10/22 鞍馬の火祭

京都府のイベント情報


10/22 鞍馬の火祭3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月22日 ~ 2019年9月22日

由岐神社(京都府京都市左京区鞍馬本町1073)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

鞍馬の火祭(くらまのひまつり)は、京都府京都市左京区鞍馬にある由岐神社例祭です。

毎年10月22日は京都三大奇祭の一つ、迫力ある「鞍馬の火祭」が京都市左京区の鞍馬・由岐神社(ゆきじんじゃ)と神社に続く鞍馬街道を中心に集落一帯で行われます。
日が暮れ始める18時頃からは、集落各所に焚かれたかがり火の中を、氏子が剣鉾(四本鉾と一本鉾)、神輿の綱、松明を持って練り歩いて山門前を目指します。
「サイレヤ、サイリョウ」の勇ましい声と共に、大小約500本の松明が秋の夜空を照らし、鞍馬の里が燃え上がる松明の炎で埋め尽くされていく、勇ましくも美しい火祭りです。

圧巻の映像も交えながら、夜9時頃にもなると300本近い松明が鞍馬寺山門前の石段に集合します。
由岐神社から担ぎ下ろされた神輿が山門前で激しく揺さ振られると、祭りはクライマックスを迎えます。
この時、鞍馬山は、全山が火に包まれたようになり、熱気に包まれます。
祭りは神輿が御旅所に安置される午前0時頃まで繰り広げられます。

ダイナミックに炎がひしめき合う火祭は、火の粉が舞い散る危険とも隣り合わせ。
動きやすく燃えにくい服装で鑑賞するように言われるほどの臨場感です!
その勇壮を一目見ようと、鞍馬寺境内・由岐神社へ続く街道は、毎年、歩けないほど何万人もの人出で埋め尽くされます。

開催日時:2019年10月22日(火)
時間:18:00~
場所:由岐神社
交通:叡山電鉄鞍馬線「鞍馬駅」徒歩5分
当日の交通について
・火祭りの当日、叡山電車が臨時運行します
・車は15時より通行止めとなります(貴船口から鞍馬温泉間)。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.yukijinjya.jp/about/index.html?id=about05

目的お祭り大好き,スリル満点,パレード,一生の記憶に残る,伝統民俗,体験,夜景,神社・寺,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅貴船口駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

2020/6/21に伺いました😣
鞍馬寺の社域に入り、坂を登っていったところに所在します。

御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、八所大明神(はっしょだいみょうじん)。
火難除けや安産の神社で、境内には樹齢800年の天然記念物の大きな杉があります🙆
素晴らしい波長の神社です!😣

みなさまも良い旅を(´・ω・`)/~~

5.02 か月前

行ったのは2019年秋。

鞍馬寺の九十九折の参道の途中にある神社。ケーブルカーからは少し歩いたところ。
毎年10月後半の夜に行われる「鞍馬の火祭」で有名。
940年に大地震や戦乱が起きた際、都から鞍馬に京都の北側の鎮守社として、鞍馬山に移された遷宮の様子を伝えているものだそう。

樹齢800年と言われる大きな杉も素晴らしい。

4.03 か月前

都の北方警護を仰せつかった鞍馬寺の鎮守社。10月22日に行われる鞍馬の火祭で有名である。拝殿は豊臣秀頼による再建で重要文化財に指定されている。自然のパワーを感じられる場所。段差が多いので足元には注意。

4.02 か月前

鞍馬山中にある神社。
創建は平安時代まで遡りますが、豊臣秀頼が再建したと伝わる拝殿は割拝殿という珍しい建築様式。樹齢800年のご神木とともに、神秘的な雰囲気が漂います。鞍馬寺参拝の際は是非立ち寄りたい神社です。

5.05 か月前

令和元年 7月27日 京都初夏の旅

鞍馬の火祭り 由岐神社

鞍馬寺迄の道中にある由岐神社に参拝しました(^^)
まず目に入ったのが、京都市の天然記念物にもなっている御神木の大杉です❗️
かなり高いなぁと思いましたが、調べたら樹齢が800年 高さが53メートルもありました。
巨木ですね♩
参拝者を見守っている雰囲気でした(^^)
後珍しかったのが子供を抱いた狛犬が鎮座されていました❗️
なかなか、他では見た事がありません。
こちらは国指定の重要文化財に指定されているようです。
後は、拝殿も綺麗に苔生していて見た目が美しかったです。
一度は 日本三大火祭りの一つにも数えられる 京都三大奇祭 鞍馬の火祭を実際に観てみたいです♩