2019/2/16 西大寺会陽 はだか祭り

岡山県のイベント情報


2019/2/16 西大寺会陽 はだか祭り4.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年2月16日 ~ 2019年2月16日

岡山県岡山市東区西大寺中3丁目8−8別格本山 金陵山西大寺観音院

「はだか祭り」とも呼ばれ、日本三大奇祭としても全国的に有名な西大寺会陽(さいだいじえよう)。
会陽すなわち裸祭りは、天下の奇祭として広く知られているが、その歴史は遠く奈良時代に始まります。

毎年2月の第3土曜日、男たちは肩を組み、「わっしょい」と声を上げて練り歩きます。
冷水で身体を清め、本堂で宝木の投下を待ちます。
厳冬の深夜10時ごろ、本堂内外の明かりが一斉に消され、浄暗のもと、万余の裸群がひしめく中に、宝木が投下されます。
様々な祈願を胸に10,000人の裸が東西に大渦をなします。
西大寺観音院の本堂御福窓(ごふくまど)から投下される2本の宝木(しんぎ)をめぐって、約10,000人のまわしを締めた裸の男たちが激しい争奪戦を繰り広げます。
そのさまは、圧巻で勇壮そのものです。
この宝木を取った者は、福男と呼ばれ、福が得られると言われています。
当日飛び入り参加も可能です。

【開催内容】
15:20~少年はだか祭り
18:30~、19:30~会陽太鼓
19:00~会陽冬花火
22:00~宝木投下

まず最初に会陽19日前に行われる会陽事始め式は、会陽はだか祭りの無事と安全を祈るための法会(ほうえ=法要)の事です。
それと同時に、宝木を原木から削り出すために使用する道具一式が、厳粛な空気の中で磨かれます。
そしてはだか祭り2週間前からは、法要が毎日行われ西大寺住職はじめ10人以上の僧侶によって14日間ものあいだ毎日祈り続けられ、いよいよ当日を迎えます。

水垢離行 会陽2週間前
修正会と合わせて始まるのが、境内にある垢離取場の水に入って読経を行い心身を清める水垢離行です。
会陽2週間前から当日まで1日2回実施され、健康な方であれば年齢性別問わず参加することができます。

会陽宵祭り 2月15日(金)
会陽の安全と発展を祈願するために奉納演奏が行われます。

「男の祭り」とされる西大寺会陽だが、女性の姿もあります。
午後7時ごろ、白衣をまとった一団が西大寺境内の垢離取場(こりとりば)に姿を見せます。
つかの間の静寂に冷水に入り大願成就を念じ、水垢離をします。
また祭りの開始を告げる「会陽太鼓」の打ち手は全て女性です。
心の炎を燃やして男たちを鼓舞する「炎祷」と「龍神」の2曲を交互に演奏し、これから始まる男たちの裸祭りに祈りを捧げる。

会陽の翌日から約2週間にわたって、あと祭りが行われます。向州公園から境内にかけて、屋台や露店、植木市が並び、人々で賑わいます。(向州公園での出店は、会陽の翌日から1週間目で終了します。)
会陽から1週間目の日曜日には稚児入練供養が、2週間目の日曜日には柴燈護摩や会陽アト祭り結願祭が執り行われます。
◆稚児入練供養(2月24日)
稚児入りとは、3歳~小学生位の少年・少女が一定の稚児衣装を着けて行列に参加することです。会陽行事の成満を奉告し、会陽のご利益を子どもたちが授かります。
◆柴燈護摩 3月3日(日)
仏の浄火によって災いや自身の煩悩を焼き尽くし、会陽のご利益にあやかり心願成就を願う会陽の最終行事です。お参りの方々による火渡り修行が会陽行事を締めくくります。
◆会陽アト祭り結願祭 3月3日(日)
音楽イベントや乗馬体験等、子どもから大人まで楽しめる様々な催しが行われます。

【開催場所】高野山真言宗別格本山 金陵山西大寺(観音院)
【住所】岡山市東区西大寺中3-8-8
【アクセス】JR赤穂線:西大寺駅より徒歩約15分
      両備バス「西大寺バスセンター」下車 徒歩約10分
      ≪JR赤穂線/両備バスともに臨時便が運行予定≫
※当日は会場周辺で交通規制が実施されます。
午後3時20分~翌午前0時の予定
【駐車場】東区役所旧庁舎前・向州グラウンド・天満屋ハピータウン西大寺店・山陽マルナカ西大寺店 その他
     7カ所1625台分(東区役所旧庁舎前と向州グラウンド=500円)

https://okayama-kanko.net/sightseeing/special.php?f=info_special_24

目的お祭り大好き,ゲラゲラ爆笑,スリル満点,日本の秘境,男性好み,神社・寺,観光,超メジャー,食べ歩き
最寄り空港/駅西大寺駅 (約0.9km) Google Transit