心に集落一帯で行われます。
日が暮れ始める18時頃からは、集落各所に焚かれたかがり火の中を、氏子が剣鉾(四本鉾と一本鉾)、神輿の綱、松明を持って練り歩いて山門前を目指します。
「サイレヤ、サイリョウ」の勇ましい声と共に、大小約500本の松明が秋の夜空を照らし、鞍馬の里が燃え上がる松明の炎で埋め尽くされていく、勇ましくも美しい火祭りです。

圧巻の映像も交えながら、夜9時頃にもなると300本近い松明が鞍馬寺山門前の石段に集合します。
由岐神社から担ぎ下ろされた神輿が山門前で激しく揺さ振られると、祭りはクライマックスを迎えます。
この時、鞍馬山は、全山が火に包まれたようになり、熱気に包まれます。
祭りは神輿が御旅所に安置される午前0時頃まで繰り広げられます。

ダイナミックに炎がひしめき合う火祭は、火の粉が舞い散る危険とも隣り合わせ。
動きやすく燃えにくい服装で鑑賞するように言われるほどの臨場感です!
その勇壮を一目見ようと、鞍馬寺境内・由岐神社へ続く街道は、毎年、歩けないほど何万人もの人出で埋め尽くされます。

開催日時:2019年10月22日(火)
時間:18:00~
場所:由岐神社
交通:叡山電鉄鞍馬線「鞍馬駅」徒歩5分
当日の交通について
・火祭りの当日、叡山電車が臨時運行します
・車は15時より通行止めとなります(貴船口から鞍馬温泉間)。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.yukijinjya.jp/about/index.html?id=about05

目的お祭り大好き,スリル満点,パレード,一生の記憶に残る,伝統民俗,体験,夜景,神社・寺,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅貴船口駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

4.03 か月前

奇祭鞍馬の火祭りの神社です。叡山電鉄の終点鞍馬駅から、結構近いです。本殿に行くまでの道のりが、階段続きですが楽しめる所でした。ただし階段狭い部分もあるので雪の季節はお薦めしません…。春に行きましたが参拝客多かったです。

5.02 か月前

日の光の入り方が格別。
私が来たときは入り口が白く光って見えて、とても神々しかったです。
うしろにたつ三本杉もさることながら、特別な感じのする神社でした。

2.03 か月前

(2019.6.30訪問)
雨の中でしたが参拝に伺いました。
神社自体は静かで落ち着いており、しっかりお参りはできました。
しかし社務所にいた男性の神職の方の対応がものすごく横柄で、いやいややってるみたいな非常に雑な対応をされ非常に残念な気持ちになりました。

御朱印については3種あり、一切手書きの部分はありません。
1.朱印帳に直接押印されるもの(神社名、日付等全て判子)
2.3.鞍馬の火祭り朱印(厚手のコピー用紙に印刷、日付と神社印のみ押印)

4.05 か月前

(19/04/07)
由岐神社
鞍馬の火祭(書置き2種)
3種類の御朱印をいただきました。
オリジナル御朱印帳(大)を購入しました。
(17/06/03)
御朱印をいただきました。

オリジナル御朱印帳があります。

御祭神
 大己貴命(おおなむちのみこと)
 少彦名命(すくなひこなのみこと)
鞍馬寺の鎮守社です。
通称:靫明神(ゆきみょうじん)
拝観料はありませんが鞍馬寺境内にあるため鞍馬寺の愛山料:300円が必要となります。
鞍馬山鋼索鉄道を利用すると通り過ぎます。

4.01 か月前

鞍馬寺本殿へ向かう途中、ケーブルカーに乗らず徒歩で本殿を目指すと左側に由岐神社があります。仁王門から約300mほどです。