2019/9/15 目黒区民まつり(目黒のさんままつり)

東京都のイベント情報


2019/9/15 目黒区民まつり(目黒のさんままつり)4.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年9月15日 ~ 2019年9月15日

東京都目黒区目黒一丁目25番8号 田道広場公園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

「目黒区民まつり」は、目黒区を代表する祭の一つです。
主に「目黒のさんま祭」「ふるさと物産展」「おまつり広場」「子ども広場」という4つのイベントが行われます。

最も有名な「目黒のさんま祭り」は、JR目黒駅前「目黒駅前商店街振興組合」が主催する「目黒のさんま祭り」とは別物です。
目黒区の友好都市気仙沼市からの新鮮なさんまを炭火で焼いて、大分県臼杵市産のカボスを添えて無料で配布!
目黒区民まつりでは約5,000尾が無料で食べられるとあって、例年目黒川沿いに行列ができます。

現在は行列の解消策として、さんま引換券(リストバンド)の配布が行われています。
こちらは整理券リストバンドのおすすめの受け取り時間帯は午前7時から8時頃です。
サンマの受け取りも10時あたりにしないと品切れの可能性があります。

先着1,000名にカボス青果の無料配布があります。
さんまのすり身汁を一杯100円で販売します。(10時10分から会場内で整理券配布予定)
気仙沼市月立つきだて小学校による「鹿踊ししおどり」の披露があります。

同会場で行う「ふるさと物産展」も、各地方の名産・珍味などの物産販売の出店があり、大変賑わっています。

「おまつり広場」飲食店や物販、体験コーナーなど、さまざまなブースでにぎわいます。
ホールや屋外ステージにも多くの団体が出演します。
ダンスや演奏を見たり、おいしい食べ物を食べたり、買い物をしたり、クイズに挑戦したり、盛りだくさんの広場をお楽しみください!

区民センターホール(9時40分から15時30分まで)
落語家の柳家小さん氏による落語「目黒のさんま」のほか、友好都市である宮城県角田市の団体による和太鼓の演奏、区内で活動する団体の演目をご覧になれます。

会場が田道小学校にある「子ども広場」も、ダンボールの巨大迷路や、縁日、工作・体験コーナーなど、子どもが楽しめる企画が盛りだくさんの、子どもたちの笑顔があふれる広場です。
太鼓やダンスなどのパフォーマンス披露もあります。

日時
2019年9月15日(日曜日) 10時から15時30分まで (おまつり広場は9時30分から15時30分まで)
各会場によって開催時間が異なりますので、ご注意ください。

会場
田道広場公園(目黒区目黒一丁目25番8号) 
目黒区民センター(目黒区目黒二丁目4番36号)
田道小学校(目黒区目黒一丁目15番28号)
田道ふれあい橋

交通
電車の場合 JR目黒駅西口から徒歩約10分。権之助坂を下り、目黒川と交差したら右折してください。
バスの場合 東急バス 権之助坂(目黒通り)下車、田道小学校入口(山手通り)下車 徒歩約5分

例年の人出:約3万人
屋台・露店数:約30店

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

https://www.city.meguro.tokyo.jp/event/moyooshi/kumin_fes.html

目的お祭り大好き,アクセス良好,グルメ,ゲラゲラ爆笑,体験,子供サイコ―,安いが一番,家族向け,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅目黒駅 (約0.7km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

キャッチボールなど許される稀少で貴重な公園です。人気スポットにつき混みます。安全第一譲合いの精神を。

3.02 か月前

目黒駅から徒歩9分の位置にある公園です。目黒区民センターの隣に位置しています。広々とした園内では、少年野球の練習が可能です。元気な子供たちの掛け声なども、良く聞こえる公園となっています。また、こちらは例年9月に開催される、「目黒SUNまつり」の会場にもなります。落語「目黒のさんま」に関連したイベントなどが催され、多くの人々でにぎわいます。

4.04 か月前

グラウンドのような広々とした公園です。

3.01 年前

ここのところ赤丸急上昇中の目黒川沿い。桜の季節のちょうちんには、提供企業名だけでなく、孫や子の成長を願うメッセージから、推しメンの応援、決意と抱負など、バラエティ豊かなツイッターコーナーとなっており、読んでいて飽きない。読みすぎて途中から桜を見るのを忘れた。

3.01 年前

球技が思い切りできる広さです。田道ふれあい館の一画になります。田道の由来については目黒区郷土研究会の山本和夫氏によれば江戸時代に音読みが流行したので田んぼの道、つまり「田道」(たみち)を音読して「でんどう」と呼ぶようになったと推理できるという。